ハロウィンのお菓子のかわいいラッピング方法

ハロウィンでは、仮装した子供たちが「Trick or Treat!」と言いながらそれぞれの家庭に回ってきます。
たくさんの子供たちが来るということで手作りのお菓子を準備する人もいるのではないでしょうか。
そんな手作りお菓子をラッピングするためのハロウィンらしいラッピングをご紹介しましょう。

<ハロウィンらしいラッピング>

・画用紙を切り抜いて容器や袋に張り付ける
この方法を使うと簡単にハロウィンのラッピングを作ることができます。
用意するのは色画用紙とマーカーペンとのりだけです。
おばけやコウモリ、骸骨などを色画用紙で作り、目や骨格などマーカーペンでかわいく仕上げて、あとはラッピングする包装紙や容器に張り付けるだけでハロウィン仕様のラッピングができあがります。

・容器自体をハロウィン仕様にする少し凝ったラッピングにしたいという方は、お菓子をラッピングする容器自体を作ってみましょう。
魔女ハットを作り、その中にお菓子を詰め合わせてみたり、かぼちゃを色画用紙や和紙などで作り、中にお菓子を詰め合わせてみたり、白い袋におばけの手をつけて目や口を書けばお化けの容器ができます。
少し手間がかかりますが、子供たちが喜んでくれることは間違いないでしょう。

・100円均一の商品を使ってラッピングも色々購入していると意外とお金がかるものです。
そこで役に立つのが100円均一ショップです。
ハロウィンの時期になるとたくさんのハロウィングッズが販売されています。
その中にはラッピングに使えそうなものもたくさんありますので、できるだけ安くラッピングを仕上げたいという人は100円均一ショップのハロウィンコーナーを覗いてみましょう。




<趣向を凝らしたハロウィンラッピング>

・ボックス型の容器に蜘蛛の巣模様のラッピング
これは、ボックス型の容器を使用した場合にできるラッピング方法ですが、ボックスを包装紙で包んでも包まなくてもかまいません。
ボックス自体がハロウィンぽくなければ包んだ方がよいのですが、包装紙自体はあまり関係がないので、どちらでもかまいません。
ボックスに紐のラッピングをするのですが、その紐を蜘蛛の巣状にラッピングしていきます。
たったこれだけでとてもハロウィンらしいラッピングになりますし、使うのはボックスと紐だけですのでとても簡単です。

・コウモリの羽根でラッピング
このラッピングはとてもかわいいラッピングになります。
ラッピングの包装自体をコウモリで作ってしまうのです。
包むお菓子がコウモリの胴体くらいの大きさになるように色画用紙でコウモリをつくります。
そして、お菓子を胴体の部分に置き、羽で包み込むようにしてラッピングをします。
あとは顔を書いたり、メッセージを書けばとてもかわいいコウモリラッピングの出来上がりです。

<まとめ>

ハロウィンのお菓子はどんな物を作るのか、どんな大きさのものをプレゼントするのかによってもラッピング方法は変わってきます。
自分が作りたいと思うお菓子と合うラッピング方法を見つけてとびきりかわいいお菓子を子供たちにプレゼントしてあげたいですね。

≪この記事の動画はこちら≫




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする