関東で打ち上げ数が多く人気の高い花火大会ランキングBest5

夏と言えば花火!ですが、花火大会は全国各地でたくさん開催されています。

一体どの花火大会がいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

花火大会の見どころと言えば、なんと言っても打ち上げ数と迫力です。

そこで、関東で打ち上げ数が多く、人気の高かった花火大会をランキング形式でご紹介したいと思います。

この夏、ご家族で、カップルで、大空に打ちあがる巨大な花火を見て最高の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。



<関東で打ち上げ数&人気が高い花火大会ランキングBest5>

〇第1位「東京都 隅田川花火大会 20,000発」

隅田川花火大会は関東だけではなく全国的に人気のある花火大会で、江戸時代から続く日本で最も古い花火大会です。

22,000発のも花火はまさに圧巻で、スカイツリーや東京タワーなど高いところから見る花火も格別です。

隅田川花火大会の特徴は会場が2つに分かれていることです。

第一会場は桜橋の下流から言問橋の上流で見ることができ、第二会場は駒形橋の上流から

厩橋の上流で見ることができます。

第一会場では約9,350発、第二会場では約10,650発の花火が上がり、トータルで20,000発となる大花火大会になります。

予想される来場者数は約95万人と日本全国を見てもトップレベルの来場者人数です。

かなりの混雑となりますので、お子様とはぐれないように、また、はぐれた時の集合場所などを決めておいた方が良いかもしれません。

有料になりますがスカイツリーや浅草ビューホテル、花やしき遊園地 両国第一ホテル

などでは観覧席がありますのでチケットを購入すると特等席から花火を見ることができます。

隅田川の花火大会は第一会場が先にスタートします。

伝統的なスターマインなど開始早々迫力のある花火がどんどん打ちあがります。

第一会場のスタートから30分ほど遅れて第二会場がスタートします。

第二会場の見せ場は5分間で1,000発もの花火が上がる連射です。

企業のコンクールなどを経て第一・第二会場共にスターマインの連射でフィナーレとなります。

〇第2位「茨城県 利根川大花火大会 20,800発」

茨城県猿島郡境町のさかいリバーサイドパークにある利根川河川敷で行われる利根川大花火大会は20,800発という怒涛の花火が打ちあがります。

茨城には山崎煙火製造所や野村花火工業、紅屋青木煙火店など花火師として有名な企業があり、紅屋青木煙火店は2016年には全国花火大会で内閣総理大臣賞しています。

この3社の共演で彩られる花火大会は、音楽と光と花火のシンクロという幻想的で優雅で迫力のある花火大会を演出しています。

観客の近くで打ちあがるスターマインや尺玉は迫力満点で花火師の街ならではの壮大な花火を満喫することができます。

予想来場者数は15万人ですので、打ち上げ数が多く、花火師が挙げる花火大会の割には来場者数が少ないので穴場と言えるでしょう。

〇第3位「栃木県 真岡市夏祭り大花火大会 20,000発」

栃木県真岡市の市役所東側にある五行川沿いで打ち上げれる真岡市夏祭り大花火大会は打ち上げ場所が観覧席から見えるためとても迫力のある花火大会で有名です。

毎年3日間行われる真岡市の夏祭りのメインイベントとして花火大会が開催されています。

「神輿の川渡御(かわとぎょ)」ということで、神輿が川に入水すると打ち上げ花火が開始されます。

神輿が川を渡る姿は勇壮で、そこにスターマインやレーザー光線・音楽・花火をコラボレーションした仕掛け花火は幻想的であり、大迫力であり、趣向を凝らした約20,000発の花火は必見です。

海上には山車屋台や神輿、お祭り広場などが設営され、毎年多くの人でにぎわいます。

花火大会当日は交通規制もありますし、予想来場者数は27万人と言われていますので、車での来場は控え、公共機関の交通手段を使いましょう。

〇第4位「栃木県 おやまサマーフェスティバル 小山の花火 20,000発」

おやまサマーフェスティバルは毎年2日間かけて行われるお祭りで、小山市に流れる清流思川で開催されています。

小山の花火の打ち上げ数は20,000発ということで、関東でも最大規模の花火大会です。

打ち上げ場所が近くで見られるので尺玉の打ち上げは大迫力です。

しかも、尺玉は連続で上がり、ワイドスターマインやナイアガラの滝など迫力満点の花火が目白押しです。

予想来場者数は47万人ということででかなりの混雑が予想されます。

前夜祭では周辺駐車場で様々なイベントも開催されていますので車での来場は困難でしょう。

2日間に渡るお祭りのメインイベントで行われるのが小山花火大会です。

〇第5位「栃木県 足利花火大会 20,000発」

足利花火大会は歴史が古く明治36年から113年続いている伝統的な花火大会です。

毎年30万人以上が観覧し、今年の観覧車予想人数は40万人とも言われていますので、さらに多くの来場者が訪れるでしょう。

足利花火大会は「わたらせサマーフェスタ」のクライマックスにメインイベントとして登場します。

有名花火師が作った名玉花火の打ち上げもありますし、ワイドスターマインの打ち上げもあり、毎年多くの観客を魅了しています。

まとめ

打ち上げ数が多い花火大会ということでベスト5をご紹介してきましたが、2位~5位までが全て栃木ということで、栃木の花火大会は打ち上げ数が多いということがわかりました。

ほかにも、「茨城県 古河花火大会 20,000発 予想来場者数55万人」「栃木県 うつのみや花火大会 20,000発 予想来場者数40万人」「神奈川県 湯河原温泉海上花火大会 18,000発 予想来場者数7万人」「群馬県 前橋花火大会 15,000発 予想来場者数非公開」

「埼玉県 みさとサマーフェスティバル花火大会 14,000発 予想来場者数10万人」など、打ち上げ数の多い花火大会はまだまだだくさんあります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする