梅雨の時期っていつからいつまで続くの?地域別でみる梅雨の時期

桜がキレイに咲き誇り散っていく頃に気になるのが「梅雨はいつから始まるのだろう」ということではないでしょうか。

また、梅雨入りが宣言されると「一体この梅雨いつまで続くの?」と思ってしまいます。

では、梅雨の時期というのはいつから始まって、いつまで続くのでしょうか。

<梅雨とは>

梅雨と日本全国で言っていますが、梅雨の定義をご存知でしょうか。

梅雨は春の終わりから初夏にかけて雨や曇りが多くなり梅雨前線が北上してくることでおこる現象です。

この現象の定義に北海道と小笠原諸島は含まれていません。

また、毎年気象条件は違いますし、地域によっても寒暖差や気象条件が違うため、一概にいつからいつまでが梅雨の時期だと言えないのです。

そこで、それぞれの地方の梅雨の時期をご紹介しておきましょう。

<それぞれの地域の梅雨の時期>

 ・沖縄、奄美地方

この地域は日本で一番梅雨入りが早いと言われています。

その年によって時期は違いますが、早ければ4月下旬から、遅くとも5月初旬には梅雨入りとなります。

梅雨明けは早ければ6月初旬ごろ、遅ければ6月下旬ごろになります。

・九州地方

九州地方の場合、北部と南部で気象状況が全く違いますので全く同じとは言えませんが、

梅雨入りは早くて5月下旬ごろ、遅くとも6月初旬になります。

梅雨明けは早くて7月初旬ごろ、遅い時には7月下旬ごろになります。

・四国地方

四国地方は地形や気象条件などから梅雨時期にはかなりの雨量となる事が多いので梅雨時期は注意が必要です。

梅雨入りは早くて5月下旬ごろ、遅くても6月初旬になっています。

梅雨明けは早くて7月初旬ごろ、遅い時には7月中旬から下旬となるでしょう。

・中国地方

中国地方は四国地方とほとんど同じような梅雨の時期になります。

梅雨入りは5月下旬から6月初旬ごろ、梅雨明けは7月初旬から中旬ごろになるでしょう。

・近畿地方

近畿地方で特に注意が必要なのは和歌山県や三重県などの南部です。

四国同様、梅雨の時期になるとかなりの雨量になることがあります。

近畿地方の梅雨入りの時期は早ければ5月下旬ごろですが、ほとんどの場合が6月初旬ごろです。

梅雨明けは早ければ7月初旬ごろで、遅い時は7月中旬になることが多いでしょう。

・東海地方

東海地方も近畿地方と梅雨の時期は似ています。

梅雨入りが早い時期は5月下旬ごろですが、5月下旬に梅雨入りすることは稀で、ほとんんどが6月初旬です。

梅雨明けは早ければ7月初旬、遅くとも7月中旬ごろまでになるでしょう。

・関東甲信越地方

関東甲信越地方は梅雨の時期にゲリラ豪雨となることが他の地域より多いので、注意が必要です。

梅雨入りの時期は6月初旬、梅雨明けの時期は早ければ7月初旬ごろで、遅くとも7月中旬ごろまでとなるでしょう。

・北陸地方

北陸地方から北の地域はこれまでの地域より梅雨の時期が遅れますし、梅雨の時期も短くなります。

梅雨入りは早くても6月初旬から中旬、梅雨明けは早くても7月初旬ですが、多くは7月中旬から下旬となることが多いようです。

・東北地方

東北地方も北陸地方と同じく梅雨の時期が短いのが特徴です。

梅雨入りは早くて6月初旬ですが、6月初旬に梅雨入りすることは稀です。

ほとんどが6月中旬で、梅雨明けは7月中旬から下旬になります。

ごく稀に7月初旬に梅雨明けということもあります。



<日本列島の中でも北陸より北は梅雨の時期が短い>

こうして地域別で見てみると、北陸地方より南に位置する地域では梅雨の時期が1か月半~2か月、長い時は2カ月半ほどあります。

しかし、北陸地方より北の地域になると梅雨の時期が1か月~1か月半ほどしかありません。

ですが、梅雨の時期が来なければ梅雨の後にくる夏の渇水期に水不足となってしまいますので、梅雨も大切な季節の一つなのです。

過去に梅雨時期に雨が降りすぎて大災害になったこともありますが、梅雨が来ないと大変なことになってしまいます。

実際、梅雨の時期が短かった年の夏は水不足になり節水制限が起こっています。

さらには、水不足の影響でプールが使えなくなった年もありました。

梅雨の雨量が少ないと農業や漁業にも影響してきます。

真夏になると田畑に流れていたため池の水が干上がり、農作物が取れなくなります。

また、梅雨に雨がきちんと降ることで土壌に降った雨が落ち葉を腐葉土にして、川や海へ流れます。

この腐葉土が海に流れることでプランクトンを生み出すので魚が育ち大きくなります。

川へも流れていきますので、川の魚が大きくなるのも梅雨の恵みのおかげなのです。

梅雨のジメジメした時期は洗濯物を干せなかったり、湿気で洗濯物が乾きにくかったり、髪の毛がうまくまとまらないなど困ることも多いのですが、命をつなぐための水不足になる方が大変ですので、梅雨の時期も必要な時期と考えて梅雨時期の対策をしながら過ごしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする