どうしたらいい??ボジョレーヌーボーの保存方法

毎年楽しみなボジョレーヌーボーですが、ボジョレーヌーボーは普通の赤ワインとは少し違います。
赤ワインは寝かせればおいしくなるというイメージがありますが、ボジョレーヌーボーにいたっては
そうではありません。
では、ボジョレーヌーボーを保存するにはどうすれば良いのでしょうか。

<ボジョレーヌーボーの賞味期限>


・ボジョレーヌーボーはいつまでに飲み切れば良いのか

ボジョレーヌーボーは試飲酒と呼ばれているように、その年にできたブドウの新種の味わいを
楽しむもので、ワイン自体の味わいを試すものではありません。
そのため、ボジョレーヌーボー用の製造方法で作られているため、普通のワインのように長期
保存には向いていないのです。

ボジョレーヌーボーの特徴は軽くフレッシュな風味ですので、開栓すると飲み切るというのが
ベストです。
ですので、賞味期限は「年内」と言われていますので、解禁日が毎年11月の第3木曜日です
から、1か月半くらいがボジョレーヌーボーをおいしく味わう期限となります。

長くても2〜3か月と言われていますができるだけ早く飲みきってしまいましょう。

ボジョレーヌーボーを18度以下で保存して春まで寝かせると良いという意見もあるようですが、
高級な赤ワインの場合は寝かせることで熟成し味に深みが増しますがボジョレーヌーボーの場合は春まで待っていると確実に風味が落ちてしまいます。

熟成させる高級赤ワインは寝かせることで風味が増しますが、ボジョレーヌーボーは搾りたてを
楽しむワインですので保存方法も真逆になります。




・ボジョレーヌーボーは長期保存に向かないワイン

ボジョレーヌーボーの賞味期間が短いのには理由があります。
ボジョレーヌーボーを作る際に使われるブドウの種類は「ガメイ種」と言われています。
この品種はボジョレーヌーボー専用の品種となっていますが、短い熟成期間でワインを飲むように作られている品種ですので、高級な赤ワインのように熟成期間が長ければ深みが増すものとは全く違う品種なのです。

そして、製造方法も一般の赤ワインとは違い「炭酸浸透法」という方法で作られます。
この製造方法もボジョレーヌーボー独特の製法のため長期保存には向かないのです。
ボジョレーヌーボーは、旬の味を楽しむということで年内には飲み切るようにしましょう。

<ボジョレーヌーボーの保存方法>

・開栓していない場合

では、ボジョレーヌーボーの保存方法ですが、まだ開栓していない場合は「涼しくて暗い場所」
に保存するようにします。
一般の赤ワインの場合はコルク栓を使用しており、コルクにワインが浸るように寝かせておき
ますが、ボジョレーヌーボーは寝かせておいても味にさほど変わりはありません。

ただし、日光に弱いのはどのワインでも同じですので、直射日光が当たって酸化するのを防ぐ
ために「涼しくて暗い場所」に保存するようにしましょう。

ワインに適している温度としては13〜18度、湿度70〜80%が理想と言われています。
ボジョレーヌーボーもできるだけこの環境に近い場所で保存するようにしましょう。

・飲み切れなかった場合

ボジョレーヌーボーで開栓したらできるだけ飲み切った方が良いのですが、残ってしまうことも
あります。
そんな場合はできるだけ空気に触れないようにすることが大切ですので、密閉できる容器に
移して保存しましょう。

できれば空気を入れない方が良いのでワインで容器を満たすことができればさらに良い保存方法となります。
この状態で冷蔵庫に保存すれば数日は飲むことができますが、開栓していますのでさらに保存
期間は短くなりますから、できるだけ早く飲み切ってしまいましょう。

<飲み切れなかったボジョレーヌーボーの使い方>

・ホットワインで

開栓してしまった後に、冷蔵庫で保存しておいても数日間で飲み切れないことも出てきます。
そんな場合はホットワインで楽しむと良いでしょう。
作り方は簡単で、飲み残したボジョレーヌーボーにはちみつやジャム、砂糖などお好きな糖分を
加えて沸騰しないように電子レンジで加熱します。

ホットワインはフランスやヨーロッパ地方では風邪の時に体を温めるために飲まれているほど
ポピュラーなものです。
日本ではあまりホットワインを飲む人がいないようですが、海外では寝付けない時に飲むと
ぐっすり眠れるという習慣もあるようです。

・料理に使う

飲み残したボジョレーヌーボーを数日間どころか、もっと日数が経ってしまった場合はさすがに
飲むのも抵抗が出てきます。
そんな時は料理に使うと良いでしょう。

赤ワインは肉料理などのソースとして使うこともできますし、牛肉を赤ワインにつけて煮込む
ワイン煮を楽しむこともできます。

ただし、数年たっているボジョレーヌーボーは使用しないようにしましょう。
腐っていないかもしれませんが、酸っぱい匂いや酸っぱい味がするのであればもったいないですが廃棄する方が賢明です。

<最後に>

ボジョレーヌーボーは一般的なワインと異なる点が多いので、「え?こんなんだったの?」と
驚くことが多いかもしれませんが、そればボジョレーヌーボーで、他の赤ワインとは違うものを
味わうことができるので楽しみにしているという方が多いワインです。

保存方法も違いますし、賞味期限も短く、一般のワインとは正反対になることが多いワインです。
だからこそ試してみたいと思う人が多いのかもしれませんね。
一般の赤ワインとは違う風味を持つボジョレーヌーボーを一度は試してみたいものです。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする