新年の挨拶はいつまでにすればいい?ビジネスと一般では日にちが違う?

新年の挨拶は年賀状だけではありません。
お仕事をしている人は仕事が始まれば新年の挨拶回りがありますし、主婦の方もご近所付き合いで新年の挨拶をすることが多いでしょう。

ただ、気になるのが「新年の挨拶はいつまでにすればいいのか」ということです。
ましてや仕事となるとできるだけ早い方が良いということはわかっていてもスケジュールなど
の調整も必要ですので、いつまでに新年の挨拶をするのかを理解していないと後々だらしがない人だと思われてビジネス面でも影響が出てきます。

主婦やご近所付き合いがある方も同じで、「今頃新年の挨拶に来たの?」と思われてしまっては常識のない人と思われますし社宅に住んでいる場合は夫の仕事に影響が出る可能性もあるのでさらに注意が必要です。

では、新年の挨拶はいつまでにすればよいのでしょうか。

<一般的な新年の挨拶は1月15日まで>

・1月15日までは一般論

主婦の方やご近所付き合いでの新年の挨拶は基本的には1月15日までとなっています。
親しい方にはできるだけ早く挨拶をした方が良いのですが、たまたま道端であったという場合でも1月15日までは「あけましておめでとうございます」という挨拶で問題ありません。

それより遅い場合は新年とは言えませんので普通に挨拶するようにしましょう。
もし、新年の挨拶をしていない人と1月15日以降にお会いしてしまった場合は、「新年のご挨拶が遅れました」と一言付け加えればよいでしょう。

1月15日以降に会う人というのはさほど親しい人ではないと思いますので、新年の挨拶をしていなかったとあまり気にすることはないでしょう。
「新年のご挨拶が遅れました」という丁寧な言葉を付け加えれば悪い印象にはならないので、覚えておくと便利です。

・地域によって新年の挨拶の期間が違う場合もある

新年のあいさつをいつまでするかということで、先ほど一般的には1月15日までにというお話を
しました。
しかし、これはあくまで一般論で、地域によっては1月7日までや、1月9日までなど新年の挨拶をいつまでにするのかが決まっている地域もあります。
日にちが違うのは地方の場合に多いようですので、自分の地域の新年の挨拶はいつまでにすれば良いのか確認しておく方が良いでしょう。

<ビジネスでの新年の挨拶の期間と注意点>

・メールで新年の挨拶を送る場合はいつまで?

新年の挨拶をする場合に、メールを送る会社もあるでしょう。
メールで送る目的としては、自分の会社の業務が開始されたことを報告するという意味と挨拶回りの前にメールを送る方が丁寧だということもあります。

では、新年の挨拶に送るメールはいつまでに送れば良いのでしょうか。
これはビジネス関係でメールを送る営業マンやその役目のある人にはぜひ覚えておいていただきたいのですが、メールで新年の挨拶を送るのは「新年の業務が開始されたその日」です。

つまり、年末年始の休暇が終わり、仕事始めで出社したその日にメールを送るようにしましょう。
もし、取引先が多く、その日に送りきれない場合は次の日までには完了するようにしてください。
先程もお話した通り、業務が開始されたという報告にもなりますので、できるだけ早いうちに取引先に伝えるようにしましょう。

・新年の挨拶をメールで送る時に一斉送信を使わない

ただし、メールで新年の挨拶を送る時に絶対にしてはいけないことがあります。
それは一斉送信です。
メールには便利な機能がありBCCで同じ文書を一斉送信することができます。
「ToやCCでなければ相手にばれないのでは?」と思われるかもしれませんが文面を見れば一斉送信だと分かります。

固有名詞が入っていない、内容のつじつまが合わないなど一斉送信しているということがわかってしまうと取引先も良い気持ではありません。

新年に良い気持ちでスタートしていただくためにも少しずつでも良いので文書を変えて一斉送信せずに1社1社メールを送るようにしましょう。




<新年の挨拶回りに行く場合の期間と注意点>

・新年の挨拶は仕事始めの週が理想的

ビジネスマンにとって新年の挨拶は恒例行事と言っても良いでしょう。
ですが、スケジュールの関係などでなかなか挨拶ができないということもあります。
ただ、新年の挨拶がいつまでが理想化と言いますと、ビジネスで行く場合「仕事始めの週に行く」のが理想です。

一般的には1月15日までに新年の挨拶をすればよいということでしたがビジネスの場合はそれでは遅すぎます。
最低でも仕事始めの週には全ての取引先の挨拶回りが完了するように手分けして行いましょう。

仕事始めの週というのは、例えば1月4日が仕事始めで月曜日とすれば、1月8日の金曜日までに新年の挨拶回りを終わらせるということです。
ほとんどの企業がこの期間内に挨拶回りを終わらせていますので、仕事始めの週はあまり予定を詰めすぎないようにすることがポイントです。

年明け早々の週の初日とその次の日の2日間はスケジュールを入れない方が得策です。
3日目以降からは少しずつ入れるようにすれば良いのですが、最初の2日間で回りきるという
企業が多いので、できれば仕事始めの2日間は予定を入れないようにしましょう。

ただし、上司と新年の挨拶回りに行くという場合は同僚と行くなど誰かと一緒に行くという場合は事前に打ち合わせをしておいた方が効率よくスケジュールを組むことができます。

・新年の挨拶はビジネス上でも地域の習慣があればその日に従う

新年の挨拶で注意したいことは地域性です。
文頭の方で一般的な新年の挨拶が1月15日だということをお話した時にそれぞれの地域に従うというお話もしました。

これはビジネスでも言えることで、例えば1月7日までに新年の挨拶を終えるというのがその地域の風習であれば仕事始めが1月5日としてもたった3日間で新年の挨拶を回り終えなければなりません。

ただし、一般より新年の挨拶の期間が短い地域の場合は取引先もさほど多くない傾向がありますので慌てる必要はありません。
カレンダーによって毎年仕事始めの日にちはずれてしまいますが、前年のうちにいつまでにどの取引先を回るのかなど、どう回るのか予定を立てておけば問題ないでしょう。

・新年の挨拶に行ったが先方が不在だった場合の注意点

新年の挨拶をしているのは自分の会社だけではなく全ての会社が行っています。
つまり、新年の挨拶に行ったけど担当者の方が不在ということもよくあることです。
そんな時は自分が新年の挨拶に来たという証明のために名刺を置いていくことがありますが、置いていく名刺はしわになったり折れている名刺は辞めましょう。

そして、新年の挨拶ということで新年用の名刺であれば「謹賀新年」などが印刷されていますので一言旧年中にお世話になったことと、今後のお付き合いのお願いを書いておくと良いのですが、もし、謹賀新年など新年の挨拶が印字されていない場合は、「あけましておめでとうございます」という新年の祝辞も入れておきましょう。

・先方が喪中の場合の新年の挨拶の仕方

新年の挨拶に伺った時に、もし先方が喪中の場合は「あけましておめでとうございます」という新年の祝辞は省きます。
旧年中にお世話になったことへのお礼と今後ともよろしくお願いしますという内容で十分です。

もし先方が喪中かどうかわからないという場合は先方があけましておめでとうございますと言えばこちらもあけましておめでとうございますと返すというのも一つの方法です。

ただし、自分から挨拶しなければならないような相手の場合は、先方に先に挨拶をさせるわけにはいきませんので、この場合は素直に「あけましておめでとうございます」から挨拶をしてかまいません。

もし、この挨拶で「実は喪中で」という言葉が返ってきた時は素直に謝罪しましょう。
そして、旧年中お世話になったことへのお礼と今後のお願いをすれば問題ありません。

<新年の挨拶をいつまでにすると非常識にならないのか>

ビジネス面ではとにかく迅速な行動を求められます。
また、主婦や近所付き合いでの新年の挨拶でも、ビジネスほどではありませんが、付き合いが深い人ほど早く挨拶をするのが常識です。
深い仲の人への新年の挨拶が2〜3日後になってしまうとそれだけで非常識だと思われることもあります。

こう考えると新年の挨拶はとにかく早くする方が良いということがわかりますので、一年の初めである挨拶をいかに早く取引先や周囲の人に行うかで今後の見方も変わってくる可能性がありますから、ただの挨拶と軽く見るのではなく、一年の初めの挨拶として迅速に丁寧に行うようにしましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする