教えて!30代の母親が入学式でオシャレに見える服★

入学式は子供も親もドキドキする1日になります。
期待と不安が入り混じる中、一生に一度の想い出になりますから母親もオシャレして式に参加したいですね。

しかし、入学式の主役はあくまでも子供です。
30代の若いお母さん世代は色々オシャレをしたい気持ちもわかりますが、主役の子供より目立ってしまっては台無しです。

そこで、入学式にぴったりな華やかで品の有る服装をご紹介しましょう。

<入学式に母親が着る服装で注意すべき点>

・必ずジャケットを着ること

30代のお母さんなら正式な場所にはジャケットを着用することはご存知だと思いますが
年の為書いておきましょう。
入学式や卒業式など正式な場では必ずジャケットが必要です。
服装はワンピースやスーツなど色々ありますが、特にワンピースの時でもジャケットは
必ず着用するようにしましょう。
正式な場ではジャケットを着用するのがマナーとなります。

・色は明るめが良い

卒業式の場合は別れの場でもありますからダークカラーがマナーということで
ブラックフォーマルが相応しい服装になりますが、入学式の場合は明るい出発の場ですから、母親が着る服装も黒や紺などのブラックフォーマルではなく明るめの色が良いでしょう。
パステルカラーや白・ベージュなどが適しています。
明るめの色と言ってもあまり派手すぎる服装は子供より目立ってしまいますから
控えましょう。

・柄のストッキングはNG

30代のお母さんで失敗しがちなのがストッキングです。
オシャレにと思って柄のついたストッキングを履く人がいますが、入学式のような神聖な式で柄付きのストッキングはNGです。

肌色などの明るい色が好ましいでしょう。

・コサージュは黒など暗い色や派手すぎる色も避ける

入学式の服装に華やかさを出すためにコサージュを付ける人が多いのですが、入学式は
明るいイメージのコサージュにしましょう。
明るいと言っても派手すぎるものは悪目立ちしていまいます。

また、黒を基調とした暗めのコサージュも入学式にはふさわしくありませんから
コサージュの色は明るめの色にしましょう。

・全て真っ黒の服装はNG

30代のお母さんで多いのが全身真っ黒の服装です。
ワンピースもパンツスーツ、スカートスーツ、全てそうですが全身黒の服装は入学式には
向いていません。

入学式は明るめのイメージの服装が良いので全身真っ黒のコーディネートは避けましょう。
黒が良いということであれば上下どちらかを黒にするか、黒のスーツの場合は小物の
色を考えましょう。

・スカートは膝上丈はNG

30代のお母さんにはあまり見かけないかもしれませんが、念のために書いておきます。
ワンピースやスカートスーツにする場合、スカートの丈はひざ下にしましょう。
ひざ上丈のスカートは短すぎて上品さが欠けます。

スカートを履く場合はひざ下丈、もしくはひざ丈くらいのスカートが好ましいでしょう。

・ネックレスは真珠(パール)

入学式の服装は上品な感じになりますからネックレスをつけるとすれば真珠が良いでしょう。
できれば真珠以外のネックレスはしない方が失敗しなくて良いのですが、どうしても真珠がイヤだという場合は派手なものは避け、ゴールドも避けた方が賢明でしょう。

小さな石がついている細目のネックレスなら合うのではないでしょうか。

・清楚で上品服装やヘアスタイルを心がける

30代のお母さんは、ある程度状況を把握することができますし、入学式にはどのような
服装がふさわしいかなどがおわかりだとと思います。
入学式は清楚で上品な服装とヘアスタイルになるように心掛けましょう。
ヘアスタイルも服装に合わせて清楚な雰囲気になるようにしたいですね。




<30代の母親が入学式に着るオシャレな服装>

では、30代のお母さんが入学式に着るオシャレな服装をご紹介していきましょう。

・柔らかい色で統一感を出す

入学式の定番と言える服装ですが、明るい色のベージュはサーモンピングなどの柔らかい
色合いのスカートスーツはとても上品で統一感が出ます。
インナーとなるブラウスもスーツの色に合わせて白などにすると良いでしょう。
フリルやプリーツのついてるブラウスにするとワンポイントとなってオシャレに
見えます。

首元のワンポイントとして真珠のネックレスをすると華やかさが出るでしょう。

・上下色の違う服装で立体感を

上下を違う色にして立体感を出すのも良いでしょう。
例えば、上は白、スカートは黒にすると下半身がすっきりして見えるので細めに映ります。
ジャケットが真っ白の場合はウエスト部分に黒の光沢のないベルトをすることで引き締まって
見えます。

ジャケットが白の場合は胸元のコサージュは春を表す色にするととても上品になりますし、
入学式という春らしさが出るでしょう。
バッグや靴はスカートに色と合わせると統一感が出ます。

・堅苦しくないワンピースで

入学式にワンピースを着る30代のお母さんも多いのではないでしょうか。
ワンピースは堅苦しくないですし、入学式以外でも着ることができますのでとても人気です。
ワンピースの場合はスカートの丈に注意しましょう。
短くてもひざ丈くらいのワンピースにしましょう。

ワンピースの場合はジャケットを着用するのを忘れないようにしてください。
入学式などの正式な場ではジャケットを着用するのがマナーです。

コサージュはワンピースの色がシックな場合は白やパステルカラーなど淡い色にすると
柔らかい雰囲気になります。

・ドット柄を取り入れてオシャレに

上下違う色にする際に、スカートをドット柄やプリーツスカートにするととても
オシャレに見えます。
スカートは紺や黒などのドット柄やプリーツスカートにし、ジャケットを白やベージュなど
淡い色にすると引き締まります。

プリーツスカートは風にそよぎますから春に行われる入学式にぴったりですし、
合わせるジャケットの色によって上品にもシックにもできますから一つは持っていたい
アイテムです。

ジャケットの色が淡いのでコサージュで華やかさを持たせると良いでしょう。

・デザイン性と機能性が高い服装

30代のお母さんが入学式に着る服装で多いのがスカートスーツでも機能性やデザイン性が
高いものです。
スカートだけでも使える、ジャケットだけでも使えるという機能性が高い服装を
選ぶ方が多いのではないでしょうか。

このようなスーツには色々なカラーがありますが、グレーのスーツにウエスト部分に黒のリボン
がついているスーツは引き締まって見えます。

ボタンで留めるのではなくリボンでとめるというところはデザイン性が高いですね。
スカートの裾も少し広がっているような感じですと雰囲気も柔らかくなり、マーメイドスカート
のようになりますので可愛しさもUPします。

・かっこいいパンツスーツも人気

以外と30代のお母さんに人気なのがパンツスーツです。
パンツスーツの場合、スタイルを良く見せるのが難しいと思われるかもしれませんが
スーツの色やブラウスの色、ベルトの色などでスタイルが良く見えるようになります。

スーツはシックな色にし、ブラウスは白と黒のストライプや細かいギンガムチェックにすると
とてもスタイリッシュに見えます。
パンツスタイルは楽だからというお母さんが多いようですが、着方でとてもかっこよく
見えるのがパンツスーツです。

しっかりした印象になりますから、上品さもありますし、入学式には失敗しない服装の
一つです。

<30代のお母さんが入学式に着る服装は上品さが重要>

20代の若者のような服装をしていてはさすがに悪目立ちしてしまいます。
ましてや入学式ですから子供を持つ母親としてマナーを守って行動するということを
子供に証明する場でもあるでしょう。

ですが、一生に一度の入学式ですからお母さんなりにオシャレも楽しめるよう、
マナーに注意して入学式のオシャレを楽しみましょう。

30代のお母さんの場合、上品さに注意して服装やヘアスタイルを選ぶと失敗しないので
はないでしょうか。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする