梅雨にうねる!はねる髪の毛を何とかしたい!原因と解消法

雨の日は朝せっかくセットして外出しても、すぐに髪の毛がうねったり、はねたり、なかなかうまくまとまりません。

特に梅雨の時期は雨が多く湿気も多いので常に髪の毛がまとまらなくて毎日どんよりしてしまいます。

でも、今からお話するうねりやハネの解決法を知れば梅雨の時期でも明るい気持ちで乗り越えられますよ。

<湿気が多い時に髪の毛がうねったり、はねたりするのはなぜ?|梅雨時期>

まずは、なぜ湿気が多いと髪の毛がうねったりハネたりするのか原因をしっておきましょう。

晴れの日は髪の毛もうまくまとまりますが、その時の髪の毛の水分量は約10%前後あります。

この水分量が一番髪の毛を整えやすい水分量なのですが、雨の日は湿度があがり、水分量が上がってしまいます。

すると髪の毛がいつもより多くの水分を吸収してボワッとボリュームが出てしまうのです。

ただ、いくら梅雨でも学生の頃など若い時はさほどうねったり、はねたりすることがなかったのではないでしょうか。

実は、髪の毛が湿気でまとまらなくなる原因はキューティクルが傷ついていることなのです。

キューティクルという言葉は聞いたことがあると思いますが、、キューティクルとは髪の毛の表面で髪の毛を守ってくれているものです。

肌で言う皮膚の役割をしているような感じですね。

このキューティクルが傷ついていると雨の日など湿気の多い日に水分が傷ついた部分から侵入してきます。

すると、傷ついている部分だけ水分量が多くなり膨張します。

ですが、健康な部分に侵入してくることがないので、膨張している部分と健康な部分との差ができて髪の毛がうねるのです。

このうねりがハネの原因にもなっているので、湿気の多い日のうねりやハネを解消するには髪の毛の水分量を一定にする必要があります。

そのためには髪のキューティクルを修復する必要があるのです。



<雨の日のキューティクル修復法|梅雨時期>

では、キューティクルを修復するにはどのような方法があるのでしょうか。

・シャンプーを変える

まずは毎日使っているシャンプーをダメージヘア専用のシャンプーや髪の毛にダメージを与えにくいノンシリコンタイプやオーガニックタイプにするなど、できるだけ髪の毛にダメージを与えないようにすることが大切です。

あまりにキューティクルの損傷がひどい時は育毛シャンプーなどを使うのも一つの手です。

・トリートメントを使う

次に大切なのは髪の毛を保護するためにトリートメントを使うことです。

シャンプーをしたあとにコンディショナーを使うのは毎日ことですが、それに加えて2日に1回程度で良いのでトリートメントを使うようにしましょう。

コンディショナーだけでは髪の修復に十分ではありません。

トリートメントを使うことでさらに髪の修復度が上がります。

・雨の日の即効キューティクル修復法

〇ドライヤーをしっかりしてスタイリング剤に注意

雨の日にうねりやハネ、ボリュームを抑えるにはドライヤーをしっかりして髪を完全にかわかすことです。

特に髪の毛の根元に水分が残っているのはNG。

湿気の多い日に水分が残っているとさらに髪の毛がまとまらなくなってしまいます。

しっかりと髪の毛を乾かしたら、サラッとしたオイルタイプのスタイリング剤か粒子の細かいスプレーでセットしましょう。

〇ハンドクリーム

次に雨の日に役立つのがハンドクリームです。

雨の日になんとか髪の毛がまとまるようにと、ハネやうねり、ボリュームを抑えようとして水を髪の毛につける人がいますが、これは全くの逆効果です。

傷んだところに水分をつけると、その時は水分の重みでハネやうねりが直ったように見えますが、時間がたつとさらにうねりやハネが出てしまいます。

日中、突然雨が降り出したり、朝時間がない時になかなか髪がまとまらないという時はハンドクリームをおすすめします。

ハンドクリームも、あまり付け過ぎるとべたつきますが、いつものように手に付けて塗り込んだあとに髪の毛を手ぐしで整えるようにすると髪の毛がコーティングされるのでハネやうねりを抑えることができます。

<ハネやうねり、ボリュームを抑えるための縮毛矯正はNG|梅雨時期>

髪の毛のキューティクルが傷む原因はカラーリングやパーマによるものがほとんどです。

中でも、ブリーチは一番髪の毛が傷むと言われていますが、植毛矯正もブリーチに匹敵するくらい髪の毛を痛めてしまいます。

髪の毛のクセや雨の日にうねったりハネたりすることが気になるからと植毛矯正をしてしまうと更に髪の毛を痛めてしまうのです。

どうしても髪の毛が気になるという場合は、ヘアアレンジをするのも一つの手です。

とにかく、キューティクルにダメージを与えないようにすると梅雨の時期にうねったりハネたりしなくなるので日ごろのヘアケアをしっかりするようにしましょう。

キューティクルが整ってくると雨の日に髪の毛がまとまるようになりますし、ツヤツヤサラサラになります。

髪の水分量は年齢と共に減少しますし、キューティクルも剥がれやすくなります。

日ごろのヘアケアがどれだけ大切なのかが雨の多い梅雨の時期には特にわかりますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする