お盆のお供え物にもマナーがある!

お盆になると遠方にいた親戚なども帰省するため先祖を供養するために仏壇の周りにはたくさんのお供え物に包まれます。

お盆の供養の仕方が地域によって違うように、お供え物も地域やそれぞれの家庭の考え方でも違ってくるのです。

自分の家と嫁ぎ先のお供え物が違うこともありますが、お盆のお供え物にもマナーがありますので、よりよい関係を続けていくためにもマナーをきちんと覚えておきましょう。

<お供え物の基本マナー>

お盆にお供えする、「お供え物」は地域や宗教、宗派によっても違います。

ですが、どの宗教や宗派でも「先祖を迎えて供養をする」という基本的なことは変わりません。

ですので、故人が好きだったお菓子や食べ物、綺麗な水、砂糖菓子などはお供え物の定番

と言われており、仏壇に灯すロウソクやお線香、お花もお供え物になります。

お供え物の基本的なマナーは、「ご先祖様をもてなす」心を持つことです。



<お供え物の金額の相場>

お盆に帰省する際に、お供え物を購入していく場合は、3,000円~5,000円くらいを目安に故人のことを思い購入しましょう。

何が良いかわからない時は、現金を包んで渡しても問題ありません。

ただし、これは新盆以外(49日を過ぎて初めてのお盆)のことで、新盆の時は地域性や

それぞれの宗教・宗派によって違いますので確認が必要です。

お供え物を選ぶ時は、「故人が好きだったもの」をお供えするのが基本マナーですので、食べ物やお花など、故人が好きだったものを持参しましょう。

<食べ物を持参する時の注意点>

食べ物を持参する時は、肉類、魚介類は避けます。

これらは殺生にあたりますのでお供え物をちしてはNGです。

さらに、お花をお供えする場合もとげのあるバラはNGですし、宗教によっては、いくら

故人が好きだったからと言えど、タバコやコーヒー、お酒などはNGとなりますので、確認するようにしましょう。

<失敗しないお供え物>

お供え物の定番となりますが、これなら失敗しないというお供え物をご紹介しておきましょう。

〇クッキーやおせんべいなど(日持ちがするものが好ましいです)

〇そうめん(乾麺)

〇フルーツ

〇故人の好きな飲み物(お酒以外)

〇お花(バラはNGです。香りが強すぎるお花も控えましょう)

〇それぞれの地域の名産品(生ものはNGです)

<お供え物をするときの熨斗>

お供え物をするときは、必ず熨斗(のし)をつけます。

裸のままお供えするのはとても失礼でマナー違反となりますので、必ず熨斗をつけて贈るようにしましょう。

お供え物を購入した時に「熨斗をお願いします」と言えばつけてくれます。

熨斗も、それぞれの地域で違いますので、その土地で購入して熨斗をつけてもらった方が、その土地に合った熨斗をつけてくれますので失敗はありません。

表書きはほとんどが「御供」になると思いますが、この表書きも地域によって違います。

熨斗を自分でつける時は、関西なら白と黄色の水引きを使い、関東の場合は、白と黒の水引きを使います。

水引きの種類は「結び切り」が良いでしょう。

水引きの下に世帯主の名前をフルネームでかき入れます。

<お供え物をいだたいた側がすること>

お盆になるとひっきりなしに親戚や親族が集まるため、お供え物もひっきりなしに仏壇にお供えすることになります。

お盆の期間はお供え物を絶やさないようにしなければなりませんので、いただいたお供え物は開封せずに熨斗のついたまま仏壇に供えると失礼になりますのでNGです。

いただいたお供え物はご先祖様に見えやすいように開封して、すぐに食べられるような状態にしてお供えします。

長時間のお供えもNGですので、少し手間がかかりますが、ある程度お供えをしたら仏壇より下げて、違うお供え物をしましょう。

お供え物をするときに、果物の場合はキレイに洗って水気を摂り、皮があるものは皮をむいてフォークを一緒に沿えてお供えします。

お菓子の場合は箱からだし、小袋がついているものなら小袋の状態でお供えします。

乾麺の場合は、きちんと茹でてから小さな器に盛りつけ、必要なつゆや出汁があるなら一緒に供え、お箸もつけておきましょう。

<一定時間がすぎると下げて家族でいただく>

ある程度の時間お供え物をしたら、仏壇から下げて、お供え物が無駄になってはいけませんから、家族で食べてしまいます。

できれば朝お供えした物は午前中に下げます。

基本的にご先祖様をもてなすと考えますので、温かい物は湯気や香りがでなくなったら下げましょう。

保存の利くお菓子やせんべいなども時期を見計らって食べましょう。

お菓子やフルーツなどは、お客さんが来た時に出しても問題ありません。

できれば、お供え物を持ってきてくれた人がいる間にお供えしたものを一緒に食べると、一緒にご先祖様を供養していることにありますから、時間がある人に対してはお供え物を一緒に食べるようにしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする