ちゃんと知ってる??お正月飾りはいつからいつまで飾るの??

年末はとても忙しく、正月飾りをいつ飾るかなんて全く気にしていなかったという方も多いのではないでしょうか。

お正月と言えば門松やしめ縄、鏡餅など神様を迎える準備として行う正月飾りがありますが、正月飾りを飾る際に注意しなければならないのが飾る日にちや外す日にちです。

神様に我が家に来ていただくには正月飾りは欠かせませんので大切な行事の一つです。
では、お正月飾りはいつからいつまで飾れば良いのでしょうか、また処分の方法などはどうすればよいのでしょうか。

<お正月飾り「門松」について>

・門松が正月飾りになったの由来

正月飾りの門松は神様が訪れるための家の目印と言われています。
お正月は神様が地上へ降りてきてそれぞれの家にやってくると言われていますので、その時に神様を迎え入れる準備ができていますという目印に門松を立てるのです。

お正月に地上に降りてくる神様とは豊作や家内安全を司る神様でご先祖様も一緒にやってくると言われています。
では、なぜ神様の目印が門松になったのでしょうか。

門松に使われる常盤木には神が宿る木と言われており、その常盤木の中でも松の木には「祀る」と言う意味があるので神様を「待つ」とも受け取れるということから神様を迎え入れるための目印として門松が飾られるようになりました。




・門松を飾るのはいつから、どのように飾るのか

では、正月飾りの門松はいつから飾れば良いのでしょうか。
門松を飾る時期はクリスマス後、28日までが良いとされています。
12月31日は神様を迎えるお正月までたった1日しかありませんので、「一夜限り」ということになり神様に対して失礼だということで避けなければなりません。

また、12月29日の29という数字は「苦が待つ(末)」と言われているので避ける必要があります。
本当であれば12月29日を除く、12月30日までに飾れば良いのですが、あまりにもギリギリですので、12月28日までに飾るのが一番良いとされています。

飾り方ですが、一般的な飾り方は家の玄関前に左右対称に2本飾ることが多いのですが、2本と決められているわけではありません。
最近は2本飾るご家庭が多いようですが昔は1本のみ飾っていたことが多く、それでも神様の目印として問題ありませんでした。

ただ神社の狛犬を見てもそうですし、「阿吽(あうん)像」のように日本には左右対称の守り神が多いことから門松も左右対象に立て垂れるようになったようです。

・門松はいつまで飾るのか

では、正月飾りの門松の飾り方やいつから飾るのかがわかったところで、この門松をいつまで飾っていれば良いのかですが、門松を下げるのは1月7日までと言われています。
1月7日は「松の内」と呼ばれており、この松の内には門松を下げるとされています。

ただし、松の内は地域によって日にちが異なることがあり、1月15日までを松の内としている地域もありますので、それぞれの地域の風習に従ってもかまいません。

<お正月飾りの「しめ縄」について>

・しめ縄が正月飾りになった由来

お正月飾りのしめ縄は門松より手間や費用がかからないということで飾っているご家庭が多いようですが、しめ縄飾りもいつから飾り、いつまで飾るのか、またどのように飾るのかなどの注意点があります。

まず、しめ縄がお正月飾りになった由来についてお話しましょう。

神話が元になっています。
その神話には天照大神がいつも悪さをする弟に激怒し、岩屋に閉じこもってしまったことが始まりです。
天照大神は太陽の神様です。
天照大神が隠れてしまうと太陽が照ることがなくなり世界は真っ暗になってしまいますので他の神様たちは困り果ててしまったのです。

そこで、天照大神に出てきてもらうために岩屋の前で宴会を開き天照大神の気を引こうとしました。
楽しそうに宴会をしている皆のことが気になり作戦取り岩屋から出てきた天照大神を引っ張っりだし、二度と岩屋にこもらないようにと岩屋にしめ縄を巻き、岩屋を二度と開けられないようにしたのがしめ縄の由来です。

・しめ縄を飾るのはいつから、どのように飾るのか

正月飾りのしめ縄を飾るのはいつからが良いのかということですが、これは門松と同様でクリスマス後から28日までに飾ると良いとされています。
もちろん、29日と31日は門松の時と同じ意味で避けなければならない日です。
もし、28日までに飾ることができなかった場合は12月30日に飾りましょう。

門松を出した時に一緒にしめ縄も飾ると一気にお正月の準備ができるのではないでしょうか。

・しめ縄はいつまで飾るのか

正月飾りのしめ縄をいつから飾るのかは門松と同じだということがわかりました。
では、しめ縄はいつまで飾るのでしょうか。
これも取り外す時期は門松を同じで「松の内」の日には外すようにしますから一般的には1月7日と言われています。

日にちについては地域によって違いますので地域の風習に従っても構わないというのは門松と同じです。

<お正月飾りの「鏡餅」について>

・鏡餅が正月飾りになった由来

お正月飾りの門松やしめ縄に由来があったように、鏡餅にもお正月飾りになった由来があります。
鏡には昔から神が宿るとされています。
どの神社に行っても、神事には必ず鏡が飾られています。

この鏡が鏡餅の由来となっているのですが、鏡は今のような鏡ではなく太古の昔は鏡は青銅でできていました。
この形が今の鏡餅のような分厚く丸い形だったのです。

この形や鏡に神が宿るということから、お正月に神様が家に来てくれた時に神様の居場所として鏡の代わりに形の似た鏡餅を置くようになったそうです。

・鏡餅を飾るのはいつから、どのように飾るのか

お正月飾りの鏡餅はとても大切な役割をしていることがわかりましたが、この鏡餅はいつから
飾れば良いのでしょうか。

鏡餅だけ飾る時期が違い、13日〜28日までに飾ると良いとされています。
ただし、その中でも28日は末広がりの「8」=「八」となっていることから縁起が良い日にちと
言われています。

このことから鏡餅を12月28日に飾る人が多いようです。

・鏡餅はいつまで飾るのか

では、お正月飾りに使った鏡餅はいつまで飾れば良いのでしょうか。
これも門松やしめ縄と時期が違い、鏡餅は1月11日の鏡開きの時に下げると良いとされています。

鏡餅だけいつからいつまでという時期が違いますので覚えておきましょう。

<お正月飾りの処分の仕方>

では、最後にお正月飾りに使った、門松やしめ縄、鏡餅の処分の仕方についてですが、1月15日の小正月と言われる日に各地で「どんど焼き」が行われます。この「どんど焼き」でしめ縄と門松を処分すると良いでしょう。

どんど焼きは神社で行われていることもありますし、それぞれの地域で行われていることが多く、正月飾りに使われた門松やしめ縄に火をくべる行事で、その火に当たると一年間健康に過ごすことができると言われていますので、しめ縄や門松を持っていくだけではなくどんど焼きに参加してみましょう。

もし、どんど焼きに参加できない時は和紙などに丁寧に包み、ゴミの日に処分することもできます。

鏡餅の処分の方法は1月11日の鏡開きの時に家族全員で食べると良いとされています。

<お正月飾りの「いつから」「いつまで」は神様との約束>

お正月飾りの「いつから」「いつまで」という時期の話や飾る方法、処分の仕方などをお話してきましたが、お正月飾りの時期は神様との約束のようなものです。

神様に家に来ていただきその日1年守っていただくためにも「いつまで」という飾る日にちや「いつまで」という下げる日にちをきちんと守りましょう。
気持ちよく神様に来ていただくための、こちら側の精一杯のおもてなしと思いましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする