肌の乾燥対策にいい食べ物は??

<肌の乾燥対策は食べ物も重要>

冬は肌が乾燥する時期ですが、最も乾燥するこの時期にいつもを同じ食べ物を食べていませんか?
また、ダイエット中だからと脂分を抜いていませんか?
肌の乾燥は食事が招いていることもあるのです。
また、その逆に肌の乾燥は食事で改善することもできますので、肌の乾燥対策になる食べ物をご紹介しましょう。

<乾燥肌に良い食べ物>

乾燥肌に必要な栄養素は色々あるのですが、特にお肌に良い栄養素はビタミンA,B、C、E、セラミド、亜鉛、αーリノレン酸と言われています。
では、これらを含む食べ物とは一体どんな食べ物なのでしょうか。
乾燥肌に良い食べ物ですので、積極的に取り入れていきましょう。

・ビタミンA

ビタミンAを含む食べ物は意外と多く、ビタミンAは皮膚の粘膜のうるおいを保つために必要な栄養素で新陳代謝も活発にしますから
ダイエットにも有効です。
ビタミンAを多く含む食べ物として、アナゴやウナギ、サバやイワシなどの青背の魚、レバー、緑黄色野菜、わかめ、緑茶などがあります。

・ビタミンB

ビタミンBは肌が乾燥すると炎症を起こしますが、その炎症を抑えてくれる働きがあります。
また、新陳代謝を活発にしますのでダイエットにも有効です。
ビタミンBを多く含む食べ物は豆整品や卵、豚肉となっています。

・ビタミンC

ビタミンCは皆さんもご存知の通りお肌にはなくてはならない栄養素です。
ビタミンCの役目はコラーゲンの生成を促し乾燥肌を防ぐ重要な役目をしています。
また、抗酸化作用がありますのでアンチエイジングの栄養素としても知られています。
ビタミンCを多く含む食べ物はレモンやミカンなどの柑橘系の果物、野菜、パプリカなどです。

・ビタミンE

ビタミンEは体内の血流を良くし、新陳代謝を活発にする働きがあります。
さらに抗酸化作用が高く、しわやたるみの原因となる過酸化脂質を分解する役割を持っています。
ビタミンEを多く含む食べ物はココナッツなどのナッツ類やアーモンド、ごま、大豆、アボガドとなっています。

・セラミド
セラミドは主に皮膚に関することに必要で外部の刺激から守るという枠割や水分を保つという役割があります。
セラミドが多く含まれる食べ物はしらたきやこんにゃく、小豆や黒豆、大豆などの豆製品、わかめなどになります。

・αーリノレン酸と亜鉛
αーリノレン酸は細胞分裂に必要で、細胞膜を作ることができます。
亜鉛は細胞分裂に必要な酵素を働かせる時に必要ですので、どちらも肌を蘇らせるための細胞分裂の手助けとなる栄養素です。
αリノレン酸を多く含む食べ物はエゴマ油や魚油、亜鉛は牡蠣や卵黄、タラバガニ、たらこなどに多く含まれる成分です。




このほか、食べ物ではありませんが水も乾燥肌対策には必要です。
水分を多く摂取することで体内水分が十分になり、乾燥肌を防ぐことができます。
冬場は水分を取ることがあまりないかもしれませんが、冬こそ乾燥しやすい時期ですので水分補給が必要なのです。
また、水分を1日に3リットル摂取することでデトックス効果も高くなり肌荒れも改善されます。

食べ物ではありませんが、口に入れるものとして水もとても重要だということを覚えておきましょう。
いくら体の外側の水分補給をしても体内の水分が足りなければ常に水分不足で乾燥している状態になってしまいます。
乾燥肌を改善するには水分補給が必要なのです。

<まとめ>

今、ご紹介した食べ物はどれも肌に関係がある食べ物で、さらに乾燥肌に必要な食べ物でもあります。
特別に手に入れにくい食べ物ではありませんし、全てスーパーで揃う食材ですので、乾燥肌対策のためにも積極的に取り入れていきましょう。
体の内側から乾燥対策をすることで、体の外側からするスキンケアやボディケアが生きてきます。
乾燥対策はどちらか片方だけでは無理ですので、体の内側、外側の両方からケアすることが大切です。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする