大人ひな祭りの重陽の節句で食べられる料理とは

9月9日は大人ひな祭りで「重陽の節句」とも呼ばれています。

重陽の節句は、菊の節句とも言い、3月3日で子供の成長をお祝いした親や大人の健康や長寿を願い、祝う節句なのです。

3月3日はひな人形を飾り、チラシ寿司を食べてお祝いするのですが、9月9日の大人ひな祭りも食べると良いとされる食べ物があります。

それは一体何なのでしょうか。



<9月9日の大人ひな祭りで食べると良い食べ物>

9月9日は大人ひな祭りで、単に大人の健康や長寿をお祝いするだけではなく、その時に食べると良いとされるものがあります。

それぞれの節句で食べているものを思い出すと「なるほど」となりますが、1月は七草の節句と言い七草がゆを食べますし、3月は桃の節句でチラシ寿司を食べます。

5月は菖蒲の節句で柏餅を食べ、7月は笹の節句でそうめんを食べます。

では9月は何を食べれば良いのでしょうか。

9月は菊の節句とも言われていますので食用菊や栗を食べる風習があります。

一般的な栗料理は栗ご飯で、食用菊をおかずに飾ることが多いようですが、おひたしやてんぷら、お吸物にしても良いですね。

ただ、地域によってはナスを食べるところもあるようです。

「重陽の節句に秋ナスを食べると中風(ちゅうぶ)にならない」と言い伝えられているところもあり、それぞれの地域で食べられているもので良いでしょう。

中風というのは、脳血管障害や後遺症(半身不随、麻痺、手足のしびれ)のことです。

ですが、基本は栗と菊ですので、栗や菊を使った料理が良いでしょう。

<大人ひな祭りに食べられる料理>

基本的に、栗、食用菊、ナスを使った料理が多いので、この3つの食材に絞ってご紹介していきますが、家族が食べられないと意味がありませんので、家族の食べられそうな料理を作るようにしましょう。

また、栗やナス、食用菊など食べられないものがある時は無理に料理せず、できるものを使って料理すれば問題ありません。

「栗」

重陽の節句で食べられる代表的な栗料理は栗ご飯です。

ですが、栗ご飯だけではなく、栗を使った料理なら何でもかまいません。

重陽の節句は菊の節句とも言いますが、別名栗の節句とも呼ばれていますので、栗料理を外さないようにしましょう。

「ナス」

ナスは秋が旬で、とてもおいしい時期です。

重陽の節句は祝い膳となりますから、焼きナスや煮びたしが一般的です。

ですが、ナスも決まった食べ方はありませんので、天ぷらにしたり、油と相性が良いので油炒めなど家族が好む料理方法で良いでしょう。

「食用菊」

食用菊はお刺身のつまと一緒に飾られていることが多いので、いつもはわき役の食用菊ですが、大人ひな祭りの時ばかりや主役になります。

食用菊の食べ方はおひたしやお吸物として食べるのが一般的ですが、てんぷらなどにしても良いでしょう。

大人ひな祭りには菊と栗がメインとなりますので、普段ではあまり食べない食用菊の料理は色々してみると楽しいかもしれません。

また、料理ではありませんが、菊を使った「菊酒」もあります。

昔は盃にお酒を入れ、菊を浮かべて飲むことで健康と長寿を祈願したのですが、最近ではオシャレなグラスにお酒を入れて菊を浮かべるなど目で見て楽しむこともできるようになりました。

<2017年の重陽の節句は土曜日!>

毎年9月9日は大人ひな祭りということですが、大人ひな祭りという名前すら知らなかったという人もいるでしょう。

ですが、由来などを見ると子供を持つ親や大人の健康や長寿をお祝いする節句ですので、家族全員で行いたいものです。

さらに、重陽の節句では菊を食べるなど普段ではなかなか食べないものを料理して食べますので目で見て楽しむこともできます。

知名度の低い節句ですが、これを機に家族で御祝いするのも良いでしょう。

そこで、2017年の9月9日は何曜日かなと思って見たところ2017年の9月9日は土曜日です!

会社もお休みで家族でいるご家庭も多いでしょう。

家族全員で重陽の節句をお祝いする絶好のチャンスですので、今年は「大人ひな祭り」をやってみても良いのではないでしょうか。

◎最後に~飾ったひな人形は10月15日を過ぎたらなおす

重陽の節句では3月3日に飾ったひな人形を再度出してかざりますが、一体いつまで出しておけばよいのでしょうか。

桃の節句の時は直すのが遅れると嫁に行き遅れるという言い伝えがありますが、重陽の節句ではこのようなことはないのでしょうか。

重陽の節句は9月9日~10月15日の人形の日まで雛人形を飾ることになります。

この期間中はひな人形を出しておき、10月15日が過ぎればできるだけ早く直すようにしましょう。

直すのが遅くなったからといて何かがあるというような言い伝えはありませんが、ひな人形はできるだけ早く直した方が丁寧に保存できますし、出しっぱなしの家はだらしがないと思われますから、早く直した方が良いことに変わりありません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする