こどもの日は端午の節句!五月人形や兜はこんな理由で飾られている

こどもの日は端午の節句と言われ、男の子の成長と無病息災を願うお祝いをする日です。

鯉のぼりや兜、五月人形などを飾って、縁起の良い食べ物を食べてお祝いするのですが、

お家に飾る五月人形や兜を飾る理由をご存知でしょうか。

また、五月人形には、飾る人形の種類によって意味が違ってきます。

では、五月人形と兜についてお話していきましょう。

<五月人形や兜を飾る意味>

五月人形や兜を飾ることが習慣になったのは、昔の武家社会が起源だと言われています。

昔、武家社会と呼ばれる時代では、5月になると鎧や兜などの防具(武具)を座敷に飾る習慣がありました。

これは、梅雨になる前に防具(武具)の手入れをするためです。

また、「災いが外部から入らないようにするため」という説もあります。

なぜ、兜や鎧など飾ると災いが外から入らないようにできるかと言うと、昔は神社にお参りする願い事が「身の安全を守る」ことがほとんどでした。

そのため、神社にお参りする時は鎧や兜を奉納する習慣があったのです。

つまり、神社という神前に鎧や兜を方法することで身が守られるということから、防具

(武具)を飾っていると外部からの的を神様が防いでくれると信じられていたのです。

武家社会が行っていたこの習慣は室町時代には始まっていました。

そして江戸時代になると庶民の間で武家社会の習慣を真似るようになり、一般庶民に広がったことから5月に鎧や兜などを飾って無病息災を願うようになったのです。

そして、神様が降りてきやすいように目印をつけようということで、兜の頂上部分に

人形の細工物を乗せました。

この、兜についていた人形の細工物が独立して五月人形になったのです。

武家社会では、鎧や兜は自分の身を守るためのっものですので、飾ることで無業息災を願い、五月人形は神様が降りてくる場所(依代「よりしろ」)として飾ることが習慣となりました。



<五月人形それぞれの意味>

五月人形には色々な種類がありますが、五月人形で代表的なものと言えば武者人形です。

武者人形には「男らしい、たくましい男の子になりますように」という願いが込められています。

しかし、その武者人形にも色々な種類があり、どの武者人形が良いのかわかりません。

「これが似合うかな」という判断基準で購入している人もいるようですが、武者人形には

それぞれ意味があります。

今から、それぞれの武者人形の意味をご紹介しますので、お子様に合った武者人形を選んであげてください。

・金太郎

五月人形の代表と言えば「金太郎」です。

金太郎は、物語に出てくるので架空の人物だと思っている人もいますが、実在する人物です。

金太郎は「坂田金時」という人物の幼少名です。

金太郎の物語に出てくる通り、とても力が強く、「怪力」という言葉がふさわしい子供だったそうです。

マサカリを担いで払掛けをし、乗馬や相撲を楽しんだと言われています。

大人になった金太郎(坂田金時)は源頼朝の目に留まり、頼朝の部下の中でも四天王と

呼ばれるくらい強い武将として名を残しました。

金太郎には「力強く元気に健やかに成長し、出世できますように」という願いが込められています。

・牛若丸

牛若丸は皆さまもご存知の通り、源義経の幼少名です。

牛若丸は、たった7歳で鞍馬寺に預けられ、そこで武術や学問に精力的に取り組みました。

その結果、武蔵坊弁慶という自分より大きな相手でも、倒すことができるほど強く成長していったのです。

まさに源義経は「文武両道」を絵に描いたような人物です。

そのことから、「学問にも武術(芸事、スポーツなど)にも長けた子供に成長しますように」

という願いが込められています。

・弁慶

弁慶は、先ほどご紹介した牛若丸(源義経)と戦い敗れた相手ですが、弁慶は戦術に長けており、怪力であったとも言われています。

その知恵と力を生涯、義経のために使った武将なのです。

弁慶には「豪傑」という言葉がぴったりの武将ですから、「力強い男の子になり、人のために自分の力を発揮できる人になってほしい」という思いが込められています。

・鍾馗(しょうき)

鍾馗(しょうき)というのは、中国道教系の神様と言われています。

鍾馗は遠い昔、中国がまだ唐の時代だったころ、玄武皇帝が病を患っていた時に出てきます。

実在したとも言われていますが、その詳細は定かではありません。

しかし、玄武皇帝が病を患っていた時に、夢の中に現れた鍾馗によって病が治ったという言い伝えがあります。

このことから、中国では鍾馗の絵を飾ると「厄除け」になるということで絵を飾ることが習慣になりました。

鍾馗の五月人形を飾るのは、まさに「無病息災」の願いが込められているのです。

<ほかにも五月人形は色々ある>

これらの五月人形の他にも、徳川家康、上杉謙信、桃太郎など色々あります。

しかし、どの五月人形も、「力・知恵・優しさ」を兼ね備えた人物ですので、どの五月人形を飾っても「成長と無病息災」を願う人形であることには変わりありません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする