結婚式の友人スピーチで使ってはいけない言葉と感動を呼ぶスピーチ

結婚式に招待されるのはとても喜ばしいことですが、友人スピーチを頼まれてしまうと

「何をしゃべればいいの?」「やったことないのにどうしよう」と不安が出てきてしまいます。

結婚式ですから、忌み言葉と言って使ってはいけない言葉もありますし、友人代表として感動するスピーチにしたいものです。

一応、スピーチの原稿は式場のスタッフが確認してくれますが、暗記して話す場合、もし頭が真っ白になってしまったら、忌み言葉を言ってしまう可能性もあります。

もし、原稿の内容を忘れてしまっても忌み言葉を言わないようにするためには、どんな言葉がNGなのかしっておかなくてはなりません。

そこで、結婚式で使ってはいけない言葉と、どんなスピーチにすればよいのかなどをご説明していきましょう。

<結婚式の流れから友人スピーチのタイミングを知ろう>

友人スピーチを任された時に心の準備をするためにも、式の流れの中でいつ頃友人スピーチになるのか把握しておきましょう。

では、結婚式の流れを大まかにですがご説明していきます。

新郎新婦の入場が終わると新郎新婦の紹介があります。

その後、新郎による開宴のあいさつがあり、媒酌人(仲人)による挨拶があります。

この後、主賓祝辞ということで、新郎新婦の会社での上司や恩師などがスピーチします。

友人からのスピーチはこの後行われることが多いので、心の準備をしておきましょう。

式の内容によっては多少前後しますが、ほとんどの場合は、この辺りで友人スピーチになります。

<スピーチで言ってはいけない忌み言葉>

冒頭でもご説明したように、結婚式のスピーチで言ってはいけない「忌み言葉」というものがあります。

また、結婚式にふさわしくない話もあります。

では、最初に結婚式にふさわしくない話からご説明していきましょう。

結婚式にふさわしくない話は「政治の話」「宗教の話」「会社のPR」「自慢話」というように、結婚式はおめでたい席ですので、このような話はふさわしくありません。

次に「忌み言葉」についてご説明していきましょう。

結婚式はおめでたい席ですので、「別れ」を連想させる言葉や「再婚」を連想させる重なった言葉が忌み言葉とされています。

別れを連想させる言葉としては、割れる、切る、避ける、敗れる、逃げる、泣く、薄い、消える、途絶える、刺す、刺される、猿、破れる、再び、冷える、失う、戻る、欠ける、壊れる、飽きるなどです。

次に、重なった言葉(重ね言葉)は特に注意してください。

普段の会話でも使うことが多いのでスピーチの際は注意しなくてはなりません。

重ね言葉には次のようなものがあります。

しばしば、いろいろ、くれぐれ、皆々様、かさねがさね、わざわざ、たびたび、またまた、

二度三度、重々、ますます、かえすがえすというように、同じ言葉を2回使う言葉のことを重ね言葉と言います。

重ね言葉は普段の生活で使っている事が多いことに気づきますね。

しかし、結婚式のスピーチではタブーとされていますので使わないようにしましょう。



<基本的なスピーチの流れ>

基本的なスピーチの流れはスピーチを考える時に役立つので覚えておきましょう。

①御祝いの言葉「〇〇さん、□□さん、本日はご結婚おめでとうございます」というような内容

②自己紹介

「ただいまご紹介いただきました…」から始まり、新郎新婦とどのような間柄なのか、どのようにであったのかなど

③新郎新婦の具体的な話

「中学時代は〇〇部でキャプテンを務めていました。部員からとても頼りにされて…」というように、新郎新婦を褒める感じで進めていく

④新郎新婦へ新生活が始まることへの励ましの言葉

「今日から〇〇さんと助け合い、励ましあって幸せな家庭を築いていってください。心よりお二人の幸せを願っています」など。

⑤お祝いの言葉

「本日はご結婚誠におめでとうございます」

と、このような流れで結婚式のスピーチを考えていきましょう。

基本的にスピーチ時間は3分が目安と言われています。

しかし、「スピーチは約〇分くらいで考えてほしい」と、話してほしい時間を聞いている場合は、その時間に収まるくらいのスピーチ時間にしましょう。

あまり長すぎると聞いている方は退屈になってきますし、短すぎると愛想がないように感じます。

言われている時間を目安にスピーチを考えましょう。

<結婚式のスピーチで感動を呼ぶ内容にするには>

結婚式の友人スピーチは参列している皆さんも、楽しみにしています。

新郎新婦がどんな学生時代を送ったのか、どんなことをしてきたのかなど、結婚式で盛り上がる場面と言っても良いでしょう。

最初は面白おかしくても良いのですが、最後はやはり感動させたいですよね。

そこで、結婚式で感動を呼ぶスピーチの方法をご紹介しておきましょう。

結婚式の友人スピーチで感動させるにはポイントがあります。

先程基本的なスピーチ内容をご説明しましたが、結婚式にありがちな言葉で挨拶するのではなく、エピソードを具体的に話したり、個性的なエピソードを添えるなど話の中に色々盛り込んでみましょう。

そして次に大切なのは、必ず原稿を作ることです。

原稿を作ることで、抜けているところや、スピーチ時間などを確認することができます。

また、話す内容の中に必ず盛り込むべき内容は入れておきましょう。

先程の基本的なスピーチの流れでご説明した内容もそうですが、そのほか新郎新婦にまつわる個性的な話があれば、是非入れるようにしてください。

ここがスピーチの山場になります。

そして最後に心が伝わるような話し方をしましょう。

声が小さい、態度が悪いなどは問題外です。

手振り身振りを入れても良いのですがあまりにオーバーアクションにならない程度に入れ、話の中に抑揚をつけるのも良いでしょう。

まとめ

結婚式の友人スピーチは祝う気持ちが大切です。

結婚式のスピーチを任された時は、流れや話し方、内容などに気を取られがちですが、大切なのは新郎新婦を祝うという気持ちです。

祝う気持ちがあればスピーチも自然と感動するものになります。

感動させるためにスピーチをするのではなく、新郎新婦を思う気持ちを会場の皆さんに伝えるだけです。

忌み言葉や重ね言葉はNGですが、あとは新郎新婦を祝う気持ちでスピーチするようにしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする