初詣に着ていきたい!着物選びとコーディネート

「初詣に着物で出かけたい!」と思っていても「着物のことが良くわからない」という方がほとんどではないでしょうか。
実際、着物の種類はたくさんあり格式なども考えているとどの着物を着ていけば良いのか分からなくなってしまいます。

ですが、初詣は洋服で言うジーンズのようなカジュアルな着物でも全く問題ありません。
着物だからと足袋は白と決まっているわけではありませんし、着物の柄なども全く合っていないものを選びさえしなければ問題ないのです。

「そうは言ってもやっぱり難しい」という方のために、初詣に出かける時の全身のコーディネート術をご紹介しましょう。

<着物選びと最低限のマナー>

・着物の種類

初詣の着物コーディネートで一番困るのが着物の種類ではないでしょうか。
いくらカジュアルでも良いと言われても着物に詳しい人でない限りどんな着物にすればわからないという人がほとんどでしょう。

まず、初詣ということはお正月ですが、お正月だからと格式の高い着物を着る必要はありません。
つまり成人式のような派手な着物や振袖、訪問着を着る必要はないということです。
ただし、初詣・お正月ということを考えると縁起のよい椿柄や水仙、干支柄、松竹梅、お正月などのおめでたいことを表現できる着物が良いでしょう。

・パーティの場合は格式を上げて

ただし、初詣の後に目上の人に招かれたパーティに出席するという場合は木綿などの普段着と言われる着物ではなく着物は色無地に小紋などの少し格が高い着物を選ぶようにしましょう。

<着物を着た時の防寒対策>

・首回りが寒い場合

「着物を着たいけれど寒そう」と思っている人も多いのではないでしょうか。
実際に成人式を経験したことがある人は着物は寒いというイメージがあるかもしれません。
しかし、実際は着物はとても暖かいものなのです。

寒い思いをしたという方は防寒対策ができていなかったのでしょう。
それでは、着物でも寒くない防寒対策をご紹介しましょう。

まず、首回りが寒い場合はファーなどを撒くことで改善します。
洋服で言えばマフラーのようなもので、着物ようのファーがありますから、必ず着けるようにしましょう。

着物はどうしても首もとが大きくあきますのでかなり寒く感じます。
首もとが暖かければかなり寒さを軽減することができますし、ファーにも色々な形や長さ、色がありますので着物との色合いなどコーディネートを考えてファーを準備しておきましょう。

参照元:http://oggi.tv/365coordinate

・足元が寒い場合

次に足元が寒い場合ですが、見えない場所である足はくるぶしまでのレギンスを履いても問題ありません。
タイツですと足の指が割れていないので草履や下駄を履きにくくなりますからできれば足首までのレギンスやタイツが好ましいでしょう。

そして、肝心の足先ですが足袋1枚だけではさすがにと寒く、靴ではなく下駄を履くことになりますから靴の時より寒く感じます。
そんな時は足袋の下にもう一枚足の指が分かれている靴下を履くと良いでしょう。

そして、冬用の足袋がありますので、かなり分厚く風を通しにくい素材になっていますから初詣のような真冬に着物を着る時は冬用の足袋を履くようにしましょう。

冬用の足袋と靴下の2枚重ねでかなり温かくなりますし、最近の足袋はとても色々な色や柄があり、昔のような白一色ではありません。

足袋でコーディネートできるほど様々な柄や色がありますので足袋を選ぶのも楽しいものです。

・全身の防寒対策

着物は通常、襦袢と呼ばれる肌着の役割をするものと着物の2〜3枚重ねになっていますが、襦袢などはとても薄いので寒く感じるかもしれません。そんな時は、羽織を羽織るのも良いですし、着物用のコートなどもあります。

最近の羽織はとてもおしゃれにできていますし、着物ようではありませんがケープを羽織るとかわいい着物コーディネートが出来上がります。

<着物のコーディネート法の一つ、着物と帯のバランス>

・華やかな柄の着物なら帯はシックに

着物のコーディネート法として着物と帯のバランスがあります。
着物が華やかな場合は帯は無地やシックなものを選びましょう。
着物も華やかで、帯も華やかになるとごちゃごちゃして見えますので着物の良さが伝わりません。

・無地の着物の場合は帯を華やかに

また、逆のことも言えるので、無地やワンポイントなど着物が無地の場合やシックな場合は帯を華やかにすることで着物の良さも引き立ち、お正月らしい装いになります。
どちらも無地などシックな着物と帯を重ねると地味に見えてしまいますので、着物が無地の場合には帯は華やかのものを選びましょう。

・足袋の色でコーディネートすると上級者に見える

最近の足袋は色々な色があるというお話もしました。
着物のコーディネート法として足袋でおしゃれに見えるようにもなります。
例えば着物は華やかにして帯と足袋の色を揃えてみたり、着物をシックにしたら着物と相性の良い足袋の色にするなど足袋一つで着物コーディネートが上級者に見えます。




<着物に合う髪型と小物>

・シックな着物の場合はかんざしをアクセントに

着物のコーディネートでもう一つ気になると言えば髪型や小物です。
着物の柄が無地の場合には、かんざしなどを華やかな色にするとアクセントになり着物も引き立ちます。
初詣に出かけるのであれば赤や白の大き目のかんざしも良いのではないでしょうか。

また、髪型は着物と言えば髪を結いあげるというイメージがりますが、髪をお団子にするのは鉄板とも言える髪型でとてもキュートに見えます。
しかし、お団子を作って、残った髪をおろしているとおしとやかに見え着物に映えます。

他にも、着物が華やかな時は、かんざしなどはつけずに髪をゆるふわにまとめるととても雰囲気が出て初詣気分になるでしょう。

・着物と同系色にまとめると大人な雰囲気に

着物のコーディネートで上級者向きになりますが、帯や着物、小物などを同一色にすると大人の雰囲気に仕上がります。
例えば、着物はキレイなオレンジ、帯は薄い肌色、足袋も薄い肌色にし、小物は着物と同じような色に揃え、帯締めも着物のオレンジと合わせると、同一色でまとまりやすくなります。

同一色の場合は色の強弱を考え、色の濃いものを着物に選ぶとコーディネートしやすくなります。

・赤と白でまとめるとお正月感アップ

初詣を演出したいのであれば赤と白を基調とした着物コーディネートも良いでしょう。
ただし、着物を白にしてしまうと、もし汚れた時に目立ったしまいますので、着物は黒と白のストライプ柄、帯を白にして帯締めを赤にするなど帯や小物などワンポイントになる部分に赤や白を使うと初詣らしくなります。

ただし、赤や白が合う着物を選ばなくてはなりませんので着物自体はシックな色や柄が良いでしょう。

<上級者向けの着物コーディネートのポイント>

・ドット柄やチェックの襦袢

着物上級者になると肌着の代わりとなる襦袢(じゅばん)を変えることもあります。
基本的に襦袢は白一色なのですが、襦袢をチェックやドット柄にして首元からチラッと見える部分の襦袢を柄物にしてみると上級者向けのコーディネートになります。

参照元:https://jp.pinterest.com/pin

・無地の着物

襦袢を柄物にすると着物まで柄物にすることはできません。
もし、襦袢を柄物にするのであれば着物は無地が良いでしょう。
無地でも明るい色の着物を選んでコーディネートすると襦袢と着物のバランスも良くなります。

・華やかな帯と帯締

コーディネートの基本となりますが、襦袢が柄なら着物は無地、では帯はどうなるのかと言いますと帯は華やかなものを選びましょう。
柄と柄が合わさらないようにすればとても見栄えがよくなりますので、着物が柄物の時は襦袢や帯はシックなものを選ぶようにします。
襦袢が柄物の場合は着物は無地で帯を柄物にすれば柄同士が重ならず着物が映えます。

・帯と合わせた華やかな羽織

足袋は帯の色にあわせるようにし、羽織るものは華やかなものを選ぶと無地の着物とのバランスが良くなります。
華やかな羽織はコーディネートが難しいと思われるかもしれませんが、注意する点は着物に合う色にすることと、帯の柄と羽織の柄を合わせる、または似たような柄にすると、とてもきれいに見えます。

<初詣の着物コーディネートは個性を出せる>

着物はコーディネートが難しいと思われるかもしれませんが、基本的には洋服のコーディネートと似ています。
柄と柄を合わせない、同一色でまとめる、色がそれぞれ違う場合は相性の良い色を選ぶ、小物で統一感を出すなど、色や柄の選び方は洋服とさほど変わりません。

着物の場合は小物が多いので逆にコーディネートしやすいかもしれません。
初詣に着物を来ていけば回りの目も惹きます。
その時に、「あ、あんな着物なら私も来年来てみたい」と思ってもらえるようなコーディネートをしていきたいですね。
カップルの場合は彼の好きな色を取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする