なかなか聞けない、七五三の初穂料の相場とのし袋の書き方

11月と言えば七五三の時期ですが、初めての七五三は何かとわからないことが多いものです。
着物や小物などはレンタルできますので色々教えてもらえますが、初穂料や金額の相場、のし袋の書き方などはわかりにくいものですし、今さら聞くのも恥ずかしいという方のために、お話していきましょう。

<七五三の初穂料とは?>

・初穂料について

初穂料というのは、七五三の時に神社にお供えするお金のことで、「初穂料=はつほりょう」と読みます。

初穂料は、元来豊作祈願と感謝を意味するもので、その年に初めて収穫された農作物や魚などを神前に奉納したのが起源となっています。

今では、稲や野菜などの農作物、魚などを奉納する代わりに神前にお金を奉納するようになりました。

その時に、神社で祝詞(のりと)を挙げてもらうことでお祓いをしてもらえるので感謝の意味を込めて初穂料を奉納します。

七五三などのお参りのほかにも、お宮参りや結婚式、厄払い、地鎮祭の時にも神社にお祓いをしてもらう謝礼ということで、初穂料を納めることがあります。
神社などで販売されているお守りなどの値段のことを初穂料という神社もあっります。

神社によっては初穂料ではなく「玉串料」というところもあります。

玉串料=たまくしりょうと読みますが、これは初穂料と同じように使われるのですが、神道の場合に使われます。
神道の葬儀や七五三、お宮参り、結婚式などのお祝い事、厄払いの時にも玉串料という表現をします。

神社によってどちらが正しいのかわからない場合は、「初穂料と玉串料、どちらで奉納させていただけばよいでしょうか」と聞いてもかまいません。

・初穂料の相場

初穂料の相場ですが、神社によって違いますが5,000〜10,000円というところが多いようです。
七五三の予約の連絡を入れた時に、初穂料の金額を教えてくれますし、もしわからなければ聞いてもかまいません。

それぞれの神社で違ってきますので、確認する方がよいでしょう。
もし、金額が決まっていない場合は相場の金額を参考にして奉納すると良いでしょう。

初穂料を渡すタイミングとしては神社で受付をするときに渡すことがほとんどです。
受付時に「初穂料をお願いします」と言われますので、その時に渡すと良いでしょう。




<初穂料の書き方>

・初穂料の「のし袋」の選び方

初穂料に使うのし袋はお祝いということで紅白の蝶結びの水切りを使います。
この、のし袋はコンビニでも販売されているものですので手軽に手に入れることができます。

ただし、紅白ののし袋でも表書きに「寿」と書かれているものは使うことができません。
これは結婚式専用ののし袋ですので、「寿」ののし袋は避けましょう。

・のし袋の表書きの書き方

のし袋の表書きの書き方ですが、水切り(蝶結び)の上段に「御初穂料」や「御初穂」、「初穂料」
と書きます。
もし、「玉串料」という表現をする神社であれば「玉串料」と書きましょう。

そして、水切りの下段には子供の名前をフルネームで書きます。

・初穂料の中袋の書き方

のし袋には、中袋という袋がついています。
お金は、この中袋に入れましょう。
そして、中袋の表の中心には奉納した金額を書きます。
金額は漢数字を使いますので、1=壱、2=弐、3=参…というようになり、万=萬、千=仟 となります。

例えば、1万円を奉納する場合は、頭に「金」をつけて「金 壱萬円」と書きます。
最後に「也」と書く人がいますが、也は必要ありません。

次に中袋の裏側ですが、ここには子供の住所と名前を書きますが、書く位置は袋の左下になります。
まず、住所を書き、その左側に子供の名前をフルネームで書きます。

・のし袋の閉じ方に注意

中袋の表と裏が書け、お金を中に入れたものをのし袋に包んで閉じますが、閉じ方に注意しなければなりません。
のし袋を閉じる時は、のし袋の下側の折りが上になるようにしなければなりません。
お祝いの時は顔を上げ、弔いの時は顔を下げると覚えておけば覚えやすいでしょう。

のし袋の折の上側の折りを上にする場合は葬儀などの弔事の時になります。
お祝い事はその逆ですので、のし袋の下側の折を上にしてのし袋を閉じましょう。

<最後に>

子供が生まれると、お祝い事がたくさんやってきます。
子供のことですのできちんとしたいという思いもあるでしょうし、その反面わからないこともたくさん出てきます。
ですので、のし袋の選び方やのし袋の書き方が分かっているだけでも違いますので子供のお祝い事を機にきちんと学んでみるのも良いのではないでしょうか。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする