母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?カーネーションの由来

5月の第2日曜日にある母の日が近くなると、街中でカーネーションを見かけます。

ですが、なぜ母の日にカーネーションを贈るのでしょうか。

父の日は決まって「これ!」という贈り物はありません。

母の日だけ「カーネーション」を贈るようになったのはなぜなのか、気になりだすと追及したくなりますね。

そこで、母の日にカーネーションを贈るのはなぜなのか、由来を調べてみました。

<始まりは古代ギリシア時代だった>

ギリシャ神話では、神々の母である「リーア」に感謝をする春祭りが開かれていたという説があります。

この、「母に感謝する」「春祭り」というところが現在の母の日に至ったと言われているのです。

また、17世紀のイギリスでは、出稼ぎをしていた労働者が母親と過ごせるように

と、

イギリスの復活祭である「イースター」の40日前にあたる日曜日に里帰りさせていたことも母の日と関連があると言われています。

母に感謝するという行動は大昔からあったのですね。

<母の日にカーネーションを贈るのはアメリカが発祥>

では、母の日が定着し、カーネーションを贈るようになったのはいつ頃で、由来は何なのでしょうか。

始まりは20世紀のアメリカでした。

アメリカのウエストヴァージニア州に住む「アンナ・ジャービス」という女性のお母さんが1905年5月に亡くなりました。

アンナさんは、母のことをとても尊敬して愛していたので、この気持ちを母親が亡くなった後も残していきたいと母の追悼式を行うことにしました。

その、追悼式が当時で言うと5月の第2日曜日だったのです。

追悼式を行うウエストヴァージニア州のグラフトン教会には、アンナさんがお母さんとの思い出の品である「白いカーネーション」を贈りました。

この白いカーネーションは参列者に一輪ずつ配られたそうです。

これが母の日が定着することになった起源だと言われています。

今は赤いカーネーションが定着していますが、起源は白いカーネーションだったのですね。

なぜ、赤いカーネーションになったのかは後述しましょう。

この後、アンナさんの偉大な母を思う気持ちは「母親のために祝日を設ける」という運動を起こすようになりました。

賛同者も増え、アメリカ全土にその運動は拡大していきます。

その結果、1914年、アメリカ連邦議会は5月の第2日曜日を「母の日」にする法律ができたのです。

その翌年の1915年5月、世界で初めて「母の日」が祝日になったそうです。

母の日はアメリカでたった一人の女性の運動によって制定されたのですね。

たった1人の力が国を動かしたのは、本当にすごいことです。

では、アメリカで発祥した「母の日」が、いつ頃日本に入ってきたのでしょうか。



<日本で母の日が定着したのはいつ?>

アメリカで1915年に「母の日」が祝日になったという事実は日本にあるキリスト教会やアメリカに深い関係のある機関に瞬く間に広がっていったそうです。

日本にあるキリスト教の教会では、1915年直後から「母の日」をお祝いしていたそうですから、アメリカが法律として「母の日」を定めた直後から日本にも定着しつつあったようですね。

そして、1931年に「大日本連合婦人会」が結成され、当時の皇后様の誕生日(3月6日)を「母の日」に制定しました。

この時点では、母の日は5月の第2日曜日ではなかったのですね。

次第に母の日が広まりつつあった1937年、森永製菓が全国に「母の日」を告知しました。

このことがきっかけで全国的に母の日が広まっていき定着したと言われています。

しかし、この後、第二次世界大戦が勃発し、母の日の存在はかき消されたような状態でした。

そして戦争が終わり、1947年に5月の第2日曜日を「母の日」に制定されることになったのです。

母の日が3月6日から5月の第2日曜日になったのはアメリカの影響が大きかったのでしょう。

<なぜ赤いカーネーションなのか>

では、始まりはアンナさんのお母さんが大好きだった白いカーネーションなのに、なぜ今は赤いカーネーションを贈るようになったのでしょうか。

実は、アンナさんのお母さんが亡くなった時に白いカーネーションを贈ったということで、

母親が健在なら赤いカーネーションを、母親が亡くなっていたら白いカーネーションを贈るという風潮ができてしまったのです。

ですが、赤いカーネーションか白いカーネーションかで母親が健在なのかなくなっているのかが分かってしまいますし、母親がすでに亡くなってしまった子供は白いカーネーションを見るたびに悲しい思いになってしまいます。

このことから、全てのお母さんに赤いカーネーションを贈るということが定着していきました。

そして、時代は流れ、カーネーションにも様々な色が出てきました。

お母さんの好きな色を贈るという方もいらっしゃいますが、カーネーションは色によって花言葉が違いますので、忌み嫌われる色を贈らないように注意しましょう。

<カーネーションの花言葉>

・全てのカーネーションに共通する花言葉

「感覚、感動、女性の愛、純粋な愛」

・母の日に贈りたいカーネーションの色

〇赤いカーネーション

花言葉「母の愛、強烈な愛、愛を信じる」

〇青のカーネーション

花言葉「永遠の幸福」

〇ピンクのカーネーション

花言葉「感謝、温かい心、気品・上品、美しいしぐさ」

〇紫のカーネーション

花言葉「気品、誇り」

・母の日に避けたいカーネーションの色

〇白のカーネーション

花言葉「尊敬、純潔の愛、愛の拒絶、永遠の別れ」

花言葉からもわかるように、愛の拒絶や永遠の別れは、母の日には向いていないでしょう。

また、白いカーネーションはアンナがお母さんが亡くなった時に贈っているので、健在なお母さんに贈るのは控えましょう。

〇黄色のカーネーション

花言葉「軽蔑、美、愛情の揺らぎ、嫉妬、友情」

黄色のカーネーションは良い意味も持っていますが、それと同時に悪い意味も持っています。

花言葉を見てもマイナス要素が多いので母の日には向いていないでしょう。

<母の日に花言葉を合わせてみるのも良いかも>

母の日は赤いカーネーションと決まっているわけではありません。

大切なのはアンナがお母さんのことを尊敬して愛していたように、お母さんに対する感謝や愛情を示す日です。

赤いカーネーションは母の日にぴったりの花言葉ですが、他にもピンクや青のカーネーションを組み合わせて花束にしてもらうとキレイですね。

花言葉もプラスの言葉がたくさん重なり、お母さんにもっと元気で笑顔でいてほしいという思いが届くのではないでしょうか。

母の日は、悲しいことがきっかけでできたように見えますが、その根底にあるのは大きな母親への愛情です。

母親への愛情を存分に表して良い日ですので、普段言えないような感謝の言葉を手紙に

託すなど、たくさん感謝の言葉をお母さんに言いましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする