こどもの日は男の子の初節句!正しいお祝いの仕方

5月5日は「こどもの日」ということで世間ではゴールデンウィークと呼ばれる長期連休がある時期です。

そして、男の子を持つ親にとっては5月5日は「端午の節句」とも言い、男の子のお祝いをする時でもあります。

そして、一番大切な「初節句」を迎えるご家庭もあることでしょう。

しかし、第一子の初節句となると、何を準備して、どんなお祝いをしてあげればよいのかわからないと思います。

そこで、初節句のお祝いの仕方を詳しくご説明していきましょう。

<初節句について>

・初節句とは

「節句」には5つあり、5月5日の端午の節句もその一つです。

女の子の節句は3月3日のひな祭りにあたり、「上巳(じょうし)の節句」とも言われています。

男の子の節句は5月5日のこどもの日で、「端午の節句(または菖蒲の節句)」と言われています。

そして、子供が生まれて初めての節句を迎えることを「初節句」と言うのです。

初節句には、女の子はひな人形を飾ったり、男の子は兜を飾り、端午の節句の場合は「こいのぼり」なども飾ります。

また、子供の健やかなる成長を祈って、お祝いの料理を食べるのが習わしとなっています。

・生まれてすぐでもするの?

例えば、4月の終わりに生まれて子供や5月に入ってから生まれたような、生まれて間もない子供の場合、初節句をする余裕もないでしょう。

子供が生後1か月を超えていないような場合は、初節句を翌年に行ってもかまいません。

必ず、子供が生まれて最初の節句にお祝いをしなければならないという決まりはありませんので、子供やお母さんの体調なども考えて、無理に初節句のお祝いをするより、翌年に繰り越して、みんなが元気な時にお祝いした方が良いでしょう。



<男の子の節句に必要な「兜」について>

・兄弟がいても兜は1人1飾りで

5月5日のこどもの日は端午の節句ということで男の子のお祝いです。

端午の節句には「兜」を飾るのですが、兜はほとんどのご家庭で兄弟がいても1つしかないのではないでしょうか。

しかし、本来、兜は1人に1飾りとなっていますので、兄弟が3人いれば3人分の兜が必要になります。

なぜ、1人に1兜かと言うと、女の子のひな人形もそうなのですが、その子の身代わりとなって無病息災を願うお守りのようなものなのです。

ですので、兄弟兼用ではなく、1人に1飾りが基本となるのです。

たまに、親から譲り受けた兜がある場合があるかもしれませんが、本来であれば、この兜を使わずに別の兜を用意する必要があります。

ですが、経済的なこともありますし、地域によっては親から兜を受け継いでいく場合もあります。

もし、どうすれば良いのかわからない場合は、その土地に詳しい人に聞いてみると良いでしょう。

・兜を用意するのは誰?

基本的に兜を用意するのは母親の実家になります。

ですが、兜はかなり高額ですし、夫の両親も兜をプレゼントしたいなど、高額なものになればなるほど、もめることが多くなります。

このような場合は、兜は母親の実家に任せて、入学に必要なランドセル、もしくは勉強机を夫の両親にプレゼントしてもらうなど、どちらかの両親の負担にならないように夫婦で話し合って調整するようにしましょう。

<初節句に誰を招待したらいい?>

初節句は、親戚みんなで御祝いをしたいものです。

しかし、遠方にいる親戚をわざわざ招待する必要はありません。

基本的に、お祝いをされる子供の両親と、その祖父母を招いてお祝いをします。

近所に両親の兄弟や親戚がいる時などは招待しても良いでしょう。

<初節句に準備する料理とは>

では、初節句に準備する料理をご紹介していきましょう。

それぞれの料理に意味がありますので、きちんと把握しておいた方が良いですね。

・柏餅かちまき

ちまきは中国から伝わってきた料理で、中国では5月5日にちまきを作って「災いを避ける」という風習があります。

また、柏餅には「子孫繁栄」の思いが込められています。

柏餅に使われる柏は、次の新芽が出ないと今ついている古い葉が落ちないようになっています。

このことから、「子孫繁栄」に縁起が良いと言われており、江戸時代から節句のお祝い料理

として定着しました。

関西ではちまき、関東では柏餅を食べる地域が多いようですが、ちまきでも柏餅でも、どちらを用意しても問題ありません。

・花菖蒲を飾る

こどもの日の端午の節句には花菖蒲を飾りますが、この花菖蒲にも意味があります。

菖蒲は「尚武」になぞって使われている言葉です。

尚武には「たくましい」や「勇ましい」という意味がありますので、「これから成長して

世間に出ても負けずにたくまく生きていけるように」という思いが込められています。

・赤飯

赤飯はお祝いのご飯の定番ですので用意しましょう。

・タケノコ

タケノコは、曲がらず真っすぐ成長する性質があるので、「まっすぐ元気に育ってほしい」というお思いが込められています。

・鯛

お祝いで定番の魚と言えば鯛です。

しかし、出世魚も縁起物の魚ですので、ブリやスズキなどでも良いでしょう。

また、おせちなどに入っているエビも「腰が曲がっても元気で」という意味があるので、エビを準備するのも良いですね。

・蓮(はす)

蓮は、穴が空いているのをご存知でしょうか。

蓮には穴が空いているので、人生の見通しが良いという縁起物で準備されます。

・豆

豆には「豆にコツコツ働く」という意味がありますので、準備するご家庭が多いようです。

<初節句の料理は必ずこの料理でなくてはいけないわけではない>

実際に初節句の料理を食べられる赤ちゃんは少ないはずです。

一番大きなお子様でも1歳に満たないわけですから、離乳食が終わるころです。

また、生後1カ月を過ぎたところで初節句を迎える赤ちゃんもいます。

また、これだけの品数を準備するのも大変ですし、費用もかかります。

初節句は身内で行うお祝いですので、皆が楽しみながらお祝いできることが一番大切なこです。

赤ちゃんがまだ小さい時は、料理を準備せずにケータリングで済ませてもかまいません。

実は、外食でも良いのです。

初節句は必ずこうでなくてはならないという決まりはありませんので、家族みんなでお祝いしてあげる気持ちを大切にしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする