この症状はどっち?花粉症の症状と風邪の違いを見分ける方法

花粉症は国民病とも呼ばれています。
花粉症の症状は風邪の症状と似ているため、見分けがつきにくいが現状です。

花粉症の症状はくしゃみや鼻水、鼻づまり、時には咳も出ます。
そのため花粉症と風邪を見分けにくいのです。

しかし、花粉症と風邪の症状には違いがありますから、もし花粉症の症状があるようでしたら
耳鼻科や眼科を受診しましょう。

<花粉症と風邪を見分けるポイント>

・発熱

さすがに花粉症で発熱はないだろうと思われるかもしれませんが、花粉症でも微熱が出る
場合があります。
風邪の場合は発熱がある場合もありますが、花粉症の場合はほとんどありません。
あっても微熱程度ですから発熱に関しては、熱が出れば風邪と疑った方が良いでしょう。

・鼻水

鼻水は花粉症でも風邪でも出る症状ですから一番見分けにくいところです。
ですが、鼻水でも風邪と花粉症を見分けることができます。

まず、花粉症の場合はサラサラした水のような鼻水です。
下を向くと鼻血くらいのスピードで「スーッ」っと出てくるようなサラサラ度です。

一方風邪の場合は最初はサラサラした鼻水でも、だんだん粘着性の鼻水に変わりますし、
色がついていれば風邪の鼻水です。

・くしゃみ

花粉症の場合と風邪の場合、くしゃみの出方が全く違います。
花粉症などのアレルギー系のくしゃみは連続して何度も出ることが多いのに対し、
風邪の場合はくしゃみが出ても連続で出ることはほとんどありません。

風邪の場合はくしゃみが出ることがある程度ですから、くしゃみが連続して出る場合は
花粉症かホコリなど何らかのアレルギー反応だと思った方が良いでしょう。

・鼻づまり

花粉症と風邪の鼻の詰まり方に違いがあるのかと思われるかもしれませんが、鼻づまりでも
見分けることができます。

まず、花粉症の場合は鼻づまりの症状がひどいので両方の鼻がつまることが多いのです。
しかし、風邪の場合は両方同時に詰まることはほとんどありません。
両方の鼻が詰まってしまった場合は花粉症の疑いがあるでしょう。




・目のかゆみ

典型的な違いとして目のかゆみがあります。
風邪で目はかゆくなりませんが、花粉症の場合、目がかゆくなることがよくあります。
目がかゆいと感じたら花粉症かもしれません。

・症状が続く期間

花粉症が続く期間と風邪が続き期間でも見分けることができますが、風邪の場合
ぶり返すということもありますから、期間はあまり気にしない方が良いかもしれません。

ですが、通常風邪は1週間ほどで完治しますが、花粉症の場合は花粉が飛んでいる期間中は
ずっと続きますので、長い場合は数か月に及ぶこともあります。

もし、風邪だと思っていたけどあまりに症状が続くようであれば医療機関を受診しましょう。

・天気が関係あるのか

花粉症と風邪を見分けるポイントとして天候もあります。
風邪の場合は天候に関係なく症状が出ますが、花粉症の場合は晴れや風邪の強い日に
症状がひどくなります。
もし、雨の日は症状が軽く、風が強い日や晴れの日に症状がひどくなる場合は花粉症を
疑いましょう。

<花粉症と風邪の症状の違いは意外と見分けやすい>

ここまで、花粉症と風邪の症状の違いをご説明してきましたが、こうしてみると意外と
見分けられると思われたのではないでしょうか。
鼻水や鼻づまりなんて見分けがつかないと思っていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、鼻水も鼻づまりも風邪と花粉症とでは症状が違いますから見分けることができます。
花粉症を放っておくとかなり辛くなりますから、もし当てはまる症状があれば医療期間を受診しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする