きちんとおさらいしておこう!喪中の新年の挨拶の注意点と例文

喪中というのは、身内に不幸があった方が喪に服す期間という意味があります。
喪中の人は新年迎えると喪が明けるのですが、新年の挨拶の仕方や注意点がいくつかあります。
その注意点や喪中の時の新年の挨拶の例文などをご紹介しましょう。

<喪中の期間と注意点>

・忌中と喪中の違いとは

喪中の説明をする前に、忌中と喪中の違いについてご説明しておきましょう。
まず、忌中は仏教でお話すると故人が亡くなってから49日の法要をしますが、この49日を過ぎれば忌明けとなりますので、この期間中が忌中となります。

喪中はこれよりも期間が長く、故人とのつながりなどで喪中期間が変わってきますので、詳しくご説明しましょう。

・喪中の期間

喪中の期間が故人とのつながりで変わるというのも不思議だと思われたかもしれませんが、正確に言うと、故人との縁の深さによって変わってくると表現した方が正しいでしょう。

故人が両親や夫、妻、義理の父母の場合は喪に服す期間が12か月〜13か月、故人が兄弟や姉妹、同居している曾祖父母、子供や義理の息子や娘の場合は3〜6か月、故人が祖父母の場合は5〜6か月、故人が同居している親族や孫の場合は1か月、そのほか、叔父叔母や従兄弟姉妹、姪甥、曾祖父母でも別居をしている親族の場合は喪中はなしとなります。

期間を〇〜〇か月と記載したのは宗教によって違いがありますので、目安として記載させていただきました。
詳しくはご自分の宗派を調べて確認しましょう。

<喪中の新年の挨拶の仕方や新年の過ごし方の注意点>

・喪中の新年の挨拶の仕方

喪中の時の新年の挨拶で注意しなければならないのは、「祝う言葉を控える」という点です。
もちろん、年賀状は控える必要がありますし、可能であれば喪中であるということをすぐに知らせるハガキを出すようにしましょう。

新年の挨拶の例文で「あけましておめでとうございます」という言葉がありますが、これは祝う言葉となりますので喪中の場合は旧年中の感謝と今後のおつきあいのお願いを述べるだけにしましょう。

・喪中は新年を迎える準備をしない

新年を迎えるにあたって、新年の挨拶も大切ですが、新年の準備に関しても注意が必要です。
「新年を迎えるめでたい事」を控える必要がありますので、門松や玄関のしめ飾り、鏡餅を飾るということは喪中の時は控えなければなりません。

・喪中は新年の献立に注意する

また、喪中の場合は食べ物にも注意が必要です。
食べ物までと思われるかもしれませんが、通常の食事で気にすることはなく、お正月ならではの「おせち料理」を控えましょう。

おせち料理はめでたい食べ物ばかりが並べられ「神様からの贈り物」という意味もあります。
その年の豊作を願ったり、大漁を願う、家族安泰などの意味が込められていますので喪中には不適切な食べ物です。

おせち料理ではなくてもお正月によく食べられる尾頭付きの鯛やエビ、紅白のかまぼこ、紅白なますなどもお祝いの料理となりますので喪中の場合は控えましょう。

・喪中でも年越しそばやお年玉は問題ない

喪中になると新年の挨拶や食べ物などを控えるなど色々制限させることはありますが、長寿や
健康を願うという意味で年越しに食べられる年越しそばは縁起をかつぐものですので今、元気に生きている家族に対するものですから喪中でも食べて良いとされています。

また、お年玉も喪中を過ぎていれば渡してもかまいません。
ただし、渡すときに「おめでとう」という言葉を言うのは控えましょう。
喪中の時はお年玉より「お小遣い」という意味で渡すのが一番良い方法です。

もちろん、ポチ袋に入れても構わないのですが、無地の封筒にし、元旦を避けて渡すのであれば「お小遣いね」や「〇〇ちゃんに」というようにおめでとうという言葉を使わず渡せば問題ありません。

4ba121fbcb10f7064375031662f767d2_s

・喪中でもお寺への参拝はできるが神社への初詣は忌明けならできる

喪中の時の新年の挨拶やお年玉を上げる時の言葉などをお話してきましたが、もう一つ気になるところが初詣や参拝ではないでしょうか。
初詣を毎年楽しみにしている方もいらっしゃるかもしれませんので、喪中の時にお寺や神社に参拝や初詣に行くことができるのかをお話しておきましょう。

まず、お正月というのは仏教ではなく神道となります。
ですので喪中でもお寺に参拝するのはかまいません。
ただし、地域によっても風習が違いますし、神社によっては喪中でも参拝できる場合があります。
ですが、喪中も忌中の場合は控えた方が良いでしょう。
忌明けであれば喪中でも参拝や初詣に行ける神社はありますので近くの神社に喪中でも参拝できるかどうか確認してみましょう。




<喪中の新年の挨拶の例文と注意点>

・喪中の新年の挨拶は今後のおつきあいのお願い

喪中の場合の新年の挨拶は先ほど少しお話しましたが、おめでたい言葉を使わず旧年中の感謝と今後のお付き合いのお願いをする程度にとどめておきましょう。

おめでたい言葉というのは「あけましておめでとうございます」という言葉ですので、この言葉を使わないようにします。
例文としては「旧年中はお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします」という形が無難でしょう。

喪中に使える例文は「よろしくお願いします」という言葉は「お世話になりました」という言葉くらいですので、もし喪中はがきを出す場合は年賀状を出しませんから、本来年賀状に書くべき「今年もよろしくお願いします」という内容を喪中はがきに書いておきましょう。

・喪中はめでたい言葉を使わない

喪中の時の新年の挨拶の例文でめでたい言葉は使わないということをお話しましたが、もう少し具体的にご説明すると、めでたい言葉というのは「おめでとうございます」という言葉だけではありません。

「あけまして」という言葉も夜が明ける=暗闇が明るくなるという意味にとらえることもできますので、「あけまして」という言葉も控えなくてはなりません。

これは言葉で相手に話す時もそうですがメールでも同じですので喪中の時は「あけまして」や「おめでとうございます」という言葉を使わないようにしましょう。

・喪中の人に新年の挨拶をするときの注意点

今までは自分が喪中の場合のお話をしてきましたが、最後に先方が喪中の時の新年の挨拶をする時の注意点や例文をご紹介しておきましょう。

相手が喪中の場合も同じくめでたい言葉は使わないようにします。
例文としては「おはようございます。旧年中はおせわになりました。今年もよろしくお願いいたします」という内容が良いでしょう。

親しい中であれば「おはよう、今年もよろしくね」などでもかまいません。
とにかく「めでたい言葉」を使わず新年のあいさつをするようにしましょう。

<喪中の新年の挨拶の例文はあくまで参考に>

喪中の場合の新年の挨拶で注意すべきことは「めでたい言葉」を使わないという点です。
わかりやすいように例文を記載しましたが自分の言葉で新年の挨拶をしてもかまいません。
例文よりも自分の言葉で新年の挨拶をする方が相手に気持ちが伝わりますので、できるだけ自分の言葉で伝えるようにしましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする