結婚式でジューンブライドにすると幸せになれるのはどうして?その由来は?

結婚式と聞くと「ジューンブライド」という言葉が浮かぶほど世の中に浸透している言葉です。

実際、結婚式場でもジューンブライドとなる6月は特に人気が高く予約もすぐに埋まってしまいます。

では、なぜ6月に結婚式を挙げると幸せになれると言われているのでしょうか。

その由来について調べてみました。

<ジューンブライドの由来は3つ>

6月に結婚すると幸せになりれるというジューンブライドの由来は3つあると言われています。

①ローマ神話から

ローマ神話に出てくる主神ユピテルの妻、女神ユノがジューンブライドの由来と言われています。

女神ユノは結婚、出産、育児の象徴であり家庭の守護神です。

そしてローマ神話の中では1月~6月まで、それぞれの月を神が守っていると言われており、6月の守り神が女神ユノなのです。

ジューンブライドのジューンは英語にすると「June」となります。

6月の守り神である女神ユノをアルファベットにすると「Juno」となります。

このことから、6月のJuneの由来はユノのJunoが由来になっていると言われています。

結婚、出産、育児の女神であるユノが守り月となっている6月に結婚すると幸せになれると言われている由来が一番有力だと言われています。

②結婚の解禁月が6月だった

これはヨーロッパでのお話になりますが、昔、ヨーロッパでは農作業の繁忙期が3月~5月でした。

繁忙期につき、ヨーロッパでは3月~5月に結婚式を挙げることが禁止されていたそうです。

そのため6月の結婚式解禁月になると、早く結婚式を挙げたいカップルが殺到し6月の結婚式が集中して挙げられたことからジューンブライドが始まったと言われています。

6月になると農作業も落ち着き、身内や友人だけではなく多くの人から祝福されるので6月に結婚式を挙げると幸せになれると言われていたのです。

ただ、この説には「?」と思うことがあり、実際にヨーロッパで3月~5月に結婚式が禁止されていたかどうかは定かではないそうです。

ですので、有力説ではないのですが、このような説もあると言われています。

③6月の気候が結婚式に最適

日本では6月は梅雨の時期ですが、ヨーロッパでは6月が1年を通して最も雨が少ない時期なのです。

また、暑すぎず寒すぎず天候に恵まれている時期でもありますので6月は晴れの日が多く天気に恵まれています。

天気を司るのは天ということで、6月に結婚式を挙げると天から祝福されるということで幸せになれると言われているのです。



<ジューンブライドはいつ頃日本に広まったのか>

ジューンブライドは戦後日本でも広まる様になりました。

それまでは梅雨の時期ということもあり6月に結婚式を挙げるカップルはほとんどいなかったようです。

日本では6月になると結婚式を挙げるカップルが減るため売上は急激に落ちてしまう時期でした。

雨が多いということもありますが、曇りの日でも湿気の影響で料理が傷みやすかったり、ヘアスタイルが崩れやすいということで結婚式を挙げたがるカップルがいなかったのです。

そこで、6月の売上を何とかしようと広まったのが海外から伝わった言い伝えだったのです。

「ジューンブライド」を世間に広めるために昭和42年~43年頃、あらゆる結婚式場がキャンペーンを始めました。

その結果、結婚式を挙げたいと思っていたカップルに大きな影響を与え現在のジューンブライド人気になったそうです。

<実際に日本で一番人気が高い挙式月はいつ?>

ジューンブライドの人気は梅雨の時期を考えるとすごいものですが、やはり天候のことがありますので、一番結婚式に適していると言われている9月、10月に人気が集中しています。

以前は、6月の大安は激戦でしたし、大安でなくても結婚式に良いと言われている日は数年先まで予約が埋まっているような状態でした。

そのため、結婚式場でも6月の挙式は料金が上乗せされるなど高い料金に設定されていました。

現在でも6月の挙式をする場合は料金が高めに設定されている式場もあります。

しかし、数年先にならないと予約が取れないのは昔の話で、今ではゲストのことも考えて 梅雨の時期となる6月に挙式を挙げるより9月や10月と言った気候が安定している時期に結婚するカップルが増えているようです。

しかし、今でも幸せな結婚式をしたいということで、ジューンブライドにあたる6月に結婚式を挙げるカップルはたくさんいます。

<縁起を担ぎたい人は6月に挙式をする人が多い>

結婚式に対する考え方は人それぞれですが、縁起を担ぐ人は6月に挙式を挙げる人が多い傾向にあります。

一生に一度のことですから、幸せになれると言われている6月に結婚式を挙げたいと思うのも当然でしょう。

しかし、6月に結婚式を挙げたからと言って幸せになれるものではありません。

幸せを掴むためには夫婦そろって努力することが必要です。

ここを忘れてしまってはせっかくのジューンブライドが台無しです。

結婚式はゴールではなくスタートです。

6月に挙式を挙げたことに満足するのではなく、挙式後が新たなスタートですのでパートナーと一緒に幸せな家庭を築き上げてほしいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする