意外に知らない!お盆の墓参りで失敗しなマナー講座

お盆になると、家族そろってお墓参りに行ったり、親戚一同で行く場合もあります。

それぞれバラバラだった家族が集まるお盆には、当たり前のように行っているお墓参りですが、意外とマナー違反をしている人を多く見かけます。

では、お墓参りのマナーとはどうすれば良いのでしょうか。

お盆に訪れるお墓参りのマナーについてご説明していきたいと思います。

<お盆に行くお墓参りの日にち>

お盆だからと、この日にお墓参りに行かなければならないという決まりはないのですが、

お盆になると死者が返ってくると言われています。

これは仏教に基づいたしきたりなのですが、お盆に帰ってきた死者の魂を迎え入れ、きちんと送り出さなければなりません。

地域によっては精霊流しや灯篭流しなどを行います。

また、迎え火や送り火をする風習がある地域もあるようです。

お盆にお墓参りに行く時期は、それぞれの地域によって異なります。

基本的には、7月か8月の13日から4日間にお盆の供養(初盆や新盆などの法要)が行われますので、それに合わせてお墓参りに行くことが覆いようです。

キリスト教や神道の場合はお盆だからとお墓参りをする風習はなく、命日にお墓参りをしたり、カトリックの場合は万聖節の翌日にあたる11月2日にお墓参りをし、プロテスタントの場合は死後1か月、1年目、3年目、7年目にお墓参りをします。

神道の場合は、命日や式年祭(1年祭や2年祭、5年祭、10年祭、20年祭など)にお墓参りをします。

<お盆のお墓参りの供養のしかた>

お墓参りに行くまでに、帰ってくる死者の魂を供養し、盆の終わりには死者に帰ってもらう行事を行います。

8月13日に迎え火をし、死者を家に迎え入れます。

地域によってはお墓に迎えに行く場合があるようですが、ほとんどの場合は自宅で迎え火をします。

迎え火は松の割り木、おがらなどを炊いて迎え火とします。

盆提灯にも灯りをともしましょう。

14~15日が法要となりますので、集った家族・親戚全員でお墓参りに向かいます。

初盆で僧侶を呼んで読経する場合は、14日か15日に行いましょう。

この期間中は魂が返ってきているので提灯の灯りを消さないようにし、お水、食べ物などのお供え物は毎日交換しましょう。

最後の16日に送り火をして死者を送り出します。

初盆や新盆で使った白い提灯は送り火を共に一緒に燃やしてしまうか、菩提寺に供養をお願いしましょう。



<お墓参りに持っていくもの>

では、ここからが本題のお墓参りのマナーについて説明していきましょう。

まず、お墓参りに必要な物を持っていかなければなりません。

持ち物はお墓を掃除したり、お墓周辺をキレイにする道具が主となります。

ただし、ここに書いていてもお寺やお墓に備え付けてあるものもありますので、あるものは省きましょう。

〇ほうき→お墓の周りをキレイにします

〇軍手→お墓の周りに生えている雑草を抜きます。

雑草によっては手が切れるようなものもありますので、軍手は必需品です。

〇ゴミ袋→抜いた雑草を持ち帰る袋を用意しましょう。

最近では、ゴミ箱が設置してある霊園や墓地も多いので、ゴミ箱がある場合は、

そこに捨ててもかまいません。

〇バケツ→ほとんどの霊園や墓地に備え付けてありますが、お墓を掃除する時に使います。

〇雑巾→墓石をキレイに拭くために使います。

〇たわし・スポンジ→墓石についた汚れをキレイに落とすために持っていきます。

たわしは金属製は墓石が傷つきますのでやめましょう。

また、墓石によってはたわしで墓石が傷ついてしまう可能性があり

ますから、その時はスポンジを使うと良いでしょう。

〇歯ブラシ→墓石の名前や家紋など墓石を掘っているところはコケがつきやすくなかなか

キレイになりません。

そんな時は歯ブラシを使って磨いてみましょう。

〇お線香→墓前にお供えするために必要です。

〇ロウソク→お線香に火をつける時に使います

〇マッチ→ロウソクに火をつける時に使います。

〇お供え物→お花やお菓子、ジュースなど故人が好きだったもので良いでしょう。

お花を供える場合は、茎を切るためのハサミがあると便利ですし、お菓子や

ジュースなどを置く半紙があるとなお良いでしょう。

〇手桶やひしゃく→手桶は墓石に水をかけるための水をためておいたり、墓石に水をかけ

る時もあります。

ひしゃくは墓石に水をかけるために必要なのですが、この2点は墓地

や霊園にあることがほとんどですので、準備する必要はないでしょう。

<お墓参りをするときのマナー>

では、仏教の場合を例に挙げてお墓参りのマナーをご説明していきましょう。

①まず、墓地に入る前に本堂の前で一礼してから入ります。

お寺の場合も本堂や本尊にお参りしてからお墓参りに行きます。

②まず、手を洗い清めましょう

③手桶とひしゃくを取り、手桶に水を汲んでから墓地に行きます。

④お墓の前いついたら両手合わせて合掌し一礼します。

ここで、柏手を打っている人がいますが絶対にやめましょう。

柏手は神社でするもので神に対しての参拝のしかたです。

墓地の場合は仏様ですので、柏手を打たずに静かに両手を合わせて合掌し、一礼します。

⑤お墓周辺の掃除をします

まずは、お墓の周りに生えている雑草を抜きます。

花立てにある枯れた花もキレイしましょう。

周りもほうきで掃いてキレイにします。

⑥墓石の掃除をします

墓石に水をかけて清め、スポンジやたわしで汚れを落とします。

名前や家紋など彫り込んでいるところは歯ブラシを使うとキレイになります。

ですが、たわしや歯ブラシで洗う時は力を入れすぎると墓石に傷がついたり痛めやすく

なりますので優しく磨きましょう。

⑦お墓周辺と墓石がキレイになったら線香を供えます

線香をつける時はロウソクにマッチで火を灯してから付けましょう。

線香に炎が出た時は、息を吹きかけて消さず、手であおいで消します。

線香の先にだけ赤く火が灯って煙が出たら線香縦に線香を立ててお供えしましょう。

線香の本数は宗教によって違いますし、寝かせておく場合もあります。

⑧お供え物をします。

お水は墓石の頂点から手桶の水をかけて清め、器がある場合はキレイな水を入れます。

お花を供える時は、供えたまま帰りますので倒れないように短めにして備えておき

ましょう。

お菓子やジュースなどのお供え物は、半紙などを敷きお供え物をします。

お菓子やジュースは、そのままにしておくとカラスなどがきますので、お参りが

終わったら持ち帰ります。

⑨両手を合わせて合掌し、冥福を祈ります。

まず、墓前の前に座り(おしりをつけないように)、両手を合わせて合掌します。

立ったままお参りするのはマナー違反です。

合掌したら目を閉じ、故人に近況報告をしたり、感謝の想いを伝えましょう。

お経を唱えることができれば、お経を唱えましょう。

拝礼する順番はあまり気にする必要はないのですが、もし、順番を重んじるのであれば

血縁の濃い人から拝礼するようにしましょう。

<お墓参りに行く時の服装>

初盆や納骨の時のような法事法要の場合は喪服が必要ですが、お盆にお墓参りに行く時は

特に決まった服装はないので、普段着でかまいません。

ですが、他にもお墓参りに来られている方がいらっしゃいますので、華やかな服装や香りがきつい香水はマナー違反です。

服装は宗教や宗派によって違ってきますので、それぞれのマナーを確認しましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする