どう話してあげたらいい??節分の由来を子供に説明する時のポイント

毎年2月3日は節分の日ということで豆まきをするご家庭もあるのではないでしょうか。
しかし、子供は節分のことを知っていますか?

「節分って何だと思う?」と子供に聞いてみると「豆をまく日」としか答えられないのではないでしょうか。
節分になぜ豆をまくのか、豆をまくことが大切だということを教えてあげれば毎年の豆まきももっと楽しくなるのではないでしょうか。

では、子供が理解しやすいように子供向けに節分の由来などを説明する時のポイントをご説明しておきましょう。

まずは節分について知ろう>

大人が節分の由来など、節分のことを知らなければ子供向けに説明することはできません。
まずは大人が節分のことを知っておきましょう。

・節分の由来

大人からすると節分は「豆をまく」「太巻きを食べる」と言う程度ではないでしょうか。
そもそも節分とは「季節」「分ける」という意味があります。
季節を分けると聞いて思い浮かぶのが「立春」などのように暦の上では春と言われている
時期ではないでしょうか。

実は、この立春などの季節の境目は四季ごとにあるのをご存知でしょうか。
立春、立夏、立秋、立冬、全ての季節の境目に存在しています。
昔はこの4つの季節の境目を全て節分として重要視していました。

しかし、その中でも立春が春の訪れということで四季の中でも一番有難い節分となり2月3日の立春が節分になったそうで、これが節分の由来を言われています。

・節分はいつから始まった?

では、節分の由来が分かったところで、節分とはいつから始まったのでしょうか。
節分の歴史はとても古く、もともと伝わったのは中国からでした。
中国では病気や鬼を祓うために行われていた行事が節分で、その頃は「追灘の儀式」と呼ばれていたそうです。

つまり、病気の元となる災いや鬼を追い払う儀式ということで日本に伝わってきました。
この追灘の儀式が伝わったのは奈良時代だと言われています。
奈良時代にへ大きな疫病が流行り、奈良時代でも病気は鬼や災いの仕業だとされていたため鬼を追い払う儀式として「追灘の儀式」が取り入れられたのが始まりだとされています。

ただし、現在と同じ用に豆をまくようになったのは室町時代からです。
さらに豆まきの時の掛け声である「鬼は外!福は内!」は室町時代からあったと言われています。

毘沙門天の話などは子供向けに話す時によ良いかもしれませんね。

・なぜ豆をまくのか

豆をまく行為も中国から伝わったとされていますが、他にも豆をまくようになった伝承があります。
太古の昔、京都に鬼が出たと大騒ぎになった時に七福神の一人として有名な毘沙門天が聞いたお告げが「鬼の目に豆を投げろ」だったそうです。

その通り鬼の目に豆を投げつけたところ、見事に鬼を退治することができたと言われており、
そこから節分の日に鬼を退治するために豆をまく習慣ができたと言われています。

現在でも「鬼は外!福は内!」という掛け声と共に豆をまきますが、この鬼というのは本物の鬼ということではなく心の中にする潜む様々な鬼を払い出し、新たな気持ちで新しい年を迎えるという意味があるそうです。




<子供向けに節分の由来などを説明する時のポイント>

・豆まきの由来を子供向けにする

子供は神様の話や昔話が大好きです。
中国から伝わった、立春や立夏の話などをしても興味がわきません。
子供は興味がない話を聞くことはありませんので、子供向けに話すなら昔話にして話すと良いでしょう。

そこで先ほどお話した節分の歴史が役に立ちます。
話す感じとしては
「遠い昔、京都で悪さをしていた鬼が現れて、みんな怖くて困っていたんだって。
その時に神様が鬼を退治するために鬼の目に豆を投げつけて退治してくれたから、
その日から節分の日には悪い鬼を鬼を退治するために豆を投げるようになったんだって」
という内容で良いでしょう。

豆まきの由来は鬼を退治するということを話すと子供も興味がありますし、楽しみながら聞くことができます。

・鬼について

豆まきの由来を話すと「鬼」というワードが出てきます。
この鬼に関しても、本当の鬼のことではなく、病気や不作は鬼の仕業ということにして話をすると分かりやすいでしょう。

例えば「今のように何でもものがそろっているような時代ではなかった大昔は病気は鬼の仕業、野菜や果物が育たないのも鬼の仕業、悪いことが起こると鬼の仕業と言われていたんだよ。

そこで、神様が、この鬼を何とか退治しなくてはと【鬼の目に豆をなげるけろ】とアドバイスしてくれたから、鬼を退治することができたんだって」と、鬼は悪いものということを子供向けに話すと良いでしょう。

・豆まきについて

節分の由来や豆まきをすることで鬼を退治できるということがわかりましたが、その年1年健康でいるために自分の年と同じ数だけ食べることも教えてあげましょう。
鬼を退治し、心も健康に体も健康になるというのが節分だということを教えてあげるためには
豆を片づけている時に話してあげると話やすいですし、子供向けにも伝わりやすくなります。

<節分の由来を子供向けに説明する時は昔話を利用する>

子供は物語や昔話が大好きです。
しかし、節分の由来などを説明するとなると難しくなってしまいます。
そんな時は全ての話を昔話風にしても良いのではないでしょうか。

子供向けに話をする時は物語風にして話すと伝わりやすいでしょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする