お盆の海はなぜ危険なの?あの話にはこんな意味があった!

「お盆の海には絶対に近づいてはいけない!」と小さい時に言われた記憶がある人は多いのではないでしょうか。

実際にお盆の日にちにあたるのが8月13~16日のことを言います。
地方によっては7月のところもありますが、一般的にお盆と言うと、この時期になります。

お盆の海に近づいてはいけないと言われて、理由を聞いた人はどんな理由を聞きましたか?
「お盆は先祖の霊が帰ってきているので一緒に連れて帰られる」や「お盆は霊が戻ってくるのであの世とこの世の行き来ができるようになり悪い例が足を引っ張る」など、霊的な話を聞かされたことがある人が多いないでしょうか。
この他の理由を聞いたことがある人の方が少ないのではないでしょうか。

では、お盆に海に近づいてはいけない本当の理由を探っていきましょう。

<お盆は先祖の霊が帰ってきて一緒に連れていかれる>

お盆に海に行ってはいけない理由として、最も多いのが「先祖の霊が帰ってきているから」という理由ではないでしょうか。
確かにお盆は、ご先祖の霊を迎え入れ、16日に送り火をして帰っていただくという儀式をしますので、お盆に先祖の霊が帰ってきているからというのは間違いではないでしょう。

ですが、なぜ「海に近づいたらいけない」のでしょうか。
沖縄では、この世に帰ってきた先祖の霊は海へ帰ると言われています。
また、日本各地でお盆になると灯篭流しや精霊流しなどが行われ、川や海に精霊や灯篭を流します。
このことを考えると、「お盆に海に近づいてはいけない」と言われていた理由がわかりますね。



<お盆はあの世とこの世の行き来ができ悪霊が足を引っ張る>

では、「あの世とこの世の行き来ができ、悪霊が足を引っ張る」というのはどういうことなのでしょうか。
お盆になると先祖が我が家へ帰るため、あの世とこの世の道が開かれると言われています。
ですが、供養されず漂っている霊もいますので、あの世に帰れない恨みから悪霊になって
悪さをすると言われています。

ですが、なぜ「海」なのでしょうか。
それは、水難事故にあった霊という場合もありますが、成仏している霊は仏壇やお墓がこの世との出入り口になると言われているのですが、この世をさまよっている霊は仏壇やお墓からは出入りすることができないため水辺から出入りすると言われているのです。
水辺には霊が集まりやすいと言いますが、こういうことがあるのですね。

もちろん、目に見えない世界の話なので、本当かどうかはわからないことですが、こういう意味で海に近づいてはいけないと言っている人もいるのは理解できたのではないでしょうか。

<本当の理由は『土用波』?>

ここまで、海に近づいてはいけない理由が霊的なものばかりでしたが、実際にお盆の海は危ないことをご存知でしょうか。
海には『土用波(どようなみ)』というとても危険な大波が発生することがあります。
これは、台風の影響で起こる大波ですので、お盆付近も発生する可能性のある大波です。

土用波とは、遠洋の台風の影響で巨大化した波のことです。
なんと、この波は普通の波の3倍近くになることもあるので、とても危険な波なのです。
ライフセーバーやサーファーなど、泳ぎに自信のある人でも、この波が発生すると一瞬で飲まれてしまいますので、お盆に海に近づかくなと言う人もいるのでしょう。

<お盆はクラゲが多く刺されると危ない>

霊的なこと以外で、一番多い理由としてはクラゲが多いのではないでしょうか。

お盆を境にクラゲが発生しやすくなるので、クラゲにさされないようにお盆は海に近づかないようにと言っている人もいます。

実は、これはとても大切なことで、たかがクラゲと思っているかもしれませんが、クラゲの中には猛毒を持つものもいます。
最近では日本でも猛毒を持つカツオノエボシが大量発生した海岸がありました。
刺されると死の危険性もあるクラゲです。

また、一般的にいるクラゲでも水中で刺されると体がしびれてうまく泳げなくなり、溺れてしまうこともありますから、クラゲが発生しやすいお盆や、お盆以降は海に近づくなと言われているのでしょう。

<お盆に水難事故が起こりやすい理由は色々ある>

お盆に海に近づかないようにと言っているのは、お盆には水難事故に合う確率が高くなるのです。
その理由はたくさんあり、海流の流れが変わりやすいこともそうですし、お盆あたりから波が高くなります。
また、お盆頃から水草が増えてきますので、その水草が足に絡まるので、それを死者が足を引っ張ると言っていることもあります。

他にも、天候が急に変わりやすいので雷雨になり海が荒れて、それまで穏やかだった波が急に荒波になることもあります。
また、水温が急に下がり、冷たいと感じるようになるのもお盆付近ですので、このような様々な理由から「お盆に海に近づくな」と言われるようになってのでしょう。

<先人が海に近寄らせないための造り話だった?>

これまでのお話しを考えてみると、霊的なことは実際に見えないので何とも言えませんが、仏教ではお盆はご先祖の魂を迎え入れ、おもてなしをして見送るという儀式があります。

これは日本独特の風習ですので、昔の人達がご先祖様をきちんと供養しましょうという意味で、伝統行事を後世に伝えていくために霊的な話をしたのかもしれませんね。

また、お盆の海は危険なので近づかないようにするために霊的な作り話をしたとも言われていますから、全ては自分たちのためだったということでしょう。

<ちなみに、川は大丈夫なの?>

では、最後に、これまで海のことを話してきましたが、水辺と言えば川もありますが、

川なら大丈夫なのでしょうか。
実は、川もお盆付近からは危険と言われているのです。

お盆以降は天候が荒れやすくなり、川では洪水に匹敵する激流が発生します。
実際に鉄砲水に流されて川で亡くなっている方が多いのです。
また、川に入ると分かりますが、海に比べてとても冷たいですね。
これは、川の水が山から来ているため、川にたどり着くまで地下で冷やされているので水温がとても低いのです。
そのため心臓に負担がかかりやすく、心臓発作を起こしやすくなります。
ですので、川も海と同様でお盆付近、またはお盆以降はとても危険なのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする