どうしたらいいの??七五三の意味や祈願する年齢と初穂料の相場と書き方

11月になるとお子様の七五三祈願が迫ってきます。
初めてお子様をお持ちになる方は七五三って一体何?
どうすればいいの?いくらくらいかかるものなの?
など分からないことがいっぱいです。
そんな方のために七五三の初穂料の相場金額などわからないことを中心にご説明したいと思います。

<七五三とは?>

・七五三とは

七五三というのは昔からある日本の伝統行事で、子供が数え年で7歳、5歳、3歳の時に健康と
感謝を込めて祈祷してもらいます。

七五三は主に関東地方のみで行われていた行事だったのですが、昔は子供の死亡率が高く3歳まで生きていられたことに感謝をして、まずは3歳の時に行われていました。
そして、知恵のつく5歳、永久歯が映えだす7歳にも成長の喜びとしてお祝いをするように
なりました。

現在では、七五三の時期になると写真館で記念写真を撮ったり、親族でレストランなどで御祝することが多いようです。
写真館やフォトスタジオでもこの時期はとても込み合います。
一部のフォトスタジオや写真館では11月の混雑を防ぐために前撮りという形を取り、価格も
安く設定しているところもあるので利用してみると良いでしょう。

・七五三は何歳でやるのか

七五三をお祝いする年齢は男の子と女の子で違ってきます。
男の子の場合は数え年で3歳と5歳、女の子の場合は数え年で3歳と7歳にお祝いをします。
男の子と女の子でどうして年齢が違うのかというところですが、まず3歳のお祝いは男の子と
女の子共にお祝いをします。

数え年で3歳ということは満2歳になったあとにお祝いということになります。
江戸時代では3歳になると産毛を剃ると健康な髪が生えてくるということが信じられていました。
そこで、3歳になると男の子も女の子も丸坊主にするという習慣があったのです。

この髪を一度切り、3歳からまた伸ばし始めることを「髪置きの儀(かみおきのぎ)」と
言います。
そのため、七五三のお祝いでも3歳で男女ともにお祝いをするのです。

次に男の子のお祝いをする5歳ですが、数え年で5歳ということは満4歳になった年に七五三の
お祝いをします。
5歳になると男の子は初めて袴(はかま)を着ることになり、「袴の儀」が行われていました。
江戸時代では武士の正装が袴だったので袴を着用する5歳というのは正式に男社会の一員になったことを意味していました。
そこで、七五三でも男の子は5歳で御祝をするのです。

最後に女の子のお祝いをする7歳ですが、女の子の数え年で7歳ということは、満6歳になる年に
お祝いをします。
女の子は7歳になると着物の付紐(つけひも)が成人と同じ丸帯(まるおび)に変わりますので
女性社会の一員として仲間入りするという意味がありました。
ですので、女の子が7歳の時に七五三で御祝をするようになったのです。

・七五三にお参りする時期

七五三にお参りする時期は11月ということはわかっていても何日にお参りすればよいのか
分からないという方も多いのではないでしょうか。

七五三のお参りは正式には11月15日に行います。
旧暦で15日というのは、「二十八宿の鬼宿日」(にじゅうはっしゅくやどのきしゅくにち)
と言われており、鬼が出歩かない日とされています。
そして、旧暦の11月というのは田畑の実りの時期ですので神様に収穫後の実りを感謝する月と
されています。

そこで、11月15日に収穫の感謝と子供の成長に感謝するという意味でお祈りをするように
なったのが七五三の始まりだと言われてるのです。
明治までは旧暦でしたが、明治以降は新暦の11月15日に行われるようになりました。

ですので、本来の七五三のお参りは11月15日になるのですが、最近では11月15日が平日で
あったり、両親が仕事で休みを取れないなどがありますので、10月中旬から11月下旬の中で
縁起の良い大安や先勝の日に家族の都合がつく日を合わせてお祝いするようになりました。

・七五三は地域によって違う

七五三は関東地方で始まったということもあり、それぞれの地域によってお祝いの日や規模が
違ってきます。
例えば、関東では、神社で祈祷してもらうことが多いので、きちんと七五三の儀式を行う習慣が
あります。
3歳のお祝いは女の子だけが行い、男の子は5歳のみという事が多いようです。
そして、祝儀袋の水引も花結び(蝶々結び)の水引で奉納します。

では、関西ではどうなのでしょうか。
関西では、七五三の日は神社で参拝しますが祈祷はせずに「千歳あめ」を購入して帰ることが
多いようです。
そして、3歳のお祝いは男女共に行い、祝儀袋の水引は、あわじ結びの水引を使うことが多い
ようす。

では、一部の地域で少し変わった七五三があるのでご紹介していきましょう。
例えば、埼玉県や千葉県などの場合はホテルで豪華な披露宴を開いてパーティをすることが
あったり、北海道や東北地方では日にちが違い、10月15や10月中旬にお祝いをする家庭が
多いようです。
これは、寒い地方ならではですが、11月になると着物や袴は寒すぎるので早めにお祝いする
ということのようです。
では、真逆の九州ではと言いますと、男の子はふんどしを、女の子は湯文字と言って和装の下着の一種を着る儀式を行う所もあります。

このように、地域によってお祝いの日にちやお祝いの仕方が変わるのも七五三ならではですので
色々な地域の七五三を見てみると楽しいものです。




<初穂料について>

・初穂料とは

七五三でお参りする神社で七五三の祈祷をする場合に必要なのが「初穂料(はつほりょう)」です。
初穂料というのは、七五三の祈祷代金という感じですが、本来の意味は少し違います。

初穂料というのは、七五三のお参りの時に神社に祝詞を上げてもらう場合のお礼を込めたお供えのお金のことを言います。
つまり神社に奉納するお金のことなのですが、なぜ初穂料と言うかというところが気になる方の
ために少しご説明しておきましょう。

初穂料というのは、秋になって初めて収穫されて稲や野菜などの農作物、魚などを神前に奉納
したことが始まりなのですが、その農作物の中の稲の束のことを初穂と言います。
昔はお金ではなく、このように農作物を神社に奉納していたことから、神社に納めるお金の
ことを初穂料と言うようになりました。

今では、初穂料を奉納して、七五三を迎える子供の祝詞を上げてもらい、お祓いにもなるという
ことで感謝をお礼の意味が込められています。

ただ、神社によっては玉串料(たまくしりょう)と呼ぶところがありますので、事前に神社に
七五三の予約を入れる際に「初穂料」なのか「玉串料」なのかを確認すると良いでしょう。

・初穂料の相場

では、肝心の初穂料の相場ですが、ほとんどの場合神社で金額が決まっていますので、その金額の指示に従えばよいでしょう。
ただし、「お気持ちで」と言われることもありますので、その場合の相場が5,000〜
10,000円となっています。

ですので、この相場になる金額以内で初穂料を包むと良いでしょう。

・初穂料の「のし袋」の書き方

初穂料を神社に奉納する時は、「のし袋」に包んで奉納します。
一般的に祝儀袋を呼ばれているものなのですが、七五三に使われるのし袋は水引の種類が決まっています。

のし袋の表書きに「寿」とかいてあるものは結婚式専用ですので使わないようにしましょう。
それ以外のお祝い事の場合は寿以外ののし袋で構いません。

紅白の水引の物で水引の種類が蝶結びのものを使うのが一般的です。
関西の場合は淡路結びでも構いませんので、水引が何度でも結べるタイプのものを選びましょう。
蝶結びやあわじ結びはほどいても何度でも結び直すことができます。

これは、何度あっても良い祝い事という意味がありますので、水引にも注意しましょう。
結び切りという水引はほどくと二度と結べないことから、二度とあってはならないお祝い事の
結婚式などで使われますので意味が違ってきます。

では、のし袋の書き方ですが、のし袋の表書きは水引の上段に「御初穂料」や「御初穂」、
「初穂料」と書きます。
そして、下段には子供の名前をフルネームで書きましょう。

のし袋には中袋がありますので、お金はこの中に入れます。
金額は中袋の表側の中心に書きますが、漢数字を使います。
例えば、1万円を奉納する場合は「金 壱萬円」と書きます。
金額の前に「金」を付け、最後に「円」をつけますが、「也」はつけなくて結構です。

そして、中袋の裏の左側に住所と子供のフルネームを書きます。
この中袋をのし袋に包むようにし、最後に水引を元の位置に戻しますが、のし袋を包む時は
お祝い事ですので、下側ののし紙が上側に来るようにします。

これが上側が上にくるようにしてしまうと弔事の直し方になりお祝い事とは逆になってしまうので
注意しましょう。
下側ののし紙を上側になるようにして水引を戻せば完了です。

・初穂料はいつ渡すのか

では、初穂料をきちんとのし袋に包んだところで、この初穂料はいつ神社側に渡せばよいので
しょうか。
ほとんどの神社では受付時に「初穂料をお願いいたします」と言われますので、その時に渡せば
良いですし、もし言われなくても受け付けで「初穂料です」と渡せばよいでしょう。
ただし、神社によって受付で渡さない場合もありますので、その場合はきちんと指示を受け、
その通りにするようにしましょう。

<最後に>
七五三は子供の成長をお祝いする儀式ですが、あまりしきたりばかりにこだわるのではなく、
素直に子供の成長をお祝いし、神様にお礼を申し上げるというのが本来の形ですので、
形式やしきたりばかりにこだわりすぎて大切な感謝とお祝いの心を忘れないようにしましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする