どうしたらいい?お歳暮のお礼状の書き方と例文

お歳暮を頂いた時はお礼状を送るのがマナーです。
しかし、お礼状をどう書けばよいのか、ビジネス相手の場合どんな書き方にすればよいのか、家族だけど簡単で良いのかなどどう書けばよいかわからないのがお礼状の内容です。

そんな方のためにお礼状の書き方のご説明と、わかりやすいように例文も添えてご紹介しましょう。

<お礼状を出すタイミング>

お歳暮には一応マナーと呼ばれる時期がありますが、お礼状には出す時期があるのでしょうか。
お礼状は時期はなく、お歳暮をいただいたらできるだけ早く出すことが大切です。
12月初旬か、中旬にはお歳暮が届くと思いますので、早くお礼状を出さなければ忙しい年末にお礼状が届くことになってしまいます。
お歳暮が届くのが遅かった場合は仕方ありませんが、お歳暮が届いたらできるだけ早くお礼状を出すようにしましょう。

<お礼状は基本は縦書き>

お礼状を出す形式は基本的には縦書きで封書がマナーとなっていますが、横書きでもハガキでも問題はありません。
ビジネス関係や目上の人には縦書きの封書で贈る方が良いのですが、お友達やご家族の場合は横書きでもハガキでも構わないでしょう。
要は感謝の気持ちを伝えることが大切なのです。

<お礼状の書き方>

・頭語で始めて結語でしめる

お礼状のを書く時の書き始めは頭語と呼ばれる言葉で始まります。
頭語というのは「拝啓」「謹啓」「粛啓」「恭敬」などの言葉です。
一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。
この言葉には対となる結語があり、拝啓の場合の結語は「敬具」や「拝具」、謹啓や恭敬、粛啓の場合は「謹言」「敬白」「敬具」という結語でしめる必要があります。

通常の手紙の場合は拝啓で構いませんが、改まった手紙の場合は謹啓や恭敬、粛啓を使います。ご家族には拝啓で、ビジネス関係であれば謹啓や恭敬、粛啓が良いでしょう。

・時候のあいさつを入れる

頭語のあとには季節を表す時候のあいさつを入れます。
お歳暮の場合は冬ですので、「歳末の候」や「師走の候」「深秋の候」などが良いでしょう。
その後にビジネスであれば「貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」というように続きます。
親しい中であれば時候の挨拶のあとに「小雪がちらつく日もありますが、いかがお過ごしでしょうか」というような感じで良いでしょう。

・お歳暮へのお礼の言葉を書く

時候の挨拶の次に、お歳暮をいただいたお礼の言葉を書きます。
お歳暮は1年間の感謝の気持ちを込めてお贈りいただいているものですので、お礼状にも1年間お世話になったことへのお礼の挨拶をするようにしましょう。

また、お歳暮を贈っていただいたという心使いにも感謝の気持ちを伝えることが大切です。
例えば「このたびは、誠に結構なお品をお送りいただきまして誠にありがとうございます」や、「このたびはご丁寧にお歳暮のお品をお送りいただき、誠にありがとうございました」などの文章が良いでしょう。

・健康への気遣いの言葉

先方への健康への気遣いの言葉は必ず必要です。
季節柄寒さで体調を崩しやすいですし、菌も蔓延しやすい時期ですので体調への気遣いの言葉は必ず入れるようにしましょう。
これも相手を思っていれば自然と出てくる言葉です。

例えば「これからが寒さの本番となりますので、どうぞご自愛くださいませ」という内容や「寒さが日に日に厳しきりますのでくれぐれもお体をご自愛くださいますようお祈り申し上げます」という内容が良いでしょう。




・年始の厚誼の言葉

最後に、年始に向けての厚誼の言葉を一言書き添えると尚良いでしょう。
年始の厚誼の言葉は健康への気遣いの言葉と一緒にすると書きやすいようです。

例えば「時節がらお体をご自愛の上、良いお年をお迎えくださいますようお祈りいたします」というような内容になります。
ビジネス文章であれば「寒気もさらに強まりそうですので皆さまご自愛いただき、良いお年をお迎えになりますようお祈りいたします」という内容で良いでしょう。

・最後は日付と書いた人のフルネームを

文章が書き終わりましたら、結語でしめますが、結語は文章を書いた行の縦書きなら一番下、横書きなら一番右に書きます。
もし、行いっぱいに文章を書いているようでしたら次の行の一番下(右)に書くようにします。
そして、一行あけて上2文字分を空けて日付を書き、その次の行にビジネスであれば日付の日にちあたりのところから会社名を書き始めます。

役職がある場合はその次の行の会社名から一文字下げて役職名を書き、同じ行に大きめの文字で名前をフルネームで書きます。
役職がない場合は役職のところを抜くだけですので書く間隔は同じになります。

・夫に変わって妻がが代筆した時は「内」

これでお歳暮のお礼状の書き方の説明は終わりなのですが、ご主人に届くお歳暮のお礼状を奥様が書くという場合が多いのではないかと思います。
その場合は最後に日付と旦那様のフルネームを書きますが、縦書きの場合はその左の下に旦那様の名前より小さい字で「内」と書いておきます。

横書きの場合は、旦那様の名前の下の右端に小さく「内」と書いておきます。
これで奥様が代筆したとわかりますので、奥様が代筆した場合は必ず「内」と書くようにしましょう。

<まとめ>

これで、お歳暮のお礼状の書き方の説明は終わりですが、あまり堅苦しく考えずに感謝の気持ちが大切です。
ビジネス文章ですと、ある程度の決まり文句はありますが、これらの内容に「自分の好きなものを覚えていただいていて光栄です」というような内容を付け加えてもかまいません。
とにかく感謝の気持ちを伝えることが大切なのです。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする