梅雨の湿気で家中にカビが!梅雨のカビ対策はどうすればいいのか

梅雨の時期は特に湿度が高く、洗濯物を室内に干すだけでカビ臭くなってしまうことがあります。

酷い時には押入れの中にカビが生えたり、家の隅にカビが生えたりと梅雨の時期はカビとの戦いの季節です。

では、梅雨の湿度が多い時に、どうすればカビの発生を抑えることができるのでしょうか。

また、なぜカビが生えてしまうのでしょうか。

カビが生える原因や対策法などを詳しくご紹介していきましょう。

< なぜ湿気が多いとカビが生えるの?|梅雨時期>

カビが発生する原因は何と言っても湿度の高さです。

「湿度70%以上、汚れ、ホコリ、気温25~30度」この条件が整ってしまうとカビが発生し、どんどん繁殖していきます。

湿度が高くなるのは梅雨の時期だけではなく、冬場の加湿器の使い過ぎも湿度が上がってカビが生えることがあるのです。

ですが、何もしなくてもこれだけ高い湿度と温度になるのは梅雨の時期です。

<カビが発生すると体調不良や家屋劣化の原因に|梅雨時期>

カビが発生するとカビの胞子が空気中に散乱しますのでアレルギーの原因になります。

また、アトピーの原因になるとも言われています。

さらにカビは病気だけではなく家の劣化にも繋がります。

カビが木材などに発生すると腐りやすくなり劣化が早くなります。

木の部分が劣化してくるとシロアリが発生する可能性もありますので、とにかくカビの発生を防がなくてはなりません。

では、どのようにすればカビの発生を防ぐことができるのでしょうか。



<カビの発生を防ぐ方法|梅雨時期>

・窓の水滴や結露をふき取るなど、水分は早めにふき取る

家の中で水滴や結露がつきやすいのは窓やお風呂場です。

夏場に結露は考えにくいかもしれませんが、湿度が高いため水滴までは見えなくても結露が発生していることがあります。

とにかく水分を早めにふき取り、家の中の湿度を上げないようにしましょう。

・カビの発生を防ぐにはとにかく「換気」

カビの発生を防ぐ最大の方法は「換気」です。

風が通るように家の2カ所以上の窓を開けて換気をしましょう。

換気をしている時にふすまやクローゼットなども開けておくと、湿気がこもりにくくなってふすまやクローゼットにカビが生えるのを防ぐことができます。

また、扇風機などで風を循環させて換気するのも良い方法ですので、とにかく空気の流れをよくすることが大切です。

ただし、雨の日に窓を開けてしまうと室内の湿度が上がり逆効果になります。

こんな時はどうすればよいのでしょうか。

・雨の日は除湿器やエアコンの除湿機能を使おう

雨の日に湿度を下げる方法として有効なのが除湿器やエアコンの除湿機能です。

単独の除湿器を持っている人は少ないかもしれませんが、エアコンならほどんどのご家庭にあると思いますので、エアコンの除湿機能を使って室内を除湿しましょう。

冷房運転より電気代は若干高くなりますが、梅雨時期のカビの発生を抑えるには除湿は欠かせません。

この時期だけだと考えて除湿機能で乗り切りましょう。

・ホコリがカビの原因になるので掃除をして清潔に

先程、カビが発生する原因ということでホコリや汚れということをお話ししました。

ですので、カビが発生するのを抑えるためにはホコリを除去する掃除が必要になります。

湿気の多い時期はホコリが積もって来たり、長時間放置されているともべたつくことがありますので、普段よりも丁寧に掃除機をかけておいた方がよいでしょう。

・狭い場所の除湿は新聞紙や重曹、木炭で

カビが発生しやすい場所としてお風呂場や窓際などをお話しましたが、そのほか、キッチンや押し入れ、家具、フローリング、エアコン、下駄箱などが挙げられます。

下駄箱や家具、家具の隙間など狭い場所でカビが発生するのを抑えるには新聞紙を丸めて入れたり、備長炭シート、重曹などを使って除湿しましょう。

備長炭シートによっては、湿気を吸い取ってないなと感じたら天日干しをすると効果が回復するものもありますから、何度でも使うことができます。

新聞紙や備長炭シートは湿気を吸い取ったり匂いを吸い取ることはご存知かと思います。

そして梅雨のカビ対策にもう一つ強い味方となるのが重曹です。

重曹にも湿気や匂いを吸い取る力があります。

重曹を置く時は空き瓶などに重曹を入れて蓋をしない状態で置いておきます。

狭い場所でもサッと置けるのでカビ対策には良いですし、重曹に好きなアロマオイルを垂らしておくと、部屋の香りも良くなるのでオシャレにカビ対策ができますね。

重曹を入れた容器を置く時はできるだけ低い位置に置くようにしましょう。

湿気を含んだ空気は重いので下に下がってきます。

ですから、湿気を吸い取る重曹は下にある方が吸い取りやすいのです。

湿気を吸い取った重曹は固まります。

固まった重曹を捨てる方もいますが、そのまま固まった重曹を磨き粉として使うこともできますので何度でも活躍してくれるアイテムになるでしょう。

・押入れなどには湿気取りを入れておき布団はすのこを引いて収納しよう

カビの発生を抑える対策として押入れにはすのこを敷くことをおすすめします。

そのまま布団を収納するとカビが生える原因になりますから、通気性をよくするすのこを入れることでカビの発生を抑えることができます。

<カビ対策を色々しても換気を忘れないように|梅雨>

カビ対策に最も大切なのは換気です。

色々なカビ対策方法をご紹介してきましたが、どんな対策をとっても換気することを忘れないようにしましょう。

こまめに換気することでカビの発生はだいぶ抑えることができます。

逆に、色々対策をとっていても換気をしていないとカビが生えることがあります。

カビ対策には換気が絶対条件ですので、必ず1日に数回は換気するようにしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする