ひな祭りのひな人形などの飾りはいつまでに片づければよいの?

3月3日のひな祭りは女の子を持つ親にとっては喜ばしい日です。
娘が健康で健全に成長できるようにという親の願いが込められています。
女の子がいるご家庭では「ひな人形」を飾ることが多いと思いますが、ひな人形は
いつ頃飾り、いつまでに片づければよいのでしょうか。

ひな人形は片づけが遅れると「嫁に行き遅れる」と言われていますが、本当なのでしょうか。
では、ひな祭りに飾られるひな人形をいつ飾り、いつまでに片づければよいのかお話して
いきましょう。

<ひな人形はいつ頃から飾るのか>

ひな祭りは新暦や旧暦、二十四節気と呼ばれる日取りに合わせて飾ります。

ひな人形を飾るのは節分の翌日である2月4日頃の「立春」から2月中旬ごろが良いと
されています。
2月3日の節分は厄払いでもありますから、厄払いをしてからひな人形を飾ると良いでしょう。

また二十四節気で言うと「雨水(うすい)」という時期に飾ると良いと言われており、
地域によっては二十四節気に合わせるところが多いようです。
雨水という時期は雪や氷が溶けだす頃で、雪が降るのではなく雨水が降り注ぐ日という
意味があります。
雨水にあたる日は2月18日、2月19日になります。

立春か雨水の頃にひな人形を飾ると良いようですが、遅くともひな祭りの1週間前までには
飾りつけを済ませるようにしましょう。




<ひな人形はいつ片づけるのか>

・ひな人形はいつまでに片づける?

ひな人形を片づける時期として旧暦の4月3日までに片づけるという地域もあれば、3月3日が
終わればすぐに片づけるという地域もあります。
できれば3月中旬ごろまでには片づけた方が良いのですが、地域によって違いますので、
地域の習慣に従ってかまいません。

旧暦の場合は4月3日ごろから4月中旬ごろまでには片づけましょう。

・片づける時期が遅れると「お嫁に行き遅れる?」

よく、ひな祭りの飾りを片づけるのが遅れると「お嫁に行き遅れる」ということを聞きますが
果たして本当なのでしょうか。

これは全くの迷信で、ひな人形の片づけが遅くなったからと言ってお嫁に行き遅れえるという
ことはありません。
この迷信が出回ったきっかけは「片づけもきちんとできないようでは、きちんとした女性に
なれず、お嫁にもらってくれる人もいませんよ!」ということで、しつけの意味を込めて
昔の人が発した言葉がきっかけだと言われています。

ですから、ひな人形を片づけるのが遅くなったからと言ってお嫁に行く遅れるということは
ありません。

ただし、ひな人形はとてもデリケートなものですのでよく晴れた日に片づけるようにしましょう。

・雛人形を片づける時は「晴れた日に」

婚期を逃すから急いで片づけなくてはと、湿気の多い雨の日や曇りの日に片づけるのは
NGです。
ひな人形は絹やレーヨン生地を多く使っているため湿気にとても弱いのです。
ですから、湿気の多い雨や曇りの日に片づけてしまうと、カビやシミができる原因になって
しまいます。
ひな人形を片づける時は、必ず天気の良いカラッと晴れた日に片づけるようにしましょう。

<ひな人形の飾りをいつまでに片づけるかはお天気次第>

ひな人形の飾りをいつまでに片づけるのかも気になるところですが、ひな人形はとても
デリケートなものです。
婚期を逃すということもありませんから、天気と相談しながらひな人形を片づけるように
しましょう。

できれば、先ほどお話した期間内にひな人形や飾りを片づけることができればよいのですが、
もし過ぎてしまっても焦らず天気の良い日に片づけるようにしましょう。

ただ、あまり大幅に片づけるのが遅くなってしまうのは避けましょう。
あまり片づけるのが遅くなってしまうと、せっかくの楽しいひな祭りも台無しになって
しまいます。

ひな人形は簡単に片づけることができませんから、余裕のある日にゆっくり片づけましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする