母の日の贈り物はこれ!お母さんが喜ぶ、お花以外のおすすめ人気商品

5月の第2日曜日は母の日です。

毎年母の日にお花をプレゼントする人はたくさんいるでしょう。

お花でもカーネーションだけではなく、アジサイやバラをブリザードフラワーにしてプレゼントする方も増えているようです。

ですが、お花だけではなくお花と一緒に何かプレゼントしたいと考えている人もいるでしょう。

では、お母さんがもらって喜ぶお花以外のプレゼントは何なのでしょうか。

お花以外でお母さんに人気の商品をまとめてみました。

<お母さんが喜ぶ母の日の贈り物>

スイーツやお菓子

スイーツは洋菓子、和菓子など色々ありますが、お母さんが好きなスイーツをプレゼントしてあげるのはいかがでしょうか。

女性はどの年齢になっても甘いものが好きな人が多いのでスイーツは誰もが喜ぶプレゼントです。

甘いものが苦手な場合は、せんべいなどの「おかき」類でも良いですね。

また、洋菓子や和菓子以外にもマドレーヌやマフィンなどの焼き菓子もありますので、お母さんの好きそうなスイーツをプレゼントしてみましょう。

スイーツやお菓子は外れることが少ないので、義理のお母さんへのプレゼントとしても有効でしょう。

スイーツの中でも、今特に人気があるのは「お取り寄せ」商品です。

バームクーヘンやどら焼き、饅頭など、老舗の味や日本伝統を守るお店のスイーツはとても人気があります。

若干値段も高めですが、外れがほとんどなく、プレゼントには最適ではないでしょうか。

・小さめの水筒

意外とお母さんに人気の商品が「水筒」です。

お仕事をしているお母さんや外出が多いお母さんなど、ちょっと外へ出る時に小さめの水筒が重宝します。

水筒の大きさとしては、300mlか500mlまでが一番使いやすいようです。

300mlの水筒は小さめのバッグにも入る大きさですので、ちょっとお出かけする時に持っていきやすいサイズです。

夏場は少しの外出でも飲み物は必需品ですし、冬場は温かい飲み物をすぐに飲めるので外出が多いお母さんにはうれしいプレゼントです。

小さめの水筒は形や色も豊富ですので、お母さんに似合う色や形を選んであげましょう。

また、小さめの水筒は「保冷専用」など、冷たい飲み物しか入れることができない水筒が多いので、夏でも冬でも使えるように、保温も保冷もできる水筒にしてあげると、さらに喜ばれるでしょう。




・キッチン用品

毎日台所に立つお母さんにキッチン用品のプレゼントはいかがでしょうか。

キッチン用品のプレゼントで特に人気が高いのは、鍋掴みや、鍋敷き、エプロンなどです。

エプロンは何枚あっても困りませんし、鍋掴みや鍋敷きも最近ではとてもかわいいデザインのものが販売されています。

特に、鍋敷きは色や形が様々で種類も豊富です。

鍋掴みもとてもかわいいデザインがたくさんあります。

いつもご飯を作ってくれているお母さんに、感謝の気持ちを込めてキッチン用品をプレゼントするのも良いのではないでしょうか。

・乾燥予防グッズ

年を重ねてくると皮脂の分泌も減少し、お肌が乾燥しがちです。

特に乾燥しやすい冬場はお肌がカサカサになりますし、喉の乾燥も気になります。

冬場の水仕事は手が荒れる原因にもなりますし、冬は何かとお母さんが大変な時期です。

そんな時に、お母さんが元気でいられるようにと乾燥予防グッズをプレゼントするのはどうでしょうか。

加湿器や、保湿クリームなどはとても喜ばれます。

ただし、母の日は5月ですので、これから夏になっていく季節です。

ですが、夏でも紫外線の影響などで乾燥しやすいことには変わりありませんので、乾燥予防のクリームやスキンケアは特に喜ばれるでしょう。

乾燥して手が荒れるお母さんには、尿素の入った保湿クリームとシルク素材の手袋をプレゼントすると、とても喜ばれます。

また、背中や体が乾燥してかゆいというお母さんには保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合されているボディクリームなども良いでしょう。

年齢と共に、ヒアルロン酸やコラーゲンは体内で生成できなくなっていきますので、これらの成分が入っている保湿クリームはとてもうれしいものです。

・日焼け防止グッズ

お母さんがもらってうれしいプレゼントに、日焼け防止グッズがあります。

真夏だけではなく、1年中降り注ぐ太陽の光は常に日焼けとの闘いです。

年中日焼け止めクリームを塗っているお母さんもいますし、常に帽子をかぶっているお母さんもいます。

日焼けはお肌の大敵ですし、年齢を重ねるごとにお肌の年齢も老化していくので、日焼けをすると、さらにお肌の老化が早まってしまいます。

そのため、お母さんたちは日焼けを防ぐのに一生懸命です。

また、日焼けはシミやそばかすの原因になりますので、気にしているお母さんも多いでしょう。

そこで、日焼け防止グッズをプレゼントしてはいかがでしょうか。

日焼け止めグッズと言えば、サイズを気にすることのないUVカットの防止や、日傘、

日焼け止めクリームやUVカットのサングラスなどたくさんあります。

日焼け止めクリームはべたべたして嫌だというお母さんの場合は、日傘や帽子をプレゼントし、さらに日光に晒された肌をケアするためのアロエ入りの化粧水などをプレゼントしてあげると喜ばれるのではないでしょうか。

日焼け止めクリームも、職場までの行きかえりくらいであればSPF50(++++)のような強い日焼け止めクリームは必要ありません。

逆に、あまり強い日焼け止めクリームを長時間、毎日つけていると肌に負担がかかってしまいますので、通勤程度であればSPF20~30(++)で十分です。

紫外線の強い海に行く時や、長時間外にいることが多い時用にSPF50の日焼け止めクリームを沿えてプレゼントしてあげても良いかもしれませんね。

<母の日は感謝の気持ちを表す「手紙」もおすすめ>

毎年プレゼント選びに迷う気持ちもわかりますが、一番大切なのは毎日頑張っているお母さんに感謝の気持ちを伝える日です。

感謝の気持ちを贈り物で表すのも良いことですが、お母さんは金額よりも気持ちを受け取ってくれます。

もしかすると、贈り物がなくても「手紙」だけで喜んでくれるかもしれませんね。

ですので、高いものをプレゼントするというより、感謝の気持ちをプレゼントすることを

忘れないようにしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする