辛い。。花粉症による頭痛を緩和する正しい対処法

花粉症の季節になると頭痛を伴うという方も多いのではないでしょうか。
花粉症による頭痛の原因は鼻づまりが大きな原因だと言われています。
ただ、花粉症と言っても進行具合によって対処法が異なってきますので、花粉症による頭痛を緩和させる正しい対処法をご紹介しましょう。

<花粉症による頭痛の原因>

・鼻づまりで酸欠状態に

まず、花粉症が原因で頭痛が起こるメカニズムを把握しましょう。
花粉症になると鼻が詰まります。
この鼻づまりが原因で脳に送られる酸素量が減り、脳が酸欠状態になることで頭痛に繋がっているのです。

花粉症による鼻づまりはアレルギー反応を起こしていますので、鼻の内部が腫れあがっている状態です。
ただでさえ鼻づまりで酸素が通りにくい状態の上に腫れあがっていることでさらに脳に酸素が行きにくくなっています。

そのため頭が重苦しくなったり頭痛を起こしりするのです。

・睡眠不足や緊張による肩こり

これも鼻づまりが大きな原因となりますが、鼻が詰まることで呼吸が苦しくなかなか寝付けないという方がほとんどです。
寝付くまでに時間がかかりますし、やっと眠れたと思ったら息苦しくなりまた起きてしまうということが繰り返されます。
そのため寝不足状態になり頭痛を起こすことがあるのです。

また、くしゃみが連続して出るのも花粉症の症状の一つです。
連続するくしゃみや鼻づまりが原因で筋肉が緊張して首や肩が凝ることがあります。
この、首や肩の凝りも頭痛の原因となっています。

・副鼻腔炎が原因かも

もしかすると頭痛の原因は花粉症ではなく「副鼻腔炎」の可能性があります。
副鼻腔というのは目の下あたり(鼻の横)のことを言いますが、この副鼻腔が炎症を起こすと副鼻腔炎となります。
副鼻腔炎になると、その周囲に痛みが出るため頭痛と伴う可能性があります。

急性副鼻腔炎の場合は鼻が傷みますが慢性副鼻腔炎の場合は副鼻腔周辺より頭痛や歯が痛くなることがありますから、もし年中鼻が詰まっているような状態の場合は副鼻腔炎の疑いがありますから耳鼻科を受診しましょう。

<花粉症による頭痛を緩和させる方法>

・鼻を温めて鼻づまりを解消する

花粉症による頭痛を緩和させる方法として一番有効なのが鼻づまりを解消することです。
花粉症による頭痛のほとんどが鼻づまりから来ていますから、鼻づまりを解消することが
一番の近道です。

鼻づまりを解消する方法として、まず挙げられるのが温めるということです。
温かいタオルを鼻に欠けたり、マスクをして自分の息で鼻を温めるという方法もあります。

また、お風呂に入ったらすぐに寝るようにすれば体がまだ温かい状態ですから
鼻も通り寝やすい状態になります。
お風呂から上がって時間がたつと体や鼻が冷えて、せっかく通っていた鼻が、また詰まって
しまいますから、なかなか寝付けず寝不足になってしまいます。

ほかにも脇に物を挟み、自律神経を刺激することで鼻づまりを解消するという方法も
あります。

・喫煙に注意

花粉症の人にとってタバコは良くありません。
タバコは刺激物です。
呼吸器系の最重要臓器である肺に悪影響があり、花粉症が悪化する可能性があります。
また、タバコは血管を収縮させる作用がありますから、血管が酸素を運びにくくなるため
頭痛の原因にもなります。

・適度に運動をして免疫力を上げる

花粉症による頭痛を緩和させるために根本的な治療となるのが免疫力を上げることです。
免疫力が上がると花粉症に負けやすい体になります。

花粉症は急になると言われていますが、大人になってから花粉症になる人が多いのは
免疫力が落ちてきている証拠です。

免疫力が落ちたところで花粉症になるということは、免疫力を上げると花粉症になりにくく
なります。

適度に運動をしたり、室内でできる運動でも良いですし、身体を定期的に動かし
免疫力を上げましょう。

また、油物や肉料理ばかりの食生活は免疫力が低下すると言われていますから、野菜を
たくさん食べられる和食を中心にしたメニューにしてみましょう。

・睡眠不足を解消するために昼寝をする

鼻づまりによる頭痛を解消するために応急処置的な方法として昼寝をすると良いと
言われています。
昼寝ができる人とできない人がいるかもしれませんが、お仕事がある人はお昼休みの
10分でもぐっすり眠ることができれば頭痛が緩和されます。

睡眠不足になっている分、どこかで睡眠を補うことで頭痛を緩和することができますから、
頭痛がある場合は昼寝をするのも一つの方法です。

<花粉症による頭痛が緩和しない場合は医療機関を受診する>

花粉症が原因の頭痛だからそのうち治るを思っていませんか?
ですが、花粉症の症状が出ている時期はとても長く頭痛が長引く可能性もあります。
また、頭痛がひどくなる場合もありますから、花粉症が原因でも頭痛がひどい場合は
倦怠感がひどい場合は我慢せずに医療機関を受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする