インフルエンザの予防接種の時期はいつがいい?どれくらい効果があるの?

インフルエンザの予防接種は秋になるとどの病院でも受付が始まります。
しかし、インフルエンザの効果がいまいちわかっておらず、わからないけど摂取した方がよさそうだから摂取しているという方もいらっしゃいますので、インフルエンザワクチンの予防接種での効果や摂取時期などをお話していきましょう。

<インフルエンザの予防接種ワクチンの摂取回数について>

インフルエンザワクチンの接種回数は年齢によって違ってきます。
基本的に生後6か月〜13歳未満の場合は2回摂取となり、それ以上の方は1回摂取となっています。
2回摂取の場合は1回目を摂取してから1〜4週間あける必要があります。
インフルエンザの効果を考えると4週間くらい間隔をあけた方が効果が上がるようです。

もし、13歳以上でも受験生であったり、医療従事者、、高齢者や幼児、小児というハイリスク者やインフルエンザにかかることで今後のことに影響が出る受験生などは1回摂取ではなく2回摂取のほうが効果が高いので2回摂取を推奨しています。

<インフルエンザの予防接種の時期と持続性>

・インフルエンザの予防接種時期

インフルエンザが流行するのは毎年早ければ11月から、遅くとも12月には流行し始めます。
収束するのが3月くらいですので、この期間のインフルエンザウィルスに感染することを防ぐ必要がありますので、予防接種は10月ごろから摂取可能になります。
摂取開始時期は各病院で問い合わせて確認しておきましょう。
2回摂取する場合は、10月中に1回目、11月に2回目を摂取するようにしましょう。

ただし、受験生の場合はインフルエンザワクチンの効果がピークの時に受験月を合わせた方が良いので、通常よりも1か月遅らせ、11月中旬に1回目を、12月上旬に2回目を摂取する方が良いでしょう。
そうすることでワクチンの効果を受験シーズンにピークの状態に持っていくことができます。

・インフルエンザワクチンの持続性

インフルエンザワクチンは摂取後2週間ごろから5か月間有効とされています。
2回摂取する場合は2回目から6か月とお考えください。
つまり、2回目摂取が11月であれば5月くらいまで有効となりますが、効果も徐々に薄れていきますので、11月に摂取することでインフルエンザのピークとなる3月まで持続させるという考えになります。




<インフルエンザの予防接種の効果>

・1回摂取と2回摂取の効果の違い

インフルエンザワクチンが、どうして2回摂取と1回摂取があるのかと言いますと1回では効果が少ないからなのです。
そのため、小児や高齢者などインフルエンザにかかることでハイリスクとなる人の場合は効果が高い2回摂取となっており、その他の方は1回摂取となっています。

では、実際に1回摂取と2回摂取ではどれくらいの違いがあるのでしょうか。
1回摂取の場合の効果は64%、2回摂取の場合は94%の効果があると言われており、2回摂取の効果の高さがわかるのではないでしょうか。

・小児に対しての効果

小児に対してはインフルエンザ予防接種の接種回数が2回となっています。
ただ、1歳から6歳までの小児については20〜30%有効という数字が出ており、この数字は発熱しなかったという数値ですので、インフルエンザウイルスに感染しなかったという数値ではありません。
また、インフルエンザの予防接種はインフレエンザにかからないようにするという目的もありますが、もしかかったとしてもインフルエンザ脳症や肺炎など重篤な症状にならないように、軽い症状で済むようにするという目的もありますので、インフルエンザの予防接種をしても絶対かからないということではないのです。

・64歳以下の成人への効果

64歳以下の成人の場合は体力もありますのでワクチンの効果が最も期待できる年齢層となっています。
この年齢層でインフルエンザの予防接種を行うと約50〜80%有効であったという報告がされています。
また、一度に2回摂取ではなくても、この年齢層であれば前年に予防接種を受けていれば今年1回の摂取でも追加免疫を得られる可能性があるということです。

・65歳以上の成人への効果

65歳以上の方がインフルエンザにかかると肺炎になるリスクが高く、最悪の場合死亡するケースも少なくありません。
そのため65歳以上の方の場合はインフルエンザの予防接種は2回行っていることが多いと思います。
65歳以上の方の場合、発症しても入院するまでに至らない状態で済むのが50%、死亡を阻止する確率は70〜80%と言われています。

ただし、これは2回摂取している人の数値ですので65歳以上の方は2回摂取するようにしてください。
また、小児や65歳未満の方と同じように、もしインフルエンザウイルスにかかっても重篤な症状にならないようにするという目的もありますので、毎年摂取することが大切です。

<まとめ>

インフルエンザウイルスは毎年冬場に流行します。
しかし、新型インフルエンザの場合は季節に関係なく発症しますので毎日の予防習慣が必要です。
インフルエンザの予防接種も大切ですが、かからないようにするためには、手洗いとうがい、マスクをきちんと着用し、かからない努力をすることが大切です。
また、インフルエンザの予防接種を受けることができない人もいますので、疾患がある人などは医師にきちんと確認してから摂取するようにしましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする