結婚式にふさわしい服装や持ち物とは??|女性編

結婚式に招待されると服装や持ち物が気になります。

服装に関してはNGのものがありますし、昼と夜の結婚式でも服装が違ってきます。

また、結婚式の帰りのことを考えるとあまり多くの荷物を持っていくのも問題です。

では、結婚式にふさわしい服装とはどのような服装なのでしょうか。

また、何を持っていけば良いのかなどご説明していきましょう。

<結婚式にふさわしい服装>

まずは、結婚式でNGの服装をご紹介しましょう。

・全身白の服装はNG

全身白、もしくは白っぽい服装は花嫁衣裳とかぶってしまいますのでNGです。

ただし、白のドレスに黒のベルトや黒のバッグな、黒の羽織り物など黒っぽい小物と合わせるのはOKです。

とにかく全身白っぽい服装にならなければOKです。

・全身黒の服装はNG

全身黒の服装はお葬式を連想させるのでNGです。

ただし、これも白い服装同様に、黒のドレスに白のベルトやバッグなど小物の色で調節すればOKです。

「全身黒」というのがNGになります。

・昼の結婚式では肩だしはNGだが、夜の場合はOK

昼間の結婚式の場合は肩だしスタイルはNGです。

また、スリットが太ももまで入っていたり胸元が空いているような肌の露出が大きい服装はNGです。

ただし、結婚式が夜の場合は肩だしスタイルOKとなります。

・ドレスの丈は膝上10㎝まで

ドレスを着用することが多いと思いますが、結婚式に着ていく服装として膝上10㎝以上あるミニ丈はNGです。

・ストッキングにもNGがある

ストッキングのカラーは基本的にベージュです。

黒いタイツや黒いストッキング、網タイツ、素足はNGとなります。

ただし、模様入りの黒タイツはOKですので、黒いタイツを履きたい場合は模様入りにしましょう。

・結婚式で、この靴はNG

結婚式はにNGの靴としてブーツやカジュアルすぎるサンダル、ミュール、つま先が見えたり、かかとが見える靴はNGです。

では次に、結婚式にふさわしい服装を見ていきましょう。

・結婚式にふさわしい服の色

結婚式にふさわしい色として、黒・ネイビー、ピンク、ブルー、ベージュ、パープルなどが挙げられます。

ただし、これらの色でもショッキングピンクのような派手な色はNGです。

・年齢に合った服装を

結婚式の服装は年相応が基本です。

フリルのついている服や大きなリボンがついている服の場合20代なら着こなせますが30代以降の人が着ると浮いてしまいます。

30代なら落ち着きのあるシャンタン生地やアシンメトリーのドレスはエレガントに見えます。

また、デザインもシックなものを選ぶと良いでしょう。

色についても年齢に応じた色にする方が良いですね。

・ヒールは5cm以上のものを

靴を選ぶ時はヒールが5㎝以上あるパンプスが良いでしょう。

・バッグは小さめで

結婚式に持参するバッグは小さめバッグにしましょう。

色は様々ですがドレスや小物とコーディネートして決めると良いでしょう。

また、バッグを選ぶ時は光沢があり華やかなものが良いでしょう。



<結婚式に必要な持ち物とは>

では次に結婚式に必要な持ち物をご紹介していきましょう。

〇招待状

招待状は必ず持っていくようにしましょう。

招待状があれば、道に迷った時でも案内地図がついていますので役立ちます。

また、式場によっては〇階の〇〇の間というように会場名まで覚えなくてはならないことがあります。

確認の意味も込めて招待状を持っていると部屋の名前を間違えることもないでしょう。

〇袱紗(ふくさ)に包んだご祝儀袋

袱紗(ふくさ)というのは祝儀袋を包んでおくものです。

間違ってもバッグの中から直に祝儀袋を出してはいけません。

祝儀袋は袱紗に包んでおき、受付で渡す時に包みから祝儀袋を取り出すのがマナーです。

袱紗の色は色々ありますが、結婚式の場合は女性なら赤やエンジ色、紫などが好ましいでしょう。

紫色の袱紗は葬儀でも使うことができますので、1つ持っておくと結婚式でも葬儀でも使うことができます。

〇財布

財布はバッグに入る小さめのものにしましょう。

いつも長財布を使っている人は、大きすぎてバッグに入らないので、小さめのお財布に入れ替えて持参しましょう。

〇ハンカチ

ハンカチは必ず持参しましょう。

ハンカチの素材は綿やシルクなど自然素材のものがベストです。

色は白が基本ですが、淡いピンクやブルーなど上品な色なら問題ありません。

〇ティッシュ

ハンカチ同様、ティッシュもエチケットとして持っておくべきですので持参しましょう。

〇メイク道具

メイク道具と言っても、いつも使っているような大きなメイク道具ではなく、メイク直しができるものだけ持参しましょう。

リップだけ持っていくという人もいますが、化粧直しが必要になることもありますので、

ファンデーションと脂取り紙、リップなど化粧直しができる最低限のメイク道具を持参しましょう。

〇携帯電話やスマートフォン

最近の携帯電話やスマートフォンはカメラの画質も良いのでカメラ替わりになりますし、久しぶりに会った友人や知人と連絡先を交換する時にも必要です。

また、道に迷った時や、家で待っている家族と連絡を取るために必要なものですので持参しておいた方が良いですね。

〇絆創膏

女性の場合、普段履き慣れていない靴を履く人が多いので靴擦れを起こしやすくなります。

痛い足を気にしながらの結婚式は痛い思い出になってしまいますので、絆創膏を何枚か持参しておきましょう。

また、自分だけではなく結婚式に来場している人が必要なこともありますので、持参していると便利です。

〇サブバッグ

結婚式に持参するバッグは上品さが必要なので小さなものになってしまいます。

さすがにバッグに入りきらないということもありますので、サブバッグを持っていると何かと便利です。

サブバッグを持参する時は結婚式にふさわしいような光沢があり華やかなものを選びましょう。

白や黒はできるだけ避け、明るい色のサブバッグにしましょう。

 まとめ

結婚式の服装や持ち物についてご説明してきましたがいかがでしたか。

結婚式の服装を考える時は新郎新婦のことを考えながら、品のある服装になるように選べば問題ありません。

結婚式に参加する目的は新郎新婦にお祝いをするためです。

ですから、自分が新郎新婦より目立ってはいけません。

ですが、控えめにしすぎても結婚式には不向きな服装になってしまいます。

新郎新婦を祝う気持ちを忘れずに、そして結婚式が華やかになるように服装を選んでみましょう



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする