効率よく綺麗にしよう!年末 大掃除のコツとポイント

年末になるとその年1年の汚れを落とす大掃除が始まります。
それぞれの家の大きさや形によって掃除カ所も掃除の規模も変わってきますが、大掃除にはある程度知っておかなければならないポイントがあります。

年末の大掃除を効率よくするためのポイントやキレイに掃除するやり方などをご紹介しましょう。

<年末大掃除をする時期と効率を上げるポイント>

・大掃除をする日を決める

年末の大掃除は12月13日にスタートさせると良いと言われていますが、最近では仕事などの関係でこの日に絶対しなければならないということはありません。
自分や家族の予定で大掃除ができる日を決めましょう。

大掃除は家の規模にもよりますが、1〜2日で終わるものです。
2日間大掃除に時間が取れる日にちを決めます。
決まった日にちまでに大掃除に必要な掃除用品を揃えておきましょう。

また、大掃除の日までに不要なゴミを出さなければなりません。
特に回収が少ないスプレー缶や金属類の不用品は回収日を調べて出すようにしましょう。
ゴミの回収や家族の予定に合わせて捨てられるゴミはできるだけ大掃除までに捨てておきましょう。

・年末の大掃除をする日の前に庭やベランダの大掃除を

年末の大掃除となるととても寒い日にすることになります。
この時期に長時間庭やベランダの掃除をするのは寒さも厳しく風邪を引く可能性もあります。
庭やベランダなど外の部分の大掃除は、12月に入ってから比較的暖かい日に済ませておくのもポイントです。

・年末大掃除の前に行事に合わせて大掃除を終わらせる

年末付近にクリスマスがあります。
クリスマスに自宅でパーティを企画している場合はその時に洗面所やトイレ、玄関、リビングなど正体しているお客様が入る場所を先に大掃除しておくと年末の大掃除がラクになりますし効率的です。




<年末の大掃除をするときのポイント>

⑴ 物を捨てる

年末の大掃除をラクにするポイントはまず物を捨てることです。
衣類は2シーズン来ていないものは今後着ないと予想されますので処分しましょう。
大型のゴミはリサイクルショップにだしたり回収業者に依頼しましょう。
そのほか、ゴミの回収で捨てられるものは各自治体のゴミの日に従って捨てましょう。
物が少なくなれば掃除もしやすくなります。

⑵ 上から下へ掃除する

これは大掃除に限らず掃除の基本ですが、上から下へ掃除するのが基本です。
床や下の方から掃除をすると、あとから電気のかさや天井を掃除した時に床にホコリやゴミが落ちますので再度床掃除をしなければなりません。

汚れは上から落とすのが掃除の基本です。
大掃除の時も「上から下へ」を考えて掃除をしましょう。

⑶ 玄関から見て奥から手前へ掃除する

年末大掃除をする時のやり方として「奥から手前へ掃除する」ということがあります。
これは玄関から見て一番奥の部屋から掃除することで最終的に玄関からホコリを書き出せるようにするためです。

最初に玄関側の部屋から掃除をしてしまうと奥の部屋でホコリが集まった時に、そのゴミを玄関までもっていかなければなりませんので、そこら中にホコリやゴミが落ちる可能性があります。

ですから、大掃除の時は奥から手前へ掃除するようにしましょう。
2階建ての家の場合は2階の奥の部屋から掃除を始めます。

⑷ 水回りから大掃除を始めるとラク

そして大掃除のやり方として、最後に水回りから大掃除をするようにすれば効率よく掃除することができます。
水回りの掃除は水が飛び散りますし、キッチンの場合は油汚れや食べ物のカスも出ますから最初に掃除しておくと後から再度床掃除をする必要がなくなります。

<大まかな大掃除の順番>

家の間取りや作りによって違ってきますが、大まかな大掃除の順番としては

⑴ 大きなゴミや不用品を処分する
⑵ キッチン
⑶ トイレや浴室、洗面所などの水回り
⑷ それぞれの部屋を玄関から遠い順番に掃除する
⑸ 床や廊下、階段など
⑹ 玄関

という順番になります。
もちろん掃除の基本である上から下へということを書く掃除カ所で行います。

<年末大掃除のやり方のまとめ>

年末大掃除は1年の締めくくりの作業です。
しんどいし、やりたくないなと思われるかもしれませんが1年のホコリを祓うということで厄落としにもなりますし、家族で掃除することで絆も深まり小さいお子様がいる場合は新聞紙で窓を拭くときれいになるなど、掃除の知恵を教えながら一緒にすると楽しい大掃除になります。

年末は自分一人で大掃除するのではなく家族で大掃除をすることで、家族の厄払いにもなると言われていますのでみんなで協力して大掃除ができるよう計画してみましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする