失敗したくない!子供の入園式・入学式の年代別ママのスーツ選びと注意点

子供の入園式や入学式は子供たちが一番輝く晴れの舞台です。

始めていく園や学校にドキドキワクワクしながら胸を膨らませていることでしょう。

人生の中でも節目となる大切な式典に出席するのですからママの意気込みも相当なものではないでしょうか。

しかし、ちょっと待ってください。本当にその服装で大丈夫ですか?

子供のために一生懸命になる気持ちはわかりますが、一生懸命になりすぎて周りを見渡すと浮いているということになりませんか?

式典に出席するママの年代は様々です。女性の場合は和装も洋装もあります。

入園式や入学式にしてはいけないマナーを知らなければ子供を大切にしているつもりが、子供に恥をかかせてしまうことになります。

では、今から、それぞれの年代に応じてどのような服装が入園式や入学式にふさわしいのか、また服装の注意点はどんなところなのかをご説明していきましょう。

<20代のママの入園式・入学式ファッションと注意点>

・スーツの色

卒園式や卒業式はその園を無事修了したという式典ですが、お別れの式典でもありますので、スーツの色は黒やグレーなど暗めの色のスーツを着用します。

しかし、入園式や入学式は新しい門出の式典で御祝いの意味もあります。

季節は春ということで、スーツの色はベージュや白、ピンクなど春らしい淡く明るい色を

選ぶようにしましょう。

・スカート丈は少し膝上までにしておこう

スカート丈はいくら短くても膝が少し見える程度の「少し膝上」くらいまでにしておきましょう。20代と言っても母親ですから、落ち着いた雰囲気も必要です。

ですが、20代ですからオシャレにも気を配りたい気持ちもわかりますのでスカート丈は

少し膝上までにしておきましょう。

・柄のついたストッキングはNG

入学式や入園式に着用するストッキングはベージュが基本です。

服装に合わせてブラックを着用する場合もありますが、ブラックの場合はデニールが濃すぎないようにしましょう。

そして、ストッキングのNGは柄のついているもの上品さに欠けるのでNGです。

網目になっているストッキングも控えましょう。

・TPOをわきまえた服装で

20代にありがちなのが、その場の雰囲気に合わせることができていない服装です。

入園式や入学式という厳かな式典では若いからと言ってTPOをわきまえない服装は品格を疑われてしまいます。

これでは、ママも子供も、せっかくの門出が苦い思い出になってしまうので、TPOをわきまえた服装を選びましょう。

<30代のママの入園式・入学式ファッションと注意点>

・清楚で落ち着きのある服装を心がける

30代になるとある程度落ち着いてきますので、20代の時のようにスカート丈を気にしたり、アクセサリーはこれでないと嫌だということも少なくなってきます。

30代のママは、「清楚で上品」という印象をイメージして入園式や入学式の服装を選ぶようにしましょう。

基本的に、スーツの色やストッキングについてなどは、20代と同じです。

それ以外のところで清楚で上品さを演出できる服装をご紹介しましょう。

・ワンピースにジャケットを羽織ると年代に合った服装になる

スーツにはパンツスーツやスカートスーツなど色々ありますが、上品さを求めるなら、ワンピースにジャケットを羽織ると良いでしょう。

ワンピースとジャケットはセットでよく販売されています。

20代ならワンピースだけでも良いのですが、30代のママの場合はセットになっているジャケットを羽織ると年齢に応じた上品さが出てくるでしょう。

・小物の色にも注意する

小物と言えば、コサージュやバッグ、ネックレスになりますが、ネックレスはパールが定番ですが、パールでなくてもかまいません。

しかし、あまり派手になりすぎないようにしましょう。

コサージュやバッグもスーツに合うよう、上品な淡い色の物か、黒などが合わせやすいでしょう。

・全身真っ黒はNG

30代でよくやりがちがのが、落ち着いた雰囲気が良いということで黒のスーツ、黒の靴、黒のバッグと全身真っ黒でコーディネートしている人がいます。

入園式や入学式は新しい人生の門出ですから、暗いイメージのある黒は避けなければなりません。

入園式や入学式は華やかさが必要ですので、全身真っ黒のコーディネートは避けましょう。



<40代のママの入園式・入学式ファッションと注意点>

40代になると、ブランドものを身に着けることも多くなりますし、大人の装いをしたいと

思う人が多いのではないでしょうか。

また、体形が気になってくる年代でもありますので、40代がしてしまいそうなNG服装を

ご紹介していきましょう。

スーツの色やストッキングの色、小物などは20代、30代と同様です。

・インナーにキャミソールよりブラウスの方が好印象

40代のママに多いのがスーツのインナーにキャミソールを着用していることです。

二の腕の太さを少しでもカバーしたいという人もいるでしょう。

しかし、キャミソールをスカートやボトムスにインしてしまうと不格好ですし、

かと言って外に出しているとだらしなく見えます。

インナーはブラウスにしてスカートやボトムスにインしている方が大人の印象を

与えることができるでしょう。

そして、季節は春だと言っても、まだまだ寒い時期です。

インナーがキャミソールではかなり寒いので、ブラウスにしておきましょう。

・ブランドを持つ年代でも、スーツはフォールスーツの方が嫌味がない

人生の節目となる入園式・入学式だからと気合を入れてブランドのスーツを着用する

40代ママもいますが、数十万するブランドスーツは嫌味に見えてしまうことがあります。

子供の入園式や入学式ではブランドではなく、フォーマルスーツにしておくほうが無難です。

・体形隠しのチュニックはNG

40代が一番してしまいがちなNG服装は体形隠しのチュニックです。

チュニックはどうしても「おばさん」というイメージが強く、大人の印象というより老けて見られることが多いのです。

体形が気になる年代ですが、チュニックは避けたほうが良いでしょう。

年代的なものと体形隠しということで着物を着用する人もいるかと思いますが、着物を

着るのであれば明るめの色の訪問着にしましょう。

お祝い事に着る黒留袖は結婚式には最適ですが、入園式や入学式には重すぎますので訪問着にしておきましょう。

<パパの服装は?>

これまで、ママの服装についてお話してきましたが、パパの服装はどうすればよいのでしょうか。

基本的に男性の方は卒園式・入園式、卒業式・入学式ともに黒のスーツで良いので、あまり注意する点がないのです。

黒のスーツにシャツやネクタイは明るめの色にすれば問題ありません。

<入園式・入学式の服装マナーでNGな服装のまとめ>

では、これまでお話してきた中で、服装のマナー違反になることだけは避けたいのでまとめておきましょう。

・靴、ストッキング

靴の色は服装に合わせた色にしましょう。

ヒールは3~5cmまでと、あまり高くないものにし、パンプスが最適です。

間違ってもミュールなどつま先やかかとが出るような靴は辞めましょう。

素材はフォーマルな場所ということを考慮して、ラメ素材のものは避けましょう。

・スーツの色に注意

スーツの色は明るめのパステルカラーが良いでしょう。

白、ピンク、ベージュなどは好印象を持たれますので、入園式や入学式では定番の色となっています。

パパの場合は黒のスーツでも構いませんが、ママは明るめのスーツにするとTPOをわきまえた服装になるでしょう。

ただし、派手すぎる色は厳禁です。

・バッグ、アクセサリー、ネイル

バッグは小さめのバッグで布製や革製のものが良いでしょう。

黒のバッグを持つ人が多いのですが、黒でなくてはならないというわけではありません。

服装に合うバッグの色を選びましょう。

ただ、式典が終わると書類を受け取ったり、持ち帰るものが多いのでサブバッグをたたんで入れておくと便利です。

アクセサリー(ヘアアクセサリー含む)はおおぶりなもの避け、小さめの上品なものにしておきましょう。

ネックレスならパールが無難です。

パールなら卒園式や卒業式にも着用できるので、一つ持っていれば重宝します。

入園式や入学式はとても喜ばしいことです。

ですが、親の服装次第で子供にとってうれしい入園式や入学式ではなくなってしまうかもしれません。

子供が主役ですから、ママやパパは子供より目立つような派手な服装は控えて上品さを大切にしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする