入学式にぴったりのママと子供のヘアースタイル

入学式は子供の晴れの舞台です。

人生の晴れの舞台ですから、いつもよりオシャレに決めたいですね。

ですが、入学式は厳かな式典ですからTPOも考えなくてはなりません。

子供も親も恥をかかずに、オシャレなヘアースタイルにするにはどうすればよいのでしょうか。

男の子編、女の子編、ママ編ということでそれぞれのヘアースタイルをご紹介して

いきましょう。

<入学式にぴったりヘアースタイル男の子編>

男の子の場合は、髪が短い子が多いので女の子よりヘアセットも困らないでしょう。

男の子のヘアスタイルは、ワックスで髪を少し立たせてあげたり、カットするなら

ソフトモヒカンやツーブロックも良いでしょう。

髪が少し長めの男の子の場合は、軽くパーマをかけるか、入学式当日だけ巻いて

挙げるとふわっとした印象になります。

入学式に見られる男の子のヘアスタイルで多いのは、ワックスで髪を立たせる程度なので、あまりいじりすぎると違う意味で目立ってしまうかもしれません。

入学式ですから、あまり奇抜なヘアースタイルは好ましくありませんし、悪目立ちはその後の学校生活に影響することもあります。

限度をわきまえて、入学式にふさわしく、明るい爽やかなイメージになるようにしましょう。

<入学式はこれで決まり!ヘアースタイル女の子編>

女の子の場合は、髪の長さがありますのでヘアースタイルのバリエーションも豊富です。

ママとお揃いにしたり、いつもと違った髪型にしてあげると喜ぶのではないでしょうか。

ただし、女の子と言ってもまだまだ子供です。

大はしゃぎで走り回ったり、遊ぶことも予想されますので、ヘアースタイルが崩れたらママが直せる髪型にしておきましょう。

入学式に女の子がしていておしゃれだなと思う髪型は色々あります。

ロングの場合は、アップにしてお団子にしてみたり、ハーフアップ、ツインテールもとてもかわいいのではないでしょうか。

セミロングの場合でもハーフアップはできますし、サイドを編み込んで後ろに隠してしまえばオシャレに見えます。

ショートの子は、髪飾りなどでいつもと違う雰囲気を演出してみたり、前髪をポンパドールにすると大人っぽい髪型になります。

女の子の髪型を作る場合は、「かわいい」にするか「少し大人っぽく」するか、お子様に聞いてみて一緒に髪型を作ってみても良いですね。

ママも似た感じの髪型にするととてもオシャレですよ。



<おしゃれに見えるヘアースタイル ママ編>

では、入学式にふさわしいママのヘアースタイルをご紹介していきましょう。

ママのヘアスタイルの場合は、本当にたくさんバリエーションがあって困ります。

しかし、「入学式」ということを考えて「清潔感があり、清楚で明るい」をイメージして

髪型を作ると良いでしょう。

入学式にママがしているとおしゃれに見えるヘアースタイルですが、ロングの場合は髪をアップにしたり、ハーフアップにすると清潔感もあり、清楚に見えます。

この時にきっちり固めてしまうのではなく、ふんわり感を演出すると良いでしょう。

ふんわり感は、編み込みを作ったり、三つ編みを作り、編んだところを指でつまんで少しずつ出すとふんわり感が演出できるので簡単です。

ミディアムやボブの場合も、前髪を残して両サイドの髪を編み込んだり、毛先をカールさせるだけでもオシャレに見えます。

ここで大切なのは、服装に合わせた髪型にするということです。

服装がタイトなスーツの場合は、ピシッとした髪型のほうが似合いますので、サイドを後ろに流してポンパドールを作るとキリット見えます。

服装がふんわり系や、パステルカラーの場合はふんわりした髪型が似合いますので、

先程お話したような、髪を巻いたり、三つ編みや編み込みを緩めたりして髪の遊びを

つけると良いでしょう。

いくら髪型がきちんとしていても、服装が合っていなければ意味がありません。

髪飾りもOKですが、髪型や服装に合った髪飾りにし、大きすぎる髪飾りは控えましょう。

<入学式のヘアースタイルは春らしさを>

入学式は「春」という季節の中で行われます。

服装ももちろんですが、春をイメージするような明るさやふんわり感があると気分も上がります。

前髪を上げて顔を出すだけでも明るいイメージになりますし、再度の髪を後ろにまとめて

カールを付けるだけでもふんわり感が出ます。

入学式は新しい門出ですので、ボサボサの髪や前髪が目にかかるような暗いイメージで出席するのはやめましょう。

せっかくの入学式ですから、この日ばかりは早起きをしてママも子供も一番良い顔で入学式に出られるようにしたいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする