どうすればいい??結婚報告を兼ねた年賀状の文面例と書き方

結婚後初めての新年を迎える時の年賀状に、結婚報告を兼ねて書く場合があります。
しかし、年賀状と兼ねていますので注意点などもありますから、文面例と注意点などをご説明したいと思います。

◎注意点

・結婚報告ですので堅いイメージがあるかもしれませんが年賀状ですので「拝啓」や「敬具」などの頭語と結語は必要ありません。

・結婚報告はお祝い事ですが「去年」という言葉は縁起が悪いと言われていますので「旧年」や「昨年」という言葉を使いましょう。

・結婚報告と年賀状を兼ねて書く時は年始の挨拶をまず書き、結婚報告はその後になります。

・結婚報告のあとは、その年が年賀状を送る相手にとって良い年になるように祈っているということを伝える言葉を書いてしめます。

・年賀状で結婚報告をする場合はビジネスで使う分には写真を入れない方が良いでしょう。
目上の人でも仲の良い先輩や上司であれば問題ありませんが、さほど仲良くはないが結婚の報告をしておかなくてはならない
相手の場合は写真を入れない方が良いとされていますので、年賀状のテンプレートを使い写真を入れないようにしましょう。

・結婚して住所が変わっている場合は住所が変更になっているということも記載しておきましょう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする