忘年会のゲームの景品はどんなものがいい?おすすめはこれ!

<忘年会のゲームの景品で喜ばれるものと困るもの>

忘年会シーズンになると幹事になった人は大変です。
ビンゴ大会や抽選会などがあり、景品を用意しなければならないこともあるでしょう。
しかも、予算内となると景品の数なども計算しなければならないので大変な作業です。

そこで、少しでも景品選びのお手伝いになるように喜ばれる景品やもらって困るような景品をピックアップしてみました。

<もらうと喜ばれるゲームの景品>

・商品券

商品券にも色々あり、全国共通の商品券があれば電化製品専用の商品券、百貨店の商品券やクオカードなどもあり、ゲームの景品としてはどの商品券も喜ばれるものですので用意する幹事の方も多いようです。

・ギフトカード

ギフトカードの種類がかなりたくさんあり、アマゾンやスターバックス、ビックカメラや全国共通図書カードなどもこの部類にはいります。
商品券同様金額を選ぶことができますので準備する側もラクなようですね。

・宝くじ

忘年会の景品ということで年末ジャンボ宝くじを景品にするとおもしろいようです。
また、季節に関係なく購入できるロト6やナンバーズなども景品としてはドキドキワクワクして喜ばれるでしょう。

・文房具

文房具は文房具でも少し高給な万年筆や仕事に役立つような文房具が喜ばれるようです。

・高級食材

景品となると通常の景品より目に見えてわかる「かに」や「高級ブランド肉」「松茸」などの高級食材は景品に出すととても盛り上がりますし、喜ばれます。

・美容器具

美容器具と言っても男女誰でも使えるような電動歯ブラシや音波歯ブラシ、空気清浄機やミストファン、マイナスイオンが出る美容器具などが喜ばれるようです。

・お菓子類

以外と人気なのがお菓子類です。
中でも駄菓子は人気で、子供の頃の懐かしい記憶がよみがえりますし、コスト的にも安く済みます。
また、有名ブレンドのお菓子なども喜ばれるのでお菓子類ははずれがないかもしれませんね。

・お酒

お酒は好みもありますが、無難なビールを準備する人が多いようです。
ただし、あまり多いと持って帰る時に重いので考えて購入しましょう。
木箱に入ったウイスキーやブランデーなど高級感のあるお酒も良いですね。

・ブランド品

あまり高額なものは景品として出せまんが本日の目玉という形で出す場合が多いようです。
ただし、男性でも女性でも喜ばれるものが良いので、このあたりは選定が難しいところですね。

・カタログギフト

目玉商品にはならない景品ですが、もらってイヤな人はいないのがカタログギフトでしょう。
自分で景品を選べるというところが良いようですね。




<もらっても困る景品>

・受け狙いのおもちゃ

景品として出すのは面白いのですが、当たった人は困るようです。
ですが、盛り上げるためには必要ですので主催者側としては欲しい景品ですね。

・家具

家具は折りたたんでコンパクトになり、軽量のものであれば良いのですが、ほとんどの家具は重くて大型になりますので持って帰るのに困ります。

<微妙な景品>

・ビールサーバー

ビールサーバーのような大型のものは持って帰るのも大変ですし、置く場所にも困ります。
しかし、もらってうれしいという気持ちもあり景品としてもらうと微妙な反応をする人が多いようです。

・ホットプレート

ホットプレートやタコ焼き器、土鍋などどこの家庭にもあるような商品は景品で当たると微妙な反応になります。
古くなってきたから買い替えようと思ったという人くらいでないと喜んでくれることはないかもしれません。

<まとめ>

景品選びは本当に頭を悩ませるところですが、皆さんが楽しんで喜んでくれるものを揃えるようにすれば楽しい忘年会になります。
そのためには多少の受け狙いは必要ですし、高額商品も必要です。
そのバランスをうまくとるのが幹事の役割なのではないでしょうか。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする