結婚式のご祝儀っていくらが相場?関係別・年代別で見る相場額

結婚式で気になるのがご祝儀の相場です。

もちろん、「気持ちで」と言われることが多いのですが、自分だけあまりにも皆とかけ離れた金額だと恥ずかしい思いをします。

「結婚式のご祝儀の相場がわからない」という人のために、年代別や関係別で相場をみていきましょう。

ただし、あくまで相場ですので、この限りではありません。

<結婚式のご祝儀の相場額>

結婚する新郎新婦と自分(ゲストとして参列する場合)の関係で見ていきましょう。

・友人、知人の場合

友人、知人の場合は、20代の人なら2~3万円となり、30代以降は全て3~5万円が相場となります。

・いとこの場合

いとこの場合は親戚関係にあたりますのでご祝儀も多くなります。

20代の人なら2~3万円、30代の人は3~5万円、40代以降は5~10万円となります。

・姪や甥の場合

姪や甥も親戚関係になりますので金額は多くなります。

姪や甥で20代ということはないと思いますので、30代から書いていきたいと思います。

30代の人は3~5万円、40代以降は5~10万円となっています。

・兄弟、姉妹の場合

兄弟、姉妹は新郎新婦に一番近い家族ですので、20代で5万円、30代は3~5万円、40代以降は5~10万円となります。

・会社の上司の場合

次に会社関係で参列する場合の相場額をご紹介していきましょう。

会社の上司として参列する場合は、20代なら3~5万円、30代も同じく3~5万円、

40代以降なら5万円以上となります。

・会社の同僚の場合

会社の同僚として参列する場合は、20代なら2~3万円ですが、30代以降は全て3万円が相場となっています。

・会社の部下の場合

会社の部下として参列する場合は、20代・30代は2~3万円、40代以降の場合は3万円となります。

・会社の取引関係の場合

新郎新婦が会社の取引先の場合は、20代・30代は3万円、40代以降は3~5万円となります。

ここに記載はありませんが、両親からご祝儀を贈る場合の相場は年代に関係なく10万円以上が多いようです。



<ご祝儀袋とお札の注意点>

では、ご祝儀の相場が分かったところで、もう一つご祝儀に関する祝儀袋についてご説明しておきましょう。

・ご祝儀袋の水引きは結び切り

結婚式のご祝儀を包む祝儀袋の水引き「結び切り」という水引きにします。

結び切りというのは、一度結ぶと二度と取れないように結ばれているため「二度ないように」という思いが込められています。

よく、祝儀袋に「お祝い」と書かれているものがありますが、この祝儀袋の場合、結び切りのものと蝶結びのものがあります。

「蝶結び」は何度でも結び直すことができますので結婚式の祝儀袋として使うのはNGです。

結婚式で使う水引は必ず結び切りのものを使いましょう。

・ご祝儀袋の表書きは「寿」

祝儀袋には表書きと呼ばれるものが書かれています。

表側の上に書いてある文字のことですが、一般的の多いのはどんなお祝い事にも使える

「御祝い」という祝儀袋です。

水引きが「結び切り」になっていれば「御祝い」の表書きでも構わないのですが、結婚式にしか使えない表書きがあります。

それが「寿」です。

「寿」の表書きの祝儀袋は結婚式でしか使えませんので、「寿」の表書きの祝儀袋を使うのが最大のマナーとなります。

もし、一応「御祝い」の祝儀袋でも構わないのですが、この場合は、「御祝い」と書かれている右上に小さい文字で「寿 結婚」と書いておきましょう。

「寿」の表書きの場合は、何も書く必要はありません。

・ご祝儀袋の種類を間違えないように

祝儀袋には色々な種類があります。

この種類はご祝儀として入れる金額によって分かれています。

水引きなどが印刷されている簡易的な祝儀袋は1万円程度を入れる場合に使います。

次に、赤白の水引きがついているものは3万円までのご祝儀を入れる時に使い、双銀や金銀の水引きのものは5万円以上のものとなっています。

入れる金額によって水引きの色が違いますので、注意しましょう。

また、結婚式に使われる水引の本数は10本のものを使いましょう。

祝儀袋で「寿」と書かれている場合はすでに水引きが10本になっていますが、お祝いの祝儀袋の場合は水引が3本や5本、7本、10本と違うことが多いので、結婚式のご祝儀を包むのであれば水引が10本のものを選びましょう。

・ご祝儀袋に入れるお金は全て新札

 ご祝儀として祝儀袋に入れるお札は全て新札を揃えましょう。

これは、「あなたの結婚式を心待ちにして準備していましたよ」という意思表示になります。

ここで旧札を入れると「準備していなかった」ということになりますので、結婚式のお札は必ず新札にします。

ちなみに、結婚式とは正反対のお葬式の場合は不祝儀袋(香典袋)に入れますが、不祝儀袋に入れる場合はお札を準備しているとおかしいので旧札を入れます。

まとめ

結婚式は新しい人生のスタートなので、相手が気持ちよくスタートを切れるように。

結婚式はとても喜ばしいことです。

ですが、相場や祝儀袋のことがわからないと「これでいいのかな」と不安な気持ちで人生の門出を祝うことになります。

これでは新郎新婦に不安な気持ちが伝わってしまい、心の底から喜んでもらうことができません。

ですから、きちんと事前準備をして不安がない状態で明るく新郎新婦の新しい門出をお祝いしてあげたいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする