入学祝に喜ばれる贈り物は?小・中・高・大学それぞれの入学祝いのおススメ

春が近づいてくると、入学が近づいている親戚や知人、友人の子供がいると「お祝いどうしようか」と悩む季節でもあります。

入学祝いは、現金を渡すこともありますが、贈り物をするのも良いでしょう。

しかし、贈り物をするにも、どんな贈り物を選べば喜ぶのかわからないという人もいます。

お祝いだからと言って、ゲームやおもちゃを贈るのは入学の趣旨から外れます。

しかし、おもちゃやゲーム以外のお祝いとなると、どんな贈り物が喜ばれるのかわからなくなってしまいますね。

そんな方のために、入学祝いにおススメの贈り物をご紹介しましょう。

<小学校の入学祝いにおすすめの贈り物>

小学校の入学祝いの相場は親戚など近い間柄の場合は10,000円程度、親や祖父母の場合は

10,000~30,000円と言われています。

それ以外の親戚は5,000円~10,000円、知人・友人の場合は3,000円~5,000円が相場ですので、この金額の範囲内で贈り物を選びましょう。

小学校に入学する子供の場合は、好きな乗り物や動物などが載っている図鑑や、これから

自分で朝起きる練習をするための目覚まし時計、勉強になる地球儀や、遠足でも荷物が

多くなるので少し大きめのリュック、休み時間に色々な絵を描けるようにと色鉛筆を

贈るのも良いでしょう。

外に遊びに行くことも出てくるので、子供用の腕時計などもいいですね。

ただし、ランドセルや学習机は親や祖父母が用意することが多いので、贈るのであれば相談してからの方が良いでしょう。

また、文房具に関しても学校指定がある場合がありますので来てからにした方が良いでしょう。

商品でなくても、文具券や図書券なども自由に使えるので喜ばれるでしょう。

<中学校の入学祝いにおすすめの贈り物>

中学校の相場は親戚など近い間柄の場合は10,000円程度、親や祖父母の場合は

10,000~20,000円と小学校の相場と、さほど変わりません。

それ以外の親戚は5,000円~10,000円、知人・友人の場合は3,000円~5,000円が相場ですので、小学校の時と同じです。

では、この範囲内で中学校の入学祝いに贈る贈り物を探してみましょう。

小学校の6年間を経て中学生になる子供が一番成長してきたのではないでしょうか。

大人と子供の中間のような難しい位置にる中学生ですが、贈り物を贈る時は大人と

して考えて贈り物をすると喜んでくれることが多いようです。

では、中学生にふさわしい入学祝いの贈り物とは何でしょうか。

やはり、調べることが多くなるので電子辞書は喜ばれるのではないでしょうか。

また、オシャレが気になる時期ですので、時計やサイフ、ポーチ、靴、カバンなども喜ばれます。

中学生ですので、自分の好きなものを買ってほしいということで商品券なども

よいのではないでしょうか。



<高校の入学祝いにおすすめの贈り物>

高校の場合は義務教育の小学校や中学校とは違い、合格発表が済むまでは本人も家族も

気が気ではありません。

もちろん、入学祝いは、進学先がわかり、入学が決定してから渡すものですので、

合格発表の前に渡すことがないように注意しましょう。

高校生の場合は、受験勉強を経て入学するので、本当に「頑張ったね」という気持ちと

共に贈り物を渡してあげたいですね。

ですので、高校生の入学祝いは本当に本人が喜ぶものをあげると良いでしょう。

相場としては、友人や知人が5000円、親戚が10,000円、親や祖父母が10,000円~

30,000円となっています。

この金額を目安にして贈り物を選びましょう。

高校生に喜ばれる贈り物と言えば、高級ではなくても良いので、ブランドもののサイフや

腕時計、電車通学が始まる子もいますので定期入れや携帯音楽プレーヤー、通学に便利な

リュックなど実用的でも少し大人の入口に立ったようなものが喜ばれるのではないで

しょうか。

<大学の入学祝いにおすすめの贈り物>

最後に大学生の入学祝いにおすすめの贈り物をご紹介していきましょう。

高校を卒業すると、就職する場合と、大学に進学する場合に進路が分かれます。

入学祝いとなると大学進学の場合になりますが、大学生にもなるとどんな贈り物を

すれば喜ばれるのかわからないという方が多いようです。

では、相場から見ていきましょう。

大学の入学祝の相場は、友人・知人が5,000円~10,000円、親戚関係は10,000円、

両親や祖父母、兄弟などの身内は10,000円~30,000円となっています。

大学生に入学祝を贈る場合は、直接本人に欲しいものを聞いても良いでしょう。

これくらいの年齢になると欲しいものもはっきりしていますし、好みもわかれて

きます。

自分の好みでなければ喜んでくれないことが多いので、直接聞いた方が良いでしょう。

贈り物で多いのは、ブランドのサイフやパスケース、キーケースや腕時計、

大学に通うためのバッグやスーツが良いという場合もあるそうです。

自分で選べるように商品券でも良いでしょう。

<入学祝いは本人が喜ぶものが基本>

小学生にしても、大学生にしても、年齢は違いますがお祝いは「本人が喜ぶもの」が

一番でしょう。

出産祝いなど本人の意思が分からない場合は実用的なものや、親が喜ぶものが良いの

ですが、小学生にもなると欲しいものやうれしいと感じるものもわかってきます。

入学祝いはその子供の成長を祝うものですので、本人が喜ぶものを基準にして

贈り物を選ぶと喜ばれるでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする