海で遊んだあとは日帰り温泉でほっと一息!海に近い日帰り温泉特集

夏になると海水浴に出かける人も多くなります。

海の家があるので帰りにシャワーを借りることもできますが、海で疲れた体を癒すにはやっぱり温泉です。

温泉に浸かってのんびりゆったり、疲れた体を癒して帰れば家に着いたらバタンキューなんてこともできます。

では、海の近くにある日帰り温泉はどんなところがあるのでしょうか。

いくつかご紹介していきましょう。



<海の近くにある日帰り温泉>

 〇和歌山県和歌山市加太「大阪屋ひいなの湯」

大阪屋ひいなの湯は海のすぐ近くにある温泉旅館で、入湯だけもできます。

舟の形をして温泉があり、海を一望できるロケーションで入る温泉は格別です。

料金は、大人1人900円、3歳~小学生は1人500円とリーズナブルですし、泉質は炭酸水素塩泉となっています。

入湯できる時間は11~19時で予約は不要です。

定休日が不定休となっていますので確認が必要になります。

バスタオルのレンタルが200円でできますし、石鹸もシャンプー、ドライヤー、ロッカーなどは全て料金に含まれていますので気軽に行ける日帰り温泉です。

〇三重県志摩市「シーサイドホテル鯨望荘(げいぼうそう)」

鯨望荘は海に面したホテルで、宿泊や食事もできますが日帰り温泉を楽しむこともできます。

露天風呂は海を見渡せる最高の景色で45分の貸切露天風呂もあります。

料金は小学生以上が900円、幼児が500円、貸切露天風呂は予約が必要で45分で3,240円となっています。

営業時間は遅めの15時~21時となっていますので早く行き過ぎると入湯できないこともあり注意がひつようです。

年中無休で予約は不要となっており、内湯は日替わりで男湯と女湯が変わる変わった温泉です。

料金には、石鹸やシャンプー、ドライヤー、ロッカーなどの料金が含まれていますが、バスタオルのみ有料で貸し出しできます(200円)

〇静岡県熱海市「磯料理・海辺の湯の宿 平鶴」

平鶴は相模湾沿いにある温泉宿で露天風呂が併設されている大浴場からは海が一望できるオーシャンビューとなっています。

泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物泉となっており、日帰り温泉を堪能できます。

45分の貸切露天風呂もありますし、大浴場にある露天風呂は「海に浮かぶ露天風呂」と言われており人気が高い温泉です。

料金は大人1,080円、2歳~小学生は540円、2歳未満は無料、貸切露天風呂は45分で3,780円となっています。

営業時間が2回に分かれており、1回目は11~16時、2回目は18~19時45分となっていますので入湯できない時間があるので注意しましょう。

休みは不定休なので確認する必要がありますし、基本的に予約は不要(貸切風呂は予約が必要)なのですが繁忙期は問い合わせが必要ということです。

料金内に石鹸やシャンプー、ドライヤーは含まれていますが、鍵付きロッカーは有料で100円、バスタオルのレンタルは324円となっています。

〇福井県丹生郡「越前温泉露天風呂 漁火」

漁火は道の駅「越前」に併設されている温泉施設です。

食事することはできますが宿泊はできません。

異なる3つの浴室と2つの露天風呂があり、日本海が全面に見えるオーシャンビューは遮るものが全くなくまさに絶景です。

泉質はナトリウムー炭酸水素塩泉で、貸切露天風呂もあります。

料金は大人510円、小学生300円、幼児200円、貸切風呂大人1時間1,020円からと、とてもリーズナブルな料金で入湯することができます。

営業時間は11~22時ですが、土日祝日は10字から22時と営業時間が長くなります。

定休日は火曜日ですが、祝日に当たっている場合は翌日の水曜日が休みになります。

夏休み期間中は無休で営業していますので、いつでもご利用になれます。

料金の中に石鹸、シャンプー、ドライヤー、鍵付きロッカーは含まれていますが、タオル・バスタオル共にそれぞれ150円が必要です。

タオルは買い取りになり、バスタオルはレンタル料金となっています。

〇千葉県銚子市「犬吠埼観光ホテル」

犬吠埼観光ホテルの露天風呂は180度海が見える大パノラマが広がっています。

露天風呂は男女で違い、男性用が槍と岩造りになっており、女性用が欧風と半露天になっています。

この他貸切露天風呂もありますし、足湯もあり、露天風呂は波打ち際に迫り出しているような感覚になるので入浴する価値は十分にあります。

宿泊も食事もできますが事前に予約が必要です。

料金は大人が平日1,000円、土日祝日が1,200円となっており、0歳~小学生は平日600円、

土日祝日は800円になります。

貸切露天風呂は50分で3,500円~ということで、とても人気のある露天風呂になります。

営業時間は12~20時、定休日は不定休ということですので確認しましょう。

月に3~5日間のメンテナンス期間がありますので休業することもあります。

貸切露天風呂の予約は必要ですが、入湯の予約は必要ありません。

鍵付きロッカーはなく、石鹸、シャンプー、ドライヤーは料金に含まれていますが、タオルやバスタオルはレンタルで有料となります。

〇広島県呉市「音戸うずしお温泉 汐音(しおん)」

汐音は天然温泉と炭酸泉、薬草サウナなどがあり日帰りでも温泉を十分楽しめるようになっています。

天然温泉の泉質は塩化物泉で、露天風呂からは瀬戸内海が一望できます。

温泉施設ですので、宿泊はできませんが食事をとることはできます。

料金は大人が平日700円、土日祝日が800円、小学生が400円、幼児が100円となっており、露天風呂を利用せず内風呂のみの場合は大人が430円、小学生が150円、幼児が70円となります。

営業時間は10~22時ですが、受付が21時までですので、21時までには受付を終わらせておきましょう。

水曜日が定休日となり、祝日が重なっている場合は営業しています。

鍵付きロッカーや石鹸、シャンプー、ドライヤーは料金に含まれていますが、タオルやバスタオルは有料で、どちらも各150円となっています。

ただし、タオルは買い取り、バスタオルはレンタルです。

まとめ

海で遊んだあとに入れる日帰り温泉は全国でもたくさんあります。

海に面している県には必ずあると言っても良いでしょう。

宿泊施設になっていることが多いのですが、温泉施設であれば料金も安めですので、

温泉施設がねらい目かもしれませんね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする