キャンプに忘れてはならないものとは!キャンプに必要な必需品をチェック

冬が過ぎキャンプシーズンが到来すると同時に必要なのがキャンプに必要なグッズを集めることです。

キャンプの場合、普通の旅行の準備とは違い、キャンプならではの持ち物が必要になることがあります。

キャンプの内容によって持ち物も変わってきますが、どんなキャンプにも必要なものがありますので、キャンプには必需品となる持ち物をご紹介していきましょう。

<キャンプ用品の必需品>

〇テント

自分たちでテントを張る場合は持ち込みが必要です。

家族が十分に寝られるスペースを確保できるテントを選びましょう。

〇タープ

タープは自宅でいうリビングのような場所を作るために必要です。

リラックスできる場所であり、食事をする場所であり、色々な役目をできるのがタープです。

特に夏は直射日光を浴びると熱中症にかかる可能性がありますので、日差しを避け、雨を防ぐ役割もあるので必要です。

〇グランドシート

グランシートを知らない人がいるようですが、グランシートはテントを張る前に必要です。

テントを泥や汚れから守ってくれますし、雨の日はテントに雨が入るのを防いでくれますので、テントを張る前にグランシートを敷きましょう。

〇寝袋

テントで寝る時に必要な寝袋はシュラフとも言います。

布団の役目をするのですが、冬は全身を覆ってくれるのでとても温かく真夏でも山の気温は低く寒いことがあるのでキャンプには必需品です。

〇テントマット

テントマットは、テントを設営したあとに内部に敷くマットのことです。

マットがなければ地面の凹凸が直に伝わってきて痛くいので座ったり寝転んだりができません。

しかし、テントマットがあれば快適に過ごすことができます。

〇コット

コットを椅子のようにして使っている人もいますが、厳密にいうとコットはベッドのことです。

地面に寝るのがイヤ、虫が気になるという人はコットで寝ると良いでしょう。

コットなら地面の冷気が直に伝わってきませんから寒さ対策になりますし、快適な睡眠をとることができます。

〇ペグ

ペグはテントを設営するために必要なものです。

ペグがなければテントを立てることができないので、自分のテントで寝泊まりをする時には忘れないように持っていきましょう。

〇ハンマー

テントやタープを立てるためにペグを地中に打ち込む役目をします。

地面が固いこともありますからハンマーは丈夫なものを選ぶようにしましょう。

〇ロープ

ロープはできれば自在付きのものがいでしょう。

テントやタープを張るためには必ず必要なものですので、忘れないように持参しましょう。

〇テーブル

テーブルは家族人数に合わせてアウトドア専用のテーブルを選びましょう。

食事をしたり、料理をしたりとテーブルがあると何かと便利です。

テーブルにも色々なタイプがあり、テーブルとイスが一体になっているものもありますので、自分が使いやすいものを選びましょう。

〇チェアー

テーブルにイスがついているタイプもありますが、くつろげるタイプの背もたれ付きチェアーは必需品でしょう。

食事をするときにも使えますし、くつろぐ時にも使えますので、イスは使いやすく座り心地が良いものを選びましょう。




〇たき火台

焚き火台は、ただ単に焚き火をするだけではなく、この台を利用して様々な料理ができます。

バーベキューはもちろんですがフライパンがあれば炒め物もできますし、ダッチオーブンを使うこともできます。

夜は焚き火を囲んで家族で過ごすのも幻想的で思い出に残るのはないでしょうか。

〇ロストル

ロストルとは燃焼効果を上げるもので、ファイアグリルの底に敷いて利用します。

ロストルを使うだけで通気性が良くなり燃焼効果がアップするのです。

〇ランタン

ランタンは夜を照らすライトですので必ず必要です。

基本的にキャンプ場は暗いので、必ずランタンが必要になります。

ランタンには燃料が必要ですが、燃料によってランタンの種類も異なりますし、購入する時は燃料と一緒に購入した方が燃料切れになることもないのでセットで購入しましょう。

〇ランタンハンガーかランタンスタンド

ランタンは、そのまま床やテーブルに置くこともできますが、ランタンがテーブルにあると邪魔だという時はランタンを吊れるランタンハンガーが役に立ちます。

また、ランタンをテーブルに置きたいけれど、全体を照らせないので困るという人はランタンスタンドがおすすめです。

〇ヘッドライト

あれば便利なのがヘッドライトです。

夜トイレに行くときにランタンを持っていくのは面倒だという人はヘッドライトが良いでしょう。

夜のキャンプ場は暗くて足場が悪いところもありますので、手軽に持ち運べるヘッドライトがあれば楽です。

〇折り畳みコンテナ、もしくはコンテナボックス

どうしてもキャンプとなるとお皿やお箸などの小物類がゴチャゴチャしてしまいます。

そのゴチャゴチャを一気に片づけられるのがコンテナです。

折り畳みコンテナは蓋がなく上部が空いていまうが、コンテナボックスは蓋がついていますので衛生的です。

用途に使い分けて折り畳みコンテナか、コンテナボックスを用意しましょう。

使い終わるとコンパクトに折りたためますので収納場所は取りません。

〇キャリーワゴン

駐車場とキャンプ場が分かれている時は、キャリーワゴンがあると便利です。

重たいものはキャリーワゴンに乗せて引っ張ればラクラク運ぶことができます。

キャリーワゴンも大きさが色々ありますので用途に合わせて購入しましょう。

最終的にはお子様のおもちゃになってしまうこともありますので、一番小さいサイズをお子様にプレゼントしてあげても良いのではないでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする