結婚式に招待された時のヘアーアレンジのポイント

結婚式に招待されると服装や振る舞いなど気になるところはたくさんあります。

その中の一つにヘアーアレンジもあります。

実は、結婚式にしても良いヘアーアレンジやNGアレンジがあるのをご存知でしたか?

してはいけないヘアーアレンジで参加してしまうと大恥をかいてしまいます。

そこで、結婚式にOKなヘアーアレンジと結婚式にはNGなヘアーアレンジなど、

ヘアーアレンジのポイントをご紹介していきましょう。

<結婚式にNGなヘアーアレンジ>

・花のアクセサリーはNG

結婚式にはたくさんの花が飾られます。

この花は新婦に向けられたものですので、花をモチーフにしたヘアアクセサリーはNGです。

・大きいアクセサリーはNG

大きいへアアクセサリーはかなり目立ちます。

結婚式の主役は新郎新婦ですので、新郎新婦より目立つものはNGです。

また、大きいヘアアクセサリーは周りの迷惑になることもありますので控えましょう。

・ミディアムやロングの人はオールダウンスタイルはNG

ミディアムヘアやロングヘアの人はアップかハーフアップにしましょう。

結婚式で全ての髪を下しているようなスタイルはふさわしくありません。

また、アップスタイルの方が結婚式にふさわしい髪型ですし、上品に見えます。



<結婚式にふさわしいヘアーアレンジ>

では、結婚式にはどのようなヘアアレンジがふさわしいのでしょうか。

ポイントを見ていきましょう。

・ドレスとのバランスを考える

どんなに素敵なヘアスタイルにしてもドレスと合っていなければ違和感があります。

ドレスとヘアスタイルなど全体のバランスを考えなければなりません。

基本的にアップスタイルは華やかに見えますのでドレスとの相性も良いのですが、

ショートカットやボブの人はアップにするのは難しくなります。

ショートカットやボブの人は顔がきっちり見えるように前髪や再度の髪をアレンジすると良いでしょう。

・ゆるふわなヘアスタイルが上品

結婚式はあたたかな雰囲気になります。

ドレスもタイトなドレスを着る人が少なく、基本的にふんわりしたドレスが多いので、

上品に見えるゆるふわなヘアスタイルが良いでしょう。

ゆるふわなヘアスタイルは温かさと上品を演出できますし、柔らかい印象がありますので結婚式に向いているのではないでしょうか。

・顔がスッキリ見えるようなヘアスタイルが良い

結婚式なのに、顔が隠れてしまうような髪型は向いていません。

顔が隠れてしまうと暗い印象になりますので、できるだけ顔がスッキリ見えるようなヘアスタイルにしましょう。

前髪が長い人は少し残してカーラーなどで巻き、残りはアップにしたり、編み込んでサイドに流すと上品ですっきりした印象になります。

前髪が短い人は無理に上げる必要はありませんが、髪の毛の量が多い人はある程度の前髪を残して後ろや横に流したり、横の髪の毛と編み込んで後ろでまとめると前髪が軽く見えるようになります。

<結婚式のヘアーアレンジは美容院でプロにしてもうらのがベスト>

結婚式のヘアーアレンジは自分でできる人もいるかもしれませんが、友人や家族の晴れの舞台ですので、きちんと美容院でセットしてもらう方が良いでしょう。

自分でヘアーアレンジをすると見えない部分も出てきます。

しかし、美容院でヘアースタイルをセットしてもらえれば見えない部分も丁寧にしてくれますので、自分でするよりきれいに仕上がりますので、プロにしかできない雰囲気の出し方もできます。

美容院に行くとお金はかかってしまいますが、せっかくの結婚式ですから、プロにキレイにしてもらって結婚式に参加したいですね。

もし、自分がしたい髪型があるなら、そのカタログや写真、写メなどを持参して

「こんな感じでお願いします」と言うときちんとしてくれます。

さらに、美容院であればその人の骨格や髪の質、クセなどから、見せてもらった髪型よりかわいい髪型にしてくれます。

いくら、この髪型がいいと言っても、髪の癖や顔の骨格から似合わないこともあるのです。

美容師の人は骨格や髪質、クセを考えて、その人にはどんな髪型が似合うのかもわかっていますので、ある程度自分がしたい髪型にしてくれますし、自分がしてほしい髪型が自分に似合うのであればきちんとその通りにしてくれますよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする