どうにかしたい。花粉症による咳が止まらない時の緩和方法

花粉症が原因で咳が止まらないという方がいらっしゃいます。
花粉症と聞くと鼻水や鼻づまり、目のかゆみのイメージが強いようですが、咳も花粉症の症状の一つです。

ですが、風邪ではありませんから風邪薬では花粉症の咳は緩和されません。
また、薬に頼るのではなく自然な方法で咳を緩和させたいという方のために、できるだけ自然な形で咳を緩和させる方法をご紹介しましょう。

<花粉症による止まらない咳を緩和させる方法>

・痰に効果が高いと言われるパイナップル

パイナップルが痰に効果があると言われているのはご存知でしょうか。
パイナップルに含まれるプロメラインという成分は痰を抑えたり、喉を潤す効果があると
言われています。

さらにタンパク質分解酵素がありますので、喉にはりついた花粉や痰を剥がして排出する
作用もありますので咳を止めるにはパイナップルジュースが良いと言われています。
喉を使う仕事の方も、仕事前にパイナップルジュースを飲むと喉を守ることができます。

・ハチミツレモンを飲む

ハチミツレモンは昔から咳に良いと言われています。
レモンを輪切にしハチミツに漬けておくだけでできますから簡単です。

レモン漬けておいたハチミツをお湯や紅茶などで割って飲むととてもおいしいですし、
ハチミツには強い殺菌効果がありますから喉の炎症も和らげてくれます。

また、レモンにはビタミンCやクエン酸が豊富ですから免疫力も上がり咳を緩和してくれる
でしょう。

・ツボを押す

咳を応急処置として止める方法としてツボを押すという方法があります。
咳を抑えるツボは「天突」というツボで、鎖骨と鎖骨の中間にあります。
このツボを押すと呼吸を整え、痰を抑える効果があると言われていますから、
とにかく咳を抑えたいという方はこのツボを押さえてみましょう。

・うがいをする

咳がひどい場合に緩和する方法として一番簡単な方法が「うがい」です。
うがいをすると気道についた花粉を取り除くことができますし、炎症した喉を冷やして
潤すこともできます。

喉が潤うことで痰の出方も緩和されます。
一番簡単な方法ですので積極的に行いましょう。

・部屋の湿度を上げる

咳を止める方法として、まずは部屋の湿度を上げましょう。
花粉は湿度の高いところでは飛散しにくいですし、咳を和らげるためにも湿度を上げる
ことは大切です。

加湿器で湿度を上げる場合は問題ありませんが、タオルなどを干して加湿する場合は、
洗濯機で脱水をかけたものではなく、手で絞ったタオルにしましょう。
脱水をかけているタオルは早く乾燥してしまいますから、湿度が下がってしまいます。

自分の手で水が落ちない程度に軽く絞り、部屋に干しておきましょう。

・マスクを着用する

花粉が原因で咳が出ている場合は花粉が喉に侵入するのを防がなくてはなりません。
そのためにはマスクは必需品ですし、マスクをすることで加湿にもなります。

特に外に出る時はマスクをすると花粉を防ぎ喉を潤すという一石二鳥の状態になりますから
うがい同様、簡単な方法で咳を緩和することができます。
また、寝る時もマスクをしていればそれだけで加湿になります。

・熱い緑茶を飲む

緑茶は殺菌成分が含まれるということはご存知かと思います。
京都のある小学校は水道をひねると緑茶が出てくるそうですが、水道から緑茶を出すように
してから風邪をひく生徒が減ったそうです。

また、インフルエンザの予防として緑茶は必須と言われています。
それほど殺菌効果の高い飲み物ですから、その緑茶を温めて飲むことで、喉が潤い
殺菌にもなりますから咳の緩和になるでしょう。




<市販の薬を買う時は、完全に咳を止めてしまわない方が良い>

自然に治った方が一番ですが、どうしても咳が辛くてすぐに緩和させたいという場合は
薬も必要です。

病院に行くまでもないという場合は市販の薬を購入することになりますが、冒頭でも
お話しましたように風邪薬では咳は止まりません。
花粉が原因の場合は、それ専用の薬が必要です。

最近ではどこのドラッグストアでも薬剤師が在中していることが多いので、聞いてみると
一番早いでしょう。

ただし、咳や痰は悪いものを外に排出しようとしていますので完全に止めてしまうと
菌が体内で繁殖してしまいさらにひどい状態になる可能性があります。

咳を緩和しつつ菌は体外へ排出してくれるような薬が良いので、このことを薬剤師に
相談してみてください。

咳は鼻水が止まることで症状がでてきます。
市販にあるチクナインは花粉症の薬として有名ですが、チクナインは一旦鼻水や痰の量が
増えてしまいますが、無理に鼻水や痰を止めるのではなく体外に出そうとする薬です。

つまり、咳も緩和されますし、鼻水や痰で対外に悪いものを排出することで咳以外の
症状も緩和していくということでチクナインが有効だと言われています。

ただし、人それぞれ体質がありますから合わない可能性もあります。
市販の薬を購入する場合は症状は持病など詳しく薬剤師に相談してから購入するようにしましょう。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする