お家で作ってみよう!ボジョレーヌーボーに合うおすすめ料理レシピ

11月になるとテレビや雑誌などのメディアではボジョレーヌーボーの特集がよく組まれます。その中でも多いのがボジョレーヌーボーに合う料理です。

せっかくボジョレーヌーボーを飲むのですから、そのワインに合った料理でおいしくいただきたいものです。

では、どんな料理がボジョレーヌーボーにあうのかご紹介していきましょう。

<ボジョレーヌーボーに合う魚料理>

・ジェノバ風小エビとあさりのパスタ

準備するものは2人分で、ロングパスタ200g、殻をむいた小エビ150g、殻付きのあさり

400g、アスパラガス(できれば細目のもの)4〜5本、トマト中1つ、エシャロット3本、

オリーブオイル大さじ5、塩・こしょうは少々

まず、下ごしらえとしてアスパラガスは2cmくらいに切り、トマトは1cm角にして種を取り
ます。

エシャロットは薄い小口切りにしておきましょう。

まずパスタをゆでる時間を考えて、料理が出来上がる時にあえますのでお湯を沸かしておいて、
タイミングを見てパスタをゆでるようにしてください。

アルデンテで早めにお湯から上げるようにしましょう。

あさりは事前に塩水につけ砂を吐かせておき、殻どどうしをこすり合わせて汚れを取ります。

鍋にそのあさりを入れ、水1/2カップを加えあさりをゆでます。

あさりの口が開いたらあさりを取り出し、殻から実を取ります。
ゆで汁はとっておきましょう。 

次に、フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でエシャロットを炒めます。

そこに小エビをむいておいたあさりを入れさらに炒め、その後、アスパラバスを加えてさらに
炒めます。

最後にあさりのゆで汁とトマトを入れ3分ほど加熱したところにパスタを加えます。

早めにあげたパスタですので、一緒に煮込んで最後に塩とこしょうで味を調えて出来上がりです。

・魚介と野菜のフリットミスト

まずは4人分の材料です。

生いか1杯、えび8尾、塩少々、白ワイン大さじ2、ズッキーニ1個、赤ピーマン1個、

黄ピーマン1個、レモン適宜、てんぷら粉130gをカップ1.5弱で溶いておきます。

ビール15cc、塩一つまみ、イタリアンパセリ小さじ1

この、ビールと塩一つまみ、イタリアンパセリは溶いた天ぷら粉に入れて混ぜます。

生いかは皮をむき、ワタを取り除いて胴体部分は1.5cm幅の輪切りにし、げそは3等分に
しておきます。

ポイントはいかの皮をきちんとむくことです。

皮が残っていると油がはねますのできちんと取りましょう。

エビは皮をむいて尾をしごいておき背ワタを取り除きます。

エビは軽く塩を振って白ワインをふっておきましょう。

ズッキーニや赤ピーマン、黄ピーマンはいかやエビを大きさを揃えるように切ると見栄えが
良くなります。

水気を切ったいかとエビ、野菜を天ぷら粉にくぐらせて中温の油で揚げ、器に盛ったらレモンを
添えて出来上がりです。




<ボジョレーヌーボーに合う肉料理>

・鶏肉のソテー(香草と白ワインビネガー風味)

準備するものは4人分で、にんにく1/4かけ、オリーブオイル少々、鶏もも肉600g、

塩・こしょう・強力粉適宜、白ワイン60cc、白ワインビネガー120cc、ブイヨン(ない
場合は水でもOK)100cc、イタリアンパセリのみじん切り大さじ1、エクストラバージン 

オイル少々、アンチョビ1尾、ローズマリー1枝、セージ1枝

まず、アンチョビとローズマリー、セージをまな板にのせて包丁でたたいてペーストにします。

そこにオリーブオイルを加えて馴染ませます。

鶏肉を8等分にきりますが厚みのあるところは開いておきましょう。

強力粉がなければ薄力粉でもかまいませんが、強力粉を薄くつけオリーブオイルをひいた
フライパンで皮から焼き色をつけます。 

皮目と反対側も焼いて、良い焼き色がついたら火を弱火にし、フライパンの中央をあけ、そこに
先程たたいてオリーブオイルを混ぜたアンチョビ、ローズマリー、セージとニンニクを入れます。 

ハーブの香りとにんにくが色づいたら白ワイン、白ワインビネガーを加えてアルコールを飛ばし
ます。

アルコールが飛んだらブイヨン(または水)を加えて火を強火にして蓋をします。

肉にきちんと火が通ったら塩で味を調えてイタリアンパセリを散らします。

器に盛ったらエクストラバージンオイルをたらして出来上がりです。

・牛肉の和風フリット

まずは材料4人分です。

天ぷら粉120g、水1カップ、牛肉(もも薄切りが最適です)300g、エクストラバージン

オイル適宜、大根おろし1/2本、ポン酢適宜、万能ねぎ適宜、七味唐辛子適宜
天ぷら粉と水1カップは溶かしておきます。 

フライパンにオリーブオイルを2cmほど入れ170〜180度に熱します。

天ぷら粉に牛肉をさっとくぐらせ3〜4分でからっと揚げます。

揚げた牛肉を器に盛り付け、大根おろしをのせます。

ここにポン酢をかけ、小口切りにした万能ねぎとオリーブオイルをかけ、七味唐辛子でピリッと
辛めに仕上げれば出来上がりです。

<鍋にも合うボジョレーヌーボー>

・鮭と野菜のパスタ入りチーズ鍋

まずは4人分の材料です。

らせん状になっているクルルというパスタ150g、鮭2切れ(一口大に切っておきます)、

大根1/4本(いちょう切り)、白菜4枚(一口大に切っておきます)、シイタケ4枚、

ほうれん草1/2束(根の部分を取って3等分に)、溶けるチーズ(ピザ用でもモッツアレラなど

お好みのもので結構です)、水4カップ、牛乳1カップ、みそ大さじ1〜2(お好みで調整して
ください)、白ワイン1/2カップ、固形スープの素2個、塩・黒こしょう適量 

鍋ですので具材を合わせるだけで簡単です。

まず、鍋にいちょう切りにした大根と水を入れて煮立てます。

煮立ったところにワインと固形スープの素を入れますが、この時に鮭も一緒に入れてしまいましょう。

鮭の色が変わったら白菜、シイタケ、パスタを入れますが、パスタはゆでておく必要はありません。

このままアクをとりながら煮込み、パスタに火が通ったところで牛乳とチーズを加えます。

ここで味付けをしてしまいますので、塩、みそ、こしょうで調整してください。

ある程度味が整ったらほうれん草を最後に入れて柔らかくなるまで煮込み、最後に黒コショウを
ふってできあがりです。

・ミネストローネパスタ

これも鍋物ですので、材料を揃えるだけで良いので簡単です。

まず、材料ですが2人分で、パスタ用のナポリタンソース(260g程度)を1袋、らせん状に

なっているパスタ、クルルを100g、水700ml、ベーコン2枚(1cm幅に切りましょう)、

ミックスベジタブル150g、オリーブオイル大さじ1/2、塩小さじ1/4、こしょう少々

まず、鍋にオリーブオイルをひき、ミックスベジタブルとベーコンを入れ炒めます。

味付けに塩こしょうをしておきましょう。

ここに水を加えて沸騰させ、クルルを加え7分ほど煮ましょう。

最後にナポリタンソースを入れてさらに2分煮るとできあがりです。

<最後に>

ボジョレーヌーボーに合う料理は他にもたくさんありますが、ボジョレーヌーボーは赤ワイン
ということで肉しか合わないと思われた方もいるかもしれませんが、とても軽い味でフルーティな
ワインですので、魚にも鍋にも合うのです。

前菜のようなおつまみ感覚で食べられるものから本格的な料理まで幅広く料理に合うのがボジョレーヌーボーの特徴です。

是非、一度その愛称を試してみてはいかがでしょうか。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする